やってみなけりゃわからない

  文化祭の取り組み中ですが、授業の話もちょっと。今日、2年生の理科の時間に手作りの気球(?)を上げる実験をしました。暖かい空気は上昇するという実験です。風があり、条件のよくない中ではありましたが、2つの気球とも、見事に浮かび上がりました。私もひもを持たせてもらったのですが、かなりの引きでした。さすがゴミ袋を50枚つなぎ合わせただけの重さはあります。そんなものが浮くなんて、すごいと実感することができました。
 桝谷先生から後で聞いたのですが、私が校務センターに戻ってから、もっと高く上がったそうです。(実験は最後まで見るべきです。残念)
 やっぱり、やってみなければわかならいこと、そして、やってみなければ感じることができないことってたくさんあるんだと思いました。何事もまずは挑戦してみよう!
画像1
画像2
画像3

豊富町代表

画像1
画像2
 第66回青少年保護育成弁論大会が遠別中学校で行われました。本校から豊富町の代表として、3年 新野くん 1年 皆戸さんが発表を行いました。
 代表を決める校内弁論大会でも、2人の発表を聞いていましたが、今日の大会で改めて発表を聞くと、この間の2人の努力が感じられるすばらしい発表でした。
 皆戸さんは、ほとんど原稿に目をやることなく、はっきりとした声で発表することができていました。新野くんは、全体的に落ち着いた様子で、とても聞きやすい発表をすることができていました。残念ながら,個人の賞は取れませんでしたが、2人とも内容が充実したすばらしい発表をしてくれました。 
 豊富町の代表としての役割をしっかり果たしてくれた2人に拍手を送ります。

未来の豊中生! がんばる

画像1
画像2
  豊富小学校の学芸会がせまっています。5年生が南中ソーランに取り組んでおり、古川先生がアドバイスのために、今日の6時間目に豊小にうかがいました。(ついでに私もおじゃましました)
 1時間という短い時間ではありましたが、未来の豊中生達は古川先生の話を集中して聞き、一所懸命に練習していました。最初はバラバラだった5年生が、「かまえ」という古川先生の声で、一斉に体制をつくることができました。
 素晴らしい集中力を発揮できる未来の豊中生をみて、感動しました。豊小のみなさん。学芸会までもう少し、がんばって下さい。
 もちろん、豊中の生徒達も毎日、文化祭にむけてがんばっています。

学び合い、高め合い

  昨日から文化祭特別時間割が始まりました。放課後の練習が始まりました。各演目のリーダーががんばっています。朝、各学級の合唱練習も始まっています。朝から素敵な歌声が響いています。文化祭という雰囲気が学校の中にあふれています。
 これから2週間の取り組み。様々なトラブルがあると思います。それを仲間とのりこえてこそ、学び合い。そして、高め合いになります。豊中のみなさん。どの活動も全力でがんばれ!君たちの力を信じています。
画像1
画像2
画像3

だれもわかってくれない?

画像1
画像2
画像3
 「誰も自分のことをわかってくれない」という言葉を聞くことがあります。私は「わかってもらうような努力はしたの?」と感じます。自分の気持ちは自分にしかわかならい。(もしかしたら自分でもわからないかもしれない)自分をわかってもらおうとするならば、少なくとも自分から「表現」しなければならないと常に思っています。
 今日、豊中では校内弁論大会、文化祭プレゼンという活動があり、「表現」する場面をたくさん見ることができました。この「表現」の裏には、努力や勇気、そして葛藤などの感情がたくさんあったと思います。
 とくに弁論は学級での予選を行い、今日の代表を決定したもので、中には苦手に思った人も多かったと思います。それでも豊中生みんなが、自分を「表現」することができ、自分をわかってもらおうと努力したことを素晴らしいことだと思います。
 また、課外に行われた文化祭プレゼンは3年生の文化祭成功への意気込みを強く感じる「表現」であり、心に響きました。
いずれにしても、自分の気持ちをしっかりと伝えようとする意志が感じられる、すばらしい「表現」をみることができました。努力を続ける豊中生に心から拍手です。

