令和2年度がスタートしました!

 4月1日に利尻町立沓形小学校から異動してまいりました畠山博次と申します。これまでの3年間の校長経験を生かし、保護者・地域の皆様、そしてエネルギッシュな教職員と力を合わせながら、信頼される学校づくりを進めたいと思います。どうぞよろしくお願いします。
 4月6日に始業式が行われましたが、新2・3年生の態度はたいへん立派なものでした。今後のがんばりと活躍が期待できます。始業式でお話しした内容を掲載しますので、ご覧いただければ幸いです。

始業式 式辞
 進級おめでとうございます。
 今日からいよいよ新しい学年での生活がスタートします。この1年が実り多い年になることを願っています。
 さて、皆さんは社会科で伊能忠敬について学習したと思います。伊能忠敬は江戸時代に今の千葉県で生まれ、精密な日本地図をつくった人物です。江戸時代の平均寿命は40歳くらいでしたが、彼は何と50歳になってから測量の勉強をし、17年間にわたって日本中を測量し続けました。その後、弟子たちによって日本地図が完成しましたが、江戸時代の終わりにアメリカのペリーが日本にやってきたとき、この地図を見て、あまりの精密さに驚いたそうです。
 73歳で亡くなるまでに偉業を成し遂げた伊能忠敬は、熱い情熱と地道な努力の大切さを私たちに示してくれたと思います。
 ところで、現在の日本では自動運転の車が開発されたり、ホテルの受付にロボットが導入されたりしています。また、10年後には、人間と同じように知性を働かせることができる人工知能が開発され、人工知能を持ったロボットが今ある多くの仕事を担うと言われています。
 このような時代に生きていく皆さんこそ、伊能忠敬のように熱い情熱をもって地道に努力することが大切だと思います。この1年、新しいことややってみたいことにどんどんチャレンジしてください。失敗しても全然構いません。失敗することで学ぶことがたくさんあります。失敗が成長につながります。自分自身のよさを伸ばし、未来に羽ばたける中学生としてたくましく成長することを期待します。

 
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30