校長あいさつ

校長 高藤 浩

校長の高藤 浩と申します。富士見小学校の子供たちのために、教職員が一体となり、懸命になって働くことができるよう「チーム富士見小」をつくってまいります。 地域の皆様、保護者の皆様には今後とも本校の教育活動にご理解・ご協力をいただきたいと存じます。どうぞよろしくお願いします。

ここ近年の児童数の増加に対して、的確に対応し、教育活動が円滑に行えるよう、これまで大切にされてきた「富士見小学校の伝統」を受け継ぎながら、変革する内容をしっかりと見定めて子供たちの指導にあたって参りたいと思います。

私が好きな歌の中に「はげもう、がんばろう 二度とない今日を」という歌詞があります。 変化が激しく、自分の目標をもち、達成することが難しいことが多々あるこの時代にあって、私は、一日一日を大切に「今を生きる」ことが、未来への希望につながると確信しています。

この「今を生きる」ことの大切さを子供たちと日々確認しながら、教育活動を行うことが、強くたくましい子供を育てることにつながることを強く感じています。 子供たち一人一人が希望を叶えるために、「毎日一生懸命、勉強する。友達と遊ぶ。先生の話を聞く。」を約束しています。  地域の皆様、保護者の皆様におかれましても子供たちを温かく励ましていただきたいと存じます。

富士見小学校の教育目標は、 人権尊重の精神を基調とし、国際的視野に立って社会の進展と自己の向上に努め、富士のように美しくおおらかでたくましい人間を育てる。

○なかよく 助け合う子(おもいやりの心をもち、協力しあう子)     

○よく考え つくりだす子(よく学び、すすんで考え、表現する子)

○明るく元気な子(明るく挨拶し、すすんで体を鍛えようとする子) となります。

この教育目標が子供たちの姿としてあらわれるように、児童との信頼関係に基づいた指導を根幹にして教育活動をすすめて参ります。

平成29年4月1日