感嘆符 令和元年度修了式

画像1
画像2
 3月26日(木)

 本来なら体育館で、1年の締めくくりの修了式を行うはずでした。
 今年度、26日は「登校日」という扱いでしたが、9割以上の児童が登校し、「大いちょう(通知表)」を担任から受け取りました。この日は、PTAの皆さんに代わって、職員が交通指導にあたりました。
 また、本年度から「退任式」を年度末に行うことになっていましたが、この状況の中ということもあり、学校通信でお知らせしました。異動の教職員は10名でした。異動先は4月1日の新聞で発表になります。
 3月23日(月)から児童の受け入れを始め、26日(木)が修了式で、たった4日間でしたが、校内に子供たちの声が聞こえ、学校らしさが戻ってきました。1年の締めくくりに、子供たちの顔が見られてほっとしました。保護者の皆様、地域の皆様、1年間ありがとうございました。
 新年度は4月7日(火)に始まります。世界の状況を見ると、今後も油断はできませんが、安全に子供たちがすごせるよう、準備していきます。今後とも、よろしくお願いいたします。

心に残る卒業式

画像1
画像2
画像3
 3月24日(火)
 
 実施が危ぶまれた卒業式でしたが、24日(火)に行うことができました。
 参加人数の削減と時間短縮の中でしたが、卒業生一人一人が凜とした姿で式に臨み、保護者の方々が温かく見守る中、式が行えましたことに感謝申し上げます。
 6年生の子供たちは、3学期に入って、日に日に歌の力が磨かれ、「6年生を送る会」では素晴らしい歌声を披露していたので、子供たち自身も教職員も最後の歌声を楽しみにしていました。残念無念ですが、その力を中学生として発揮してほしいと思います。
 全員の呼名は、保護者席に向き直って行い、証書授与は代表者のみでした。その分、一人一人は教室で担任の先生から受け取りました。
 明るい日差しの中、93名が学舎を巣立ちました。

大イチョウも祝っています

画像1
3月23日(月)

 子供たちの登校を待って校庭に出たときに、大イチョウの枝の先が緑に色づいていました。暖かい日が続いて、大イチョウも春支度をしているのですね。
 明日は、卒業式です。大イチョウも93名の卒業を祝ってくれることでしょう。

子供たちの声が帰ってきました

画像1画像2画像3
3月23日(月)

 本日から木崎小学校でも子供たちをあずかれるようになりました。何人くらいが登校するのかと心配しておりましたが、全校で約90名の児童が登校し、朝からチャイムに合わせて学校のリズムで行動しました。持参したプリントやドリルなどの学習をし、休み時間は校庭に出て遊び、昼食後は掃除もしました。
 1、2年生は、自分たちが卒業式のために育てた鉢植えを通路に並べるお手伝いをしました。5年生は、風が吹き込んで汚れた廊下の掃除を丹念にしていました。6年生は、体育館の卒業式準備を手伝いました。
 授業をせずに5時間終了時刻まで過ごすのは難しいかと思いましたが、予想に反して、子供たちは皆楽しそうに過ごすことができました。


感嘆符 準備を始めました

画像1画像2画像3
3月18日(水)

 今日から、卒業式の準備を始めました。職員全員で、玄関や体育館、通路、トイレなどの掃除をし、その後できるところから作業をしました。いつもの年は、4、5年生の子供たちが分担しているところです。4、5年生はこの作業を通して、学年が上がることへの自覚を高める良さもあるので、複雑な心境でした。
 その分、普段の年よりも心をこめて準備をしています。
 

重要 休校中の児童の受け入れについて

3月18日(水)
 昨日の太田市の決定を受け、木崎小学校でも、3月23日(月)、3月25日(水)の両日は、児童の受け入れをすることができるようになり、メールでお知らせをしたところです。
「校長あいさつ」に「休校中の児童の受け入れについて」の文書が見られるようにしてありますので、ご確認ください。不明な点がありましたら、学校にお問い合わせください。

登校の日のために

画像1画像2
3月17日(火)
 3月13日(金)から、各教室の机、椅子、入り口の取っ手、トイレのドアノブなどのアルコール消毒を始めました。保健所に相談をしたところ、「木崎小学校の場合、大がかりな消毒は不要ですが、アルコールで、子供たちの手に触れやすいところを消毒しておくとよいかもしれません。」とアドバイスをいただきました。
 休校になってから1週間を過ぎましたが、いつ子供たちが学習するようになっても安心なように、職員で作業を進めています。
 写真は、6年生の教室の作業の様子です。
 

元気に過ごして

画像1画像2
 3月13日(金)
 
