教育目標

人権尊重の精神を基盤とし、国際的視野に立つ自主性、創造性に満ちた人間教育を推進する。
◎仲よく助け合う子:違いを認め合い、共に働きかけ、高め合い、社会や他の人のためにつくそうとする子
○進んで学ぶ子:かかわり、言葉を大切にし、確かな学力を身に付け、自ら考え工夫し主体的に学ぼうとする子
○心も体もたくましい子:礼儀正しく思いやりと規律を重んじ、気力と体力のある子

教育の概要

1 学校・地域の特色
  山の手の閑静な住宅地で樹木が多く、私立中学校・高校・大学、大使館などがある。また,靖国通りに近くの公道に面して、古くから商店街が形成
 され、史跡なども点在しているところから訪れる人が多く、人・自然・文化が調和された美しい環境にある。教育に熱心な家庭が多くPTA活動も充
 実している。集合住宅が増加し、他地域から転入してくる核家族の家庭も年々増えつつある。
  人・自然・文化が調和された地域や家庭環境の中で本校は、転入者の多い特性を踏まえながら、家庭や地域との連携を深めた教育活動を推進して
 いく。

2 教育目標
  人権尊重の精神を基盤とし、国際的視野に立つ自主性、創造性に満ちた児童を育てる人間教育を推進する。
          ◎仲よく助け合う子  ○進んで学ぶ子  ○心も体もたくましい子
 ・ 他者を思いやり、違いを認め合い、自己を律する心をもち、生命や人権を尊重する豊かな心をもつ
 ・ 自ら学ぶ意欲をもち続け、確かな学力を身に付け、主体的に課題を解決する資質や能力をもつ
 ・ たくまし生きるための健康と体力を身に付け、何事にも積極的に取り組む意欲をもつ

3 教育目標達成のための基本方針
 ○ 進んで学ぶ子    → かんがえる
             → がんばり続ける
 ○ 仲よく助け合う子  → やさしい言葉 違う歳の子(異年齢)となかよく助け合い
 ○ 心も体もたくましい子→ け元気にあそぶ    ☆地域を大切にする「九段の子」

4 指導の重点
 (1) 各教科、道徳、総合的な学習の時間
    ア 各教科
     ○ 基礎的・基本的な知識・技能の確実な定着を図るために、学力調査、国語と算数の単元テスト及びドリルを活用し、到達目標を明確にした
      学習指導を充実させる。
     ○ 短時間学習の時間(モジュール)を有効に活用して外国語活動や言語能力の向上、語彙の確実な習得を図る。また、月に1回「校内漢字
      チャレンジ」を実施したり辞書を常に活用したりして、児童の言葉に対する意識や意欲を高め、年に2回の漢字検定を実施する。
     ○ 校内研究は、「教科学習とともにあるプログラミング的思考の育成」を研究主題として、年に9回授業研究を行う。プログラム教育やICT機
      器を活用し、多様な指導形態を積極的に取り入れていく。
     ○ 算数では、担任とのチームティーチングや少人数指導を行う。特に、3年生以上は習熟度別学習の充実を図るために、4・5コースに分け指
      導する。そして、指導と評価の一体化を図り、指導法、評価法の改善・充実を図る。また、プログラミング的思考を深める学習内容を探り指
      導法の工夫を構築する。

    イ 特別な教科 道徳
     ○ 全学年の重点を「自分も他の人も大切にする心」とし、生命を尊重する心、思いやりのある心、心の豊かさや規範意識を育てるとともによ
      りよく生きるための道徳性を育てる。
     ○ 道徳教育推進教師が中心となり、道徳の特質を正しく理解し、意図的・計画的に授業を積み重ねるとともに、道徳科における指導と評価の
      一体化を図り、道徳的な判断力、心情、実践意欲と態度を育てる。
     ○ 道徳授業を充実させるために、心の教育コーディネーターや外部講師との連携を図る。道徳授業地区公開講座では、保護者をゲストティー
      チャーとして招き、学校・家庭・地域が一体となる教育を推進する。

