玉置研究室

教育メモ一覧

心に残った教育に関する言葉を記録し続けます。

54 「算数楽しく授業術」(坪田耕三)から3(早川)   ◯ P75中段  私は、ある時、先輩から「もしも、5+3=7と答えた子どもがいたらどのように指導するか?」と問われたことがある。  ...  [2018年5月18日up!]
53 「ネタ」開発ノウハウ(有田和正)から(静谷)   ○ P22 2行目 第七は、人の話に耳をかたむけることである。しゃべるばかりで、他人の話をきこうとしない人がいるが、これでは財産を増...  [2018年5月14日up!]
52 「子どもがどんどんやる気になる国語教室づくりの極意」(二瓶弘行編著 夢の国語授業研究会著)から3 (山下)   ◯ p64〜 使う色のルールを決め、矢印などで板書を整理。そうすれば子どもの頭の中もすっきり 発言をしたくても、なにを話せばよいか...  [2018年5月14日up!]
51 「算数楽しく授業術」(坪田耕三)から2(早川)   ◯ P16下部〜P17上部  こんな簡単なことも、以外に実際の授業では行われていない。教科書は、字数、行数が決まっているので仕方...  [2018年5月13日up!]
50 「子どもを勇気づける教師になろう!アドラー心理学で子どもが変わる」(岩井俊憲、永藤かおる著)から4(菱川)   ◯ p56から 教師が自分とかかわるクラスに対して責任をもってしなくてはいけないこと、それは子どもたちが健全に共同体感覚育てる、い...  [2018年5月13日up!]
49 「ネタ」開発ノウハウ(有田和正)から(静谷)   ○ P12 1行目 授業を十倍たのしくする方法があるだろうか。ある! 第一に、教師が教材に取り組み、それをどれだけ自分のものにできるか...  [2018年5月10日up!]
48 教室をいきいきと2 大村はま (丹羽)   ◯ P90 1行目より ほめるにしても、「いい」という良し悪しを決めつけることばづかいでなく、もっと細かいところに触れたいものです。...  [2018年5月10日up!]
47 「算数楽しく授業術」(坪田耕三)から1(早川)   ◯P0(はじめに)最下部  日々教室で子どもと共にいるのだが、子どもも一個の人間である。大勢の子どもが集まるのだから、そこには様...  [2018年5月9日up!]
46 「子どもがどんどんやる気になる国語教室づくりの極意 国語授業編」(二瓶弘行編著 夢の国語授業研究会著)から1(山下)   ◯ p12〜 授業での発言やスピーチで、ぼそぼそと小さな声で話す子がいます。声を出すことに精一杯で、教室の仲間に「届けよう」とい...  [2018年5月1日up!]
45 「スペシャリスト直伝!小1担任の指導の極意」(宇野弘恵 著)から2(岡田)   ○ P.11〜 「 大人の思い通りに育たないからといって,脅したり叱りつけたりするのではなく,あたたかなまなざしをもって待つのです。...  [2018年5月1日up!]