 休校になって5日目。今日も温かく穏やかなお天気でした。
 校庭では、桜の花が開き始めていました。木崎小は8年前に今の校舎が完成しましたが、その際、古くからあった桜の木の多くは伐採しなければなりませんでした。残ったのは、プールの西側のしだれ桜と体育館北側の桜です。このまま暖かい日が続けば、卒業式の日には見頃を迎えているかもしれません。
 今週、各クラスの担任が、子供たちの様子をお聞きするために電話をさせていただいています。多くのご家庭から「ゲームやYouTubeが増えてしまっている。」「家から出られず、ストレスがたまっている。」などの声をいただきました。
 散歩や外で体を動かすことなどは健康のためにも必要です。ご家族で一緒にご近所のでかけてみてはいかがでしょうか。
 大きな不安の中ではありますが、力を合わせて乗り切っていきたいです。

 

卒業式を待つ

画像1
3月12日(木)

 休校になって4日目となりました。
 1、2年生が卒業式に向けて育てていた鉢植えを大イチョウの前に移動しました。よく見ると、チューリップの花が咲いているものもあります。春の日差しを受けて楽しそうに咲いています。
 先日、6年生の保護者様に向けて卒業式の計画をお知らせしました。HPの「校長あいさつ」のところから、卒業式の案内も見られるようにしました。太田市からの「規模の縮小」を受けて、参加人数を減らし、時間を短縮した計画をたてました。いつも通りの式ができないことが職員一同残念でなりませんが、卒業生が胸をはって巣立てるように、知恵を絞っているところです。
 職員一同、心をこめて準備をすすめています。
 木崎小学校の児童のみなさん、こんなときだからこそ、家の手伝いをしたり、たくさん話をしたりして元気に過ごしてください。みなさんが学校に来られる日を心の底から待っています。

東日本大震災から9年

画像1
 今年も3月11日がやってきました。9年前のこの日、14時46分、誰も予想できないような地震がありました。太田市でも体験したことのないような揺れで、校庭に避難したり、そのまま下校したりした小学校がありました。
 現在、新型コロナウィルス感染症の感染拡大防止による休校により、木崎小学校から子供たちの声が消えました。
 大きな災害や危機により、ふだん当たり前と思っていることがあっという間にできなくなったりなくなったりすることを、今、改めて感じています。
 東日本大震災は、地震の後の津波、福島第1原子力発電所の事故と災害がたたみかけるように起こり、多くの方々が命を落とし、さらに多くの方々が当たり前の日常を奪われました。
 先日、福島県から避難した当時小学4年生だった児童の作文を読んで、子供たちに紹介しようと思っていたものを紹介します。
***** ***** ***** ***** 
「おにぎりとみそしる」

小さな白いおにぎりと具のないみそしる。
これは、わたしにとって、わすれることのできないごはんです。
わたしは、東日本大しんさいで、自分の家にいられなくなり、ひなん所で生活していました。その時の食事の内ようです。
それまでのわたしは、おやつを食べて、食事の時には、テーブルにはたくさんのおかずがあって、食後には、デザートまでありました。それが、あたり前だと思っていました。
とつぜんのさいがいを受け、ひなん所で生活をしてみて、わたしが食べていたものが、とてもめぐまれたいた事に気が付きました。
何日間も、おにぎりとおみそしるだけを食べていましたが、ふしぎとあれが食べたい、これが食べたい、とは思いませんでした。おなかがすいて、食べる事ができるだけで、うれしかったからです。
白いおにぎりから、中にうめぼしが入ったおにぎりになった時は、とてもうれしかったです。
ひなん所から東京にいどうした時に、はじめておかずのついたごはんを食べました。
弟が大好きな野菜を見て、
「食べていいの。」
と聞きながら食べていました。とてもうれしそうでした。
今もまだ、自分の家には帰れないけれど、テーブルには、わたしの好きな食べ物がたくさんならびます。
季節のフルーツも食べられるようになりました。
ひなん所でテーブルも無くて、おふとんをかたづけて、下を向いて食べた小さなおにぎりと具のないおみそしるの味はざっ対にわすれません。
ひなん所にいた時は、あまりわらう事ができませんでした。
でも、今は、わらってごはんを食べています。つらい事やこわい事もたくさんありました。今は、ごはんを食べて、おふろに入って、おふとんにねむれる事が、とてもうれしいし幸せです。
これからも、食べ物をそまつにしないで、楽しくごはんを食べていきたいと思います。
***** ***** ****** 
 東日本大震災は、日本に住む私たち全員が、忘れてはならぬ出来事だと思います。
 今週、荷物を取りにきた子供たちが、「家にいてもつまらない。」「友だちに会いたい。」と言っていました。当たり前の幸せに感謝し、元気な子供たちの声が学校に戻ってくる日を願っています。
 14時46分、今年は職員だけで黙祷をしました。
 写真は、校庭に上げた半旗です。