    ウ 外国語活動
     ○ 「聞くこと」「読むこと」「話すこと(やり取り)」「話すこと(発表)」「書くこと」の4技能5領域について、1・2年生の「英語に親
      しむ時間」及び3〜6年生の「外国語活動」の中で系統的・段階的に育成する。
     ○ 担任とALTとの連携を密にし、英語活動コーディネーターの指導の下、国際社会において広い視野に立ち主体的に行動できる能力の基礎を
      養う。また、高学年では短時間学習を年間35時間先行実施する。

    エ 総合的な学習の時間
     ○ 児童が総合的・横断的な学び方やものの考え方を身に付け、自ら課題を見付け、主体的に探究することができるよう、各教科との関連を
      重視した「整理・分析」「まとめ・表現(振り返り)」の指導を行う。また、探究的な学習が発展的に繰り返される問題解決的な学習になる
      ように年間計画の見直しと実施を行う。
     ○ 情報教育や食の教育、オリンピック・パラリンピック教育や環境教育を積極的に取り入れ、充実させる。
     ○ 地域にある日本棋院から講師を招いて囲碁教育を取り入れ、子供たちに豊かな創造力や的確な判断力を育てる。
     ○ 全学年で体験的な防災教育に取り組み、災害時に自他の生命を守るための態度や行動力を育成する。

    オ 特別活動
     ○ 縦割り班活動や日々の清掃を異年齢の班で構成し、互いを尊重し合う好ましい人間関係を育てる。児童会活動やクラブ活動、集会活動も
      含め、異年齢活動の中で、思いやりを育み、集団行動の在り方を児童が必要性を感じながら学べるようにし、また上級生が下級生の手本と
      なるように働きかける。
     ○ 温かい人間関係のもとに豊かな人間性と社会性を培うために、ふわふわ言葉を広げる機会やあいさつ運動、九段スタンダードの定着、
      スクールカウンセラーの全員面接などを計画的に行う。

 (2) 特色ある教育活動
   ○ 地域連携支援コーディネーターを活用し、近隣の大妻女子大学、東京理科大学、科学技術館と連携をし、「北の丸自然観察会」「ふれあい体験
    広場」を行い、自然や文化、科学技術への理解、伝統文化への愛着を深める。また、日本棋院とも連携を図り、囲碁の学習をさらに推進し、授業
    に位置づけて創造的な思考を育む。
   ○ 九段プラネッツ(器楽クラブ)や九段囃子の活動を充実させ、情操教育や伝統文化のすばらしさにふれさせるとともに、学校の代表という立場を
    意識させ、継承・発展することのできる場にしていく。
   ○ 理科、家庭科、体育等の学習では、専門家を講師として招き、質の高い授業を行う。
   ○ 異学年交流活動を生かすため、児童による幼稚園児への読み聞かせを行い、コミュニケーション能力や表現力を養う。
   ○ ICT機器の活用により、教科の目標を達成するための効果的な学習指導の工夫を行うとともに、プログラミング教育についても推進し、計画的
    に研究を進める。
   ○ オリンピック・パラリンピック教育の推進や福祉教育を充実するため、共用品推進機構や千代田ボランティアセンター、千代田区相撲連盟や
    日本一輪車協会と連携し、ユニバーサルデザインの学習、手話や盲導犬の学習を進める。
   ○ 学区内にある大使館との連携を深め、異国の文化・自国の文化について考える機会を設ける。
   ○ 口腔ケア(歯科保健)指導を学校歯科医の指導のもと、全学年実施する。