前期、終了しました。

画像1
画像2
画像3
 前期終業式を無事、終えました。
 生徒は各学年・生徒会でしっかりと総括をしてくれました。
 後期の生徒会役員も認証されました。
 笑顔と真剣なまなざしで話を聞いてくれました。
 豊中生の立派な態度に感動します。

 保護者・地域の皆様の見守りに感謝いたします。後期もよろしくお願いいたします。

意欲と責任

 昨日は台風18号が北海道を縦断し、豊富町も強風にさらされました。幸い学校も休み、部活動もなく、校舎が壊れるなどの被害はありませんでした。
 さて、台風が近づいている土曜日、日曜日と平和駅伝大会と全日本少年軟式野球大会がありました。豊中から駅伝には男子から陸上部、女子からは陸上部とバレー部が参加しました。また野球大会は拓心中学校と合同チームで参加となりました。
 台風の影響で九州地方は大きな被害があったなか、両日とも晴天の中での大会の開催となりました。結果は男子陸上部4位、女子バレー部4位、女子陸上部5位、そして、野球部は3位という成績でした。とにかく様々な取り組みに参加しようとする意欲と、自分の役割を果たそうとする責任を選手の様子から感じることができました。豊中生のがんばりに心から拍手を送ります。
画像1
画像2
画像3

命の授業

画像1
画像2
画像3
 昨日、豊富町特別支援教育連携協議会が主催した講演会が本校で行われました。講師は腰塚勇人氏。「命の授業 〜ドリー夢メーカーと今を生きる」という演題でお話をいただきました。せっかくの機会ということで、一般の参加者に混じって、豊中生さらに豊小の5・6年生も参加させていただきました。
 腰塚氏はとても熱量の高い方で、自身の体験をもとに「命の大切さ」を本気で語ってくれました。自分自身を大切にすること。自分を支えてくれる人を大切にすること。さらに自分自身と向き合うことの大切さを教えてくれました。そして自分の生き方は自分で決めることが大切で、「夢は本気になれば実現する」という信念を語ってくれました。
 腰塚氏の講演を聴いて豊中生、一人ひとりの受け止め方はそれぞれだと思います。きっと何かを感じとってくれたことと思います。講演の話にもありましたが、「感」じたら「動」くことが大切です。ちょっとしたことでもいいので、何か行動を起こしてみましょう。必ず変化が生まれます。

※腰塚勇人氏の「命の授業」オフィシャルサイトもご覧ください。オフィシャルブログに 今回の講演についての話が出ています。

豊中生、大活躍!

画像1
画像2
画像3
 土曜日の南宗谷防犯球技大会新人戦のがんばりに続き、日曜日には吹奏楽部が聖徳太子祭での演奏をさせていただきました。地域の皆様のために、少しでもお役に立てるようにと生徒達はがんばりました。地域の皆様のご声援に感謝いたします。
 ところで土曜日、男子バレー部はミカサ杯中学校バレーボール大会に参加しました。旭川での大会に参加して8チーム中、3位になりました。男子バレー部のがんばりにも拍手です。

南宗谷球技大会新人戦5

画像1
バドミントン 閉会式が終わりました。結果は男女団体ともに2位。男子ダブルス1・2位。女子シングルス
1位。女子ダブルス2・3位でした。たくさんの賞状をもらいました。みんながんばりました。よくやりました。

南宗谷球技大会新人戦4

画像1
バレ一女子 見事、歌登中に勝ちました。3位決定しました。よくがんばりました。おめでとう!

南宗谷球技大会新人戦3

画像1
バレー女子 枝中に惜しくも負けてしまいました。これから3位決定戦です。全力でがんばれ!
野球は残念ながら、浜頓別に4−5で負けてしまったようです。勝負の世界は厳しい。

南宗谷球技大会新人戦2

画像1画像2画像3
バドミントン団体 女子は残念ながら、拓心中に1−2で負けました。男子は2−1で拓心中に勝ちました。よくがんばった。

南宗谷球技大会新人戦

画像1画像2
南宗新人戦 始まります。バドミントンの開会式では、2年今田さんが選手宣誓をしました。
さあ、各会場でがんばれ 豊中選手!