重要 新型コロナウイルス感染拡大防止に関するお願い

 3月3日(火)
 本日はひな祭りでした。給食ではひなあられが出て、少しだけひな祭りの気分を味わうことができました。
 登校した子供たちは皆元気に過ごしていました。写真は、昼休みの校庭の様子です。子供たちは、春の日差しの中で、思い思いに休み時間を楽しんでいる様子でした。
 さて、昨日(3月2日)付けで、太田市教育委員会から出された「家庭での健康観察表」につきまして、早速ご提出ありがとうございました。そんな中、「登校を控える目安」についてご質問がありました。発熱や咳、頭痛の症状がある場合、登校を控えていただくことになっていますが、児童一人ひとりの平熱は違います。そこで、学校医の先生にご相談し、学校としての目安を決め、本日通知を出しました。本日欠席のご家庭は、「校長あいさつ」のコーナーに通知をアップしましたのでご覧ください。
 本日、体温や、咳、頭痛の症状で数名が早退しました。具合が悪いと自己申告した児童はもちろんですが、今回の早退はあくまでも感染拡大予防としての対応ですので、咳や頭痛に×がある場合は早退いただくことになります。ただし、それが、花粉症によるもので安全である場合は一文お書き添えください。
 お仕事をされている保護者の皆様には大変ご迷惑なことと承知していますが、非常事態であるということでご理解いただきたいと思います。

画像1画像2

重要 新型コロナウィルス感染症の感染拡大防止のための通知について

 木崎小学校児童保護者の皆様

 3月に入り、本来であれば、学年最後のまとめと新学年に向けての準備を行う時期ですが、新型コロナウィルス感染症の感染拡大に伴い、保護者の皆様は、感染予防等について、ご心配のことと思います。
 3月2日、太田市教育委員会から2通の通知と「家庭で行う健康観察表」が出されました。また、それに伴い、学校での対応について通知を出しました。
 本日、体調不良やご家庭の都合で児童が欠席されているご家庭に、この通知をお渡しできませんので、HPから見られるようにいたしました。どうぞ、ご確認ください。
 学校では、児童、保護者の皆様が少しでも安心して過ごせますよう尽力していきたいと思います。引き続き、学校教育へのご理解、ご協力をお願いいたします。

令和元年度木崎小学校運動会を開催します

画像1
 9月28日(土)
 本日令和元年度の運動会を開催いたします。
 朝早くから、場所取りの列でお待ちくださった保護者の皆様、ご理解、ご協力ありがとうございます。
 本日、予定通り進行してまいりますので、どうぞ子どもたちへの応援をよろしくお願いいたします。

明日はいよいよ運動会

 9月27日(金)、明日の運動会の準備を行いました。
 5、6年生、教職員だけでなく、PTA本部役員、保体部の役員の方々が校庭に集合して、テント張りや校庭の整備、来賓、敬老席の準備などを行いました。子どもたちもよく頑張りました。大人の力のありがたさを改めて実感もしました。
 さらに、神明地区からテントをお借りしたところ、区長さん区長代理の皆さんが駆けつけ、テント張りもしてくださいました。ありがとうございました。
 明日は、天気予報によれば、予定通りに運動会が行えそうです。
 子どもたちの笑顔があふれる運動会になることと思います。保護者、地域の皆さん、改めてよろしくお願いいたします。
画像1画像2画像3

親と子の力を合わせて学校をきれいに

画像1
画像2
画像3
 8月31日(土)、通学路をきれいにしようウォークに引き続き、「PTA親子清掃」が行われました。300名ほどの児童と保護者が各学年で清掃場所を分担して、1時間余作業を行いました。
 1学期の学校公開の折に「廊下の汚れが気になる。」というご意見を多数いただいていました。そこで、高学年の保護者にご協力をいただき、今年度新たな試みとして、2階通路のワックスがけを行いました。1時間では予定の場所を全て行うことはできませんでしたが、保護者の皆さんのご協力のおかげもあり、その後の職員作業で仕上げることができました。今までの窓ふき掃除に加え、校庭のジャングルジムから防球ネット沿いの草取りも行いました。また、PTA保体部の皆さんはトイレをきれいに磨き上げてくださいました。
 児童は、ふだん、自分たちで掃除をしているところをお父さんやお母さんが掃除するとこんなにもきれいになるんだ、と感心していたことと思います。本当にありがとうございました。
 校舎内外に磨きがかかりました。2学期のスタートも秒読みです。
 