 (3) 生活指導・進路指導
    ア 生活指導
     ○ 「九段スタンダード」を活用し、あいさつ指導を重点的に行う中で、言葉づかいや姿勢等の基本的な生活・学習規律の定着を図り、気持ち
      よく学校生活を送ることができるようにする。
     ○ 学校いじめ防止基本方針のもと、いじめや不登校、その他の問題行動を未然に防ぎ組織的に解決を図るため、全校の共通理解を基盤として
      生活指導全体会・特別支援校内委員会・特別支援個別検討会・個人面談月間の充実を図る。更に、思いやりの気持ちと自尊感情を育むため
      に、生活アンケートの活用やスクールカウンセラーによる4,5,6年全員面接、フレンドシップサポート授業を計画的に実施する。
     ○ 特別支援教育の円滑な推進のために、校内委員会を中心とし、巡回アドバイザーやスクールカウンセラーの専門的な指導助言のもと、特別
      支援教室指導員、専門員や学習・生活支援員と連携し、全職員で全児童の理解に努める。また、特別支援教室の活用に向けた校内体制の整備
      を行う。
    イ 進路指導
     ○ 幼稚園・保育園から中学・中等教育学校への滑らかな接続を図り連絡を密にして計画的に連携する。入学時の児童の育ちを促し、児童の健
      やかな成長を期するため、九段スタートカリキュラムを作成し、九段幼稚園や近隣保育園との連携を図る。
     ○ 区内中学・中等教育学校との連携では、出張授業や学校紹介によって興味関心を高め、児童が自らの生き方を考えるとともに、夢と希望を
      もてるようなキャリア教育を充実させる。

5 年間行事予定
4月 始業式 入学式 定期健康診断(始) 給食(始) 1年生を迎える会
保護者会 避難訓練 お誕生給食 地域集会 一斉下校訓練
個人面談 全国学力調査(6年) 交通安全教室(1年・3年)
離任式
5月 お誕生給食 土曜授業(引き渡し訓練) 嬬恋自然体験交流教室(5年)
箱根移動教室(6年) 区達成度調査(4〜6年)校内達成度調査(2・3年)
避難訓練 北の丸公園自然観察会(6年) 体力テスト(1〜3年) 個人面談
6月 開校記念日 一斉清掃の日 お誕生給食 漢字検定 遠足(1・2年)
生活科見学(2年) プール開き 社会科見学(4年)
水泳指導始 ワッハッハの日 学校公開 道徳授業地区公開講座
避難訓練 体力テスト(全学年) 陸上記録会(6年) TGG(6年)
定期健康診断(終)
7月 北の丸公園自然観察会(6年) 土曜授業 地域懇談会 保護者会 避難訓練
セーフティ教室 理科遠足(3年) 都学力調査(5年) お誕生給食
音楽鑑賞教室(6年) 社会を明るくする運動 大掃除 終業式 給食(終)
夏季休業日(始) 夏季水泳指導(始) 岩井臨海学校(4年)
8月 夏季休業日(終) 夏季水泳指導(終) 9月 始業式 給食(始) 一斉下校訓練  プール納め お誕生給食
区水泳記録会(5年) 保護者会 運動会
10月 ふれあい給食 お誕生給食 嬬恋自然体験交流教室(5年)
避難訓練 生活科見学(1年) 北の丸公園自然観察会(6年)
給食試食会 土曜授業(学校公開)
11月 就学時健康診断 音楽会 社会科見学(6年) 避難訓練 一斉清掃の日
なかよし給食 お誕生給食 個人面談
12月 土曜授業(ふれあい体験広場) 保護者会 避難訓練
個人面談 お誕生給食 給食(終)  社会科見学(3年) 大掃除
終業式 冬季休業日(始)
1月 冬季休業日(終) 始業式 給食(始) 避難訓練 防災施設見学(4年)
書き初め大会 書き初め展 お誕生給食 北の丸公園自然観察会(6年)
平成31年度プログラミング教育推進校事業研究発表会
2月 お誕生給食 区連合作品展 社会科見学(5年)
ふれあい持久走大会 避難訓練 新1年保護者会
3月 6年生を送る会 授業参観・保護者会(1〜6年) 卒業感謝の会
お誕生給食 避難訓練 地域集会 一斉下校訓練 地域懇談会
給食(終) 大掃除  修了式 卒業式 春季休業日(始)