ちょっとうれしい話

画像1
 昨日の放課後、学校に来たお客さんが、とてもうれしいことを教えてくれました。それは、お客さんが学校に入ろうとしたときに、玄関の戸を開けて待っていてくれた生徒がいて、とても気分が良かったということをお話しして下さったことです。
 ちょっとした相手への心遣いですが、そのことで人の気持ちを明るいものへと変えることができます。このようなことを自然にできるということは本当に素敵なことです。この話を聞いて、私自身もとても気分が良くなりました。さすがの豊中生!
 さて、この「ちょっとした心遣い」をもう一度考えて見ましょう。お客さんはもちろんですが、普段一緒にいる家族、そして学級の仲間などの関係でも大切にしているでしょうか。私自身、気をつけなければならないことですが、当たり前の関係になってしまい、「心遣い」の意識が低くなっていることはないでしょうか。
 せっかくの機会ですので、みんなが気分良く生活できることをめざし、「ちょっとした心遣い」について改めて考えてみてください。

秋季陸上大会のがんばり

  土曜日に快晴の中、秋季陸上大会が行われました。この大会は陸上部の生徒はもちろん、他の部活動に所属している生徒も参加できるものです。豊中からも陸上部以外からも数名エントリーしました。結果、男子では1年100M 2位 安藤くん、共通100M・200Mで1位 皆戸くん、砲丸投では1位 大須賀くん 2位 中橋くん 3位 斉藤くんと3位まで独占。女子では2年 100M 2位 太田さん 3位 長津さん 女子砲丸投 2位 松田さん。参加した豊中生のがんばりが本当に目立つ大会でした。ここには3位までの選手しか名前を掲載していませんが、その他、高跳びやリレーなどでのがんばりも見られました。また、大会の運営にあたり、豊中生が一所懸命に仕事をしてくれる姿も見られました。
 秋季陸上大会では豊中みんなのがんばりに誇りを感じるとともに、みんなの力で大会を無事終えることができたことに感謝いたします。

秋季陸上大会

画像1
陸上大会が始まります。豊中生は選手として、競技役員の手伝いとしてがんばっています。

修学旅行を終えて

画像1
修学旅行を終えて

 3泊4日の修学旅行を無事終えることができました。旅行中の様子は随時、ホームページを更新しましたのでご覧になられたと思います。
 そこで、修学旅行のまとめとして、私が感じたことを簡単にお知らせします。
それは、豊中3年生のがんばりです。
 1つめは、みんなが時間を守って、しっかりと行動することができていたことです。きっと、これはお互いに声を掛け合い、一人ひとりが注意しながら行動した結果だと思います。
 2つめは、観光大使活動でのがんばりです。まったく、知らない土地で、見ず知らずの人に声をかける。断られることも多くある中、それにめげずに豊富町のアピールをしました。不安や弱気な気持ちを乗り越えることで、それぞれが自信をつけている様子がみられました。
 帰校後、町役場や観光協会に3年生のがんばりを賞賛する電話が入りました。「ぜひ、豊富町に行ってみたい」という電話があったそうです。3年生の皆さんは、立派に観光大使としての役割を果たしてくれました。本当にありがとうございました。
 3年生は修学旅行中、体調を崩すことなく、楽しんでいる姿がみられました。この修学旅行を終えて、豊中3年生39名は困難に直面しても、みんなで立ち向かってくことのできる力がついていると実感しました。今後のさらなる活躍に期待!

修学旅行最終日8

画像1画像2
旅も終わりに近づいています。最後の休憩地点 遠別を出発します。ほぼ予定通りの到着になりそうです。

修学旅行最終日7

画像1
小平でトイレ休憩です。予定通りの時間です。最後の休憩は遠別を予定しています。
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
学校行事
10/23 PTA合唱練習
10/24 合唱中間発表
PTA合唱練習
10/25 PTA合唱練習
10/26 文化祭総練習
10/28 前日祭
10/29 文化祭 合唱コンクール

学校だより