地域からも感謝の声―通学路をきれいにしようウォーク

画像1
画像2
画像3
 8月31日(土)の早朝、通学路をきれいにしようウォークが行われました。
 この行事は木崎地区安心安全ボランティアの方々が主催する伝統あるものです。この日も朝の6時を過ぎたころから緑色のベストを着たボランティアさんが続々と木崎小に集まって、ゴミを拾いながら学校に来た児童と保護者へのお土産の準備をしてくださいました。
 朝は雨が心配されましたが、次第に空が晴れ、たくさんの児童と保護者が集まりました。集めたゴミは、資源として活用できるものとそうでないものに分けました。
 校長、PTA会長さんの話に続き、ボランティア代表の大竹さんから、「木崎小の子どもたちがいつも元気なあいさつをしてくれるのが嬉しい。」とご挨拶をいただきました。
 夏休み最後の土曜日でしたが、多くの方々の参加をいただき、ありがとうございました。安心・安全ボランティアの方々もありがとうございました。

お祭の前より美しい!

画像1
 今年は7月が雨続きだったせいか、夏休みに入ってからみるみるうちに校庭が草だらけになってしまいました。なんと、トラックにも雑草が元気に育ってしまいました。
 木崎音頭祭では、たくさんのお客様が学校にお見えになるのに、こんな草だらけでは恥ずかしいと思い、少しずつは草むしりをしましたが、結局、雑草だらけのまま当日を迎えてしましました。
 写真は、お祭の翌日、実行委員のみなさんが総出で片付けをし、掃除をし、グラウンド整備をしてくださった後の様子です。準備の日にも手の空いた人から進んで草むしりをしてくださり、最後にはくぼんだところに砂を入れて均し、ブラシかけもしてくださったのです。
 「来たときよりも美しく」という言葉がありますが、まさに、「祭の前より美しい」校庭になりました。木崎小学校が地域のみなさんに支えていただいていることをしみじみと感じました。後片付けを手伝った中学生のボランティアの人達も、自主的に草取りをしていて、成長を感じました。
みなさん、本当にありがとうございました。

木崎音頭祭

画像1
画像2
画像3
 8月24日(土)の午後5時30分から、木崎小学校の校庭で木崎音頭祭が行われました。校庭には前日から立派な櫓(やぐら)ができ、当日の朝から実行委員会の皆さんや各地区の方々が総出で準備をしました。中学生のボランティアもお手伝いをしていました。
 木崎小学校の「郷土芸能クラブ」の児童は、2番目の出演でした。木崎小のお囃子に合わせて木崎あおぞら保育園の年長の子どもたちが踊りました。
 7時からは、うちわの原画コンクールの表彰がありました。最優秀賞をはじめ、6年生6名が表彰を受けました。この原画は、会場内のパネルに掲示され、来場したたくさんの方々が見ていました。
 木崎音頭祭が復活して、今年度で13回目、木崎小の校庭に戻って3回目となりました。木崎の人達の力を合わせ、伝統をつなぐ素晴らしいお祭りです。郷土芸能クラブ以外でも、各地区の育成会や野球チームなどでたくさんの子どもたちがお囃子や歌、踊りに参加しました。楽しいお祭ができた陰には、多くの人達の協力があったことを子どもたちに伝えたいと思います。

久しぶりの登校

画像1画像2
 8月21日(水)は全校登校日でした。7月末でプールとサマースクールが終了したため、皆久しぶりの登校でした。朝の挨拶も心なしか元気がないように感じました。
 教室では、しばらく会わなかった友達と元気に過ごしていたようで、安心しました。努力の結晶の宿題を提出してすっきりしたせいか、帰りは元気になっていました。
 5、6年生は、体育館で鼓笛の練習をしました。初めての2学年一緒の練習でしたが、6年生の鍵盤ハモニカ、5年生のリコーダー、音楽クラブの特別楽器と、それぞれの良さが響く演奏ができてきていました。運動会が楽しみです。

夏休み!

画像1画像2
 7月22日(月)から夏休みが始まりましたが、あいにくの天気でプールもサマースクールも5、6年生の鼓笛練習も中止になってしまいました。
 7月23日(火)は、前日に比べ気温も水温も高かったので、予定通り実施しました。
 プールも学習も鼓笛練習も、みんな真剣に参加していました。特にプールは、後半になるにつれて青空が顔を覗かせ、子どもたちは気持ちよさそうに水に親しんでいました。
 
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

その他

学校長あいさつ

木崎小学校 よい子の約束

届出書式

学校だより

スクールカウンセラーだより

太田市立木崎小学校
〒370-0321
住所:群馬県太田市新田木崎町1121番地
TEL:0276-56-0024
FAX:0276-56-0182