校庭開放マニュアル

校庭開放委員会(学級代表委員会)

当委員会は、学級代表委員会の傘下にあり、当番の保護者が任務担当します。
当番は、3〜4名です。

※当番担当者は、同グループメンバーと学級代表の携帯番号を必ず持って行って下さい。
校庭開放当番についての手順とお願い

◎校庭開放実施日時 土曜日 午後1時〜4時(実施日は、P運便りで確認)

【1】まちかど図書館へ校庭開放実施を伝え、2つの鍵を受け取る。
 鍵は、次の2つ
  ●倉庫[1]
  ●倉庫[2](体育用器具庫)

【2】まちかど図書館よりホワイトボードを借り、実施・中止のパネルを貼る。
 ※パネル・・・パウチ加工の実施・中止の表示板のこと。

 用具を以下のように移動しました。(平成20年10月)

 倉庫[1]
 ●校庭開放実施のパネル(実施・中止)
  救急箱、ハンドマイク、警報ベル、カラーボール、ブルーシート、バット、バトミントンラケット、
  ティーボールセット、校庭開放日誌、利用者名簿(2冊)、筆記用具
 ●テーブル、椅子、スリッパ(トイレ使用時)
 ●【土足禁止】の立て札
 ●季節によってはパラソルやヒーター(延長コード)を出して使用する。

 倉庫[2]
 ●ストラックアウト(必要に応じて)

 ▼注意  倉庫[1]の方は、電動ノコギリ等危険物が置いてありますので子供立ち入り禁止
       用具等を出したら必ず扉を閉めて鍵をかける。
             →たまに親切な子供が「手伝ってあげる」と言っても危険防止の為、断わる。

【3】位置について・・位置は別紙の地図にて確認
  当番のいる場所は、倉庫[1]の前(子供の出入り管理のため勝手に場所を移動しない)
  荷物置き場→当番の座っている所の隣に青いビニールシートを敷く。荷物をあちこちに置かせない。
  飲み物を飲む時→このシートの所で飲ませ、遊びながらは絶対飲ませない。
  校庭開放実施のパネル→図書館入口左側に出す。

【4】ボールの扱い方
 ●最初と最後にボールの数を確認する。(カラーボールなどの紛失が大変多い)
  ホームラン等でボールが校舎外に出てしまい見つからない時→校庭開放日誌にその旨記入する。
  ボールは校庭開放用以外のものは使用禁止
              →子供が勝手に校舎水飲み場等から持ってきたときは片付けさせる。

【5】校庭開放利用者名簿について
出入りする時 必ず利用者名簿に記名(保護者の連絡先も)記入させる。
一度出るとき(どんなにすぐ帰ってくる場合でも) 必ず利用者名簿にチェックを入れて、また来た時は新たに名前を書くようにさせる。
千代田小学校以外の子供が遊びに来た時 学校名・学年・連絡先を書かせる。
幼稚園・保育園などの未就学の子供には 必ず保護者がつくようにさせる。(小学生兄姉は保護者でない)
中学生以上 禁止なので、遊びに来た時は、お断りください。

【6】終了後→遊具、その他出したものを片付けて、まちかど図書館に鍵を返却し、終わったことを伝える。

【7】当番が終了したことを次の当番の方に引継ぎ(連絡)する。

ライン

《校庭開放を中止する時》
  1. 雨・雪・強風等の悪天候や光化学スモッグ注意報発令時の時。
      (注意報は、防災千代田の区内放送で流れます。)
  2. 校庭の床が濡れていると大変滑りますので、雨上がりは注意して判断して下さい。
☆中止の判断→当番が行う。(小雨でも雨の時は滑るので中止にする。)
   ※中止の場合でも【校庭開放日誌】に当番氏名及び必要事項を記入する。
☆中止の決定→まちかど図書館の受付に校庭開放の中止の旨を伝え、校庭開放中止』のホワイトボード(実施の裏です)を出す。
☆実施時間終了時(4時)に『校庭開放中止』のホワイトボードを片付け。まちかど図書館にその旨を伝える。

ライン

《実施運営上の注意》
  運営上の問題点等 対処方法
おやつ等の持ち込み 禁止(飲み物は持込めます)
ペットボトルや缶入り飲料を持って来た時 受付で油性ペンで名前を書かせる。
ごみは、学校のごみ箱に捨てないで必ず持ち帰らせる。
遊具の持ち込み 禁止(ボールも含む。例外として縄跳びは認める。)
カード、DS、PSP等などは預かる。
出した遊具 出した子供に片付けさせる。
幼稚園グリーンネットカーテン 植物保護のため閉まっているか確認。開いている時は閉める。
三輪車・スクーター・自転車(幼稚園前) 使用禁止(幼稚園の子供も使用できません。)
飛行機型ジャングルジム 低学年のみ可(大きい子供が大勢で乗ると危険)
※高さがあるので、低学年でも大勢で遊んでいる時は気をつけるように声をかける。
野球等のホームベースの位置 鉄棒前の青い線の角(事故防止の為)
※他の場所でしている時は声を掛けて移動させる。
ボールが校舎内(ベランダ)に入ったとき 校庭開放終了後に当番がまちかど図書館の警備員さんに声を掛けて一緒に校舎内に入って回収する。
※絶対に子供に取りに行かせることは避ける。
※警備員さん同行なしの場合の事故は、責任を負いかねる。
10 決められた場所(水のみ場、トイレ)以外のところ 入らせない。
11 サンダルやゴム草履、または、自転車・キックボード等で来た子供 注意する。

ライン

怪我をしたとき等の注意点
  • 救急箱を使用した時→怪我をした子供の名前、怪我の状況、何を使ったかを開放日誌に記入する。
  • 万一、大きな怪我や事故が発生した場合
     → 開放日誌の最後にある【万一の事故、怪我に対しては・・】をよく読んで対応する。

その他ご質問・ご意見は学級代表まで、又は校庭開放日誌にご記入ください。