平取町立平取小学校

校長あいさつ

本校は明治13年に創立し、開校140年の歴史と伝統ある平取町の中心校として、平取町南部の沙流川沿いに位置する古くからアイヌ民族が生活してきた温暖な地域にあります。

本校区は隣接する本町・荷菜・小平地区と、スクールバス配置の川向地区で構成され、今年度の本校児童数は、10学級(特別支援4学級を含む)127名(5月1日現在)です。

平取町は豊かな自然に恵まれた町で、町の基幹産業であるトマト栽培や稲作等の農業をはじめ、軽種馬産業や牧畜等が盛んです。このような環境で生まれ育つ本校児童は、とても明るく素直な子が多く、日常的に児童の元気な声が響き合う、活気のある学校生活を過ごしています。

本校では、これからも子どもたちが切磋琢磨しながら、豊かな自然に満ちたこの町を愛し大切にする心を養うとともに、未来を見つめ、未来に挑み、未来を担う子どもたちを育む教育に取り組む所存です。

終わりに、ただ今ご覧いただいております「平取小学校ホームページ」を一昨年4月1日より開設させていただきました。まだまだ十分なホームページではございませんが、ご覧いただきました皆様に本校について、知っていただく機会にしていただければ幸いに存じます。今後、本校の教育活動等の情報発信の充実に努め、本校が更に「開かれた学校」となるように邁進してまいりますので、よろしくお願い申し上げます。