UCLA海外大学派遣研修

UCLA海外大学派遣研修の搭乗した航空機(DL007便)は16時51分に羽田空港に到着し、解散いたしました。

UCLA海外大学派遣研修 最終日

画像1 画像1 画像2 画像2
滞在中にお世話になったUCLAのドミトリーを後にして、空港へ向かいました。
ロサンゼルス空港でチェックインし、飛行機のハードウェアの修理で出発は遅れましたが、無事羽田空港に帰国しました。
生徒の大きな成長と変容を感じることができた今回の研修。それぞれに大きな刺激と影響がありました。これからと学校生活に、そして人生に、生かしていくことを期待しています。

UCLA海外大学派遣研修到着予定時刻について

UCLA海外大学派遣研修の羽田到着予定時刻(DL007便)は、当初14時35分でしたが、航空会社の都合により、およそ2時間遅れの16時31分となります。

UCLA海外大学派遣研修

ロサンゼルス空港に着きました。
飛行機のハードウェアの修理の関係で、約2時間半強の遅れで出発する予定です。

UCLA海外大学派遣研修 7日目

画像1 画像1 画像2 画像2
現地で受ける研修最終日。
午前中にジェット推進研究所を訪問しました。
本物の技術に触れ、最先端で活躍しているエンジニアの方の話を聞くことができて、大変刺激を受けたようです。
その後、今回の研修の集大成として、ファイナルプレゼンテーションがありました。
今回の一連の研修で、体験し、学んできたことから、内省して考えたこと、そこから見つめた将来のことを、それぞれの表現方法でアウトプットし、シェアしました。
Facilitatorやstudent leaderやスタッフの方々からも素晴らしいフィードバックもいただき、生徒たちも別れがとても名残惜しそうでした。
今回の研修が互いに大きな実りになっていることを実感できた機会となりました。

UCLA海外大学派遣研修 6日目

画像1 画像1
今日はUCLAのキャンパスを離れ、ディズニーランドを訪問しました。
今まで研修と日常生活で向き合ってきた自分自身や将来について考える学びの生産的休息の時間となりました。
明日はいよいよファイナルプレゼンテーション。
今回の研修で、何を感じ、考え、どう次につなげていくのか、その総まとめとしてのアウトプットをどう表現するのか。
日本で研修を受けてきたときからの集大成がいよいよ明日になりました。
生徒達の変容の成果が楽しみです。

UCLA海外大学派遣研修 4日目

画像1 画像1 画像2 画像2
海外大学研修旅行も中盤となりました。
今日の午後にはアメリカで活躍する日本人の方から、御自身の経験談をもとにGrows
mindsetの大切さなどの話を聞きました。講演後には生徒から質問が活発に出てきて、刺激を受けたようですが見受けられました。
グループでの研修も、現地のStudent Leaders やFacilitatorと活発なダイアログが行われていました。
語学だけでなく、この研修でのマインドの成長も楽しみです。

UCLA海外大学派遣研修 5日目

画像1 画像1 画像2 画像2
今日はUCLAの学生と共にウエストウッドを散策しました。日本とは違う町の様子を感じながら、現地の学生とのコミュニケーションや町の様子を楽しんでるようでした。
今日の研修では、パーソナルブランディングやファーストインプレッションについてワークやダイアログで多角的に考えて学びました。また、日本とアメリカの学校について現地の学生とインタビューして積極的にコミュニケーションを取り、クイックプレゼンテーションをしていました。現地の学生のプレゼンテーションスキルの高さにも、大変驚き、とても刺激を受けたようです。
研修もいよいよ大詰め、最後のまとめに向けて、能動性も増し、学びもアクティブかつ深まりを見せています。

UCLA海外大学派遣研修 3日目

画像1 画像1 画像2 画像2
今日は、午前中と夜にUCLAで研修を受けました。
午後には南カルフォルニア大学(USC)に行きました。USCの日本人研究者達の取り組んでいる研究などの話を聞き、刺激を受けたようです。キャンパスツアーでは、UCLAのように大きい構内ではあるものの、雰囲気も異なり、大学によるカラーの違いを感じることができた1日でした。

UCLA海外大学派遣研修 2日目

画像1 画像1 画像2 画像2
UCLAでの研修が、本格的にスタートしました。

GEM Sessions では、グループワークに取り組みました。

UCLAキャンパスツアー&インタビューアクティビティでは、日本とは違って町のように大きい大学の構内を現地スタッフの方と散策しました。
アメリカに来たという実感を感じられる1日になったようです。

UCLA海外大学派遣研修 1日目

画像1 画像1 画像2 画像2
羽田空港を出発し、無事ロサンゼルスに着きました。
到着後に、farmers marketへ行き、自分でランチを注文して食べました。
その後、グリフィス天文台に行き、展示を閲覧したり、ロサンゼルスの景色を一望しました。
最後にカルフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)に到着し、入寮手続きをして、夕食を食べました。
日本との文化や生活の違いを感じられた一日となりました。
明日から英語で学ぶ研修のスタートです。

UCLA海外大学派遣研修

画像1 画像1 画像2 画像2
羽田空港を出発し、無事ロサンゼルス空港へ到着しました。

至大荘行事最終日

画像1 画像1
5日間にわたった至大荘行事。天気にも恵まれ、それぞれが自然と向き合い、仲間と向き合い、自分と向き合い、徹してきた5日間でした。この貴重な経験を、今後の学校生活に、そして各々の人生に生かしてもらえたらと思います。

至大荘行事4日目

画像1 画像1 画像2 画像2
今日は遠泳としてそれぞれの泳力に合わせ、午前中は大遠泳、そして、午後も遠泳を行い、それぞれにこれまで徹して頑張ってきたことを全力でチャレンジした1日でした。遊泳後には、キャンプファイヤを行いました。游泳同様練習してきた成果を出しつつ、全力で楽しんだ様子です。明日はいよいよ最終日。最後までしっかりとやり切ることを期待しています。

至大荘行事3日目

画像1 画像1
至大荘行事も3日目になりました。今日は、午前午後ともに遠泳の予行を行いました。これまでの練習成果を生かして、本番を意識した遊泳を行ないました。遊泳後には、スイカ割りとクラスごとの記念撮影を行いました。明日はいよいよ大遠泳。それぞれの至大荘、13回生の至大荘を創り上げていってもらえたらと思います。

至大荘行事2日目

画像1 画像1
朝礼からスタートし浜ランをしたり、午前午後とも游泳に徹した1日となりました。海での遊泳にもだいぶ慣れてきて、海や自分と向き合いながら、それぞれに懸命に取り組んでいました。

至大荘行事 1日目

画像1 画像1
靖国神社駐車場を出発し、至大荘に到着しました。
到着後に入荘式を行い、至大荘の生活がスタートしました。
まず、避難訓練を行い、昼食後、午後の游泳を行いました。
天気にも海にも恵まれ、生徒たちは今まで練習してきたプールとの違いを感じながら、助手と共に海での初めての遊泳に一所懸命取り組んでいました。
これから13回生の至大荘がどの様に作り上げられていくのか楽しみです。

8月行事予定

オリンピア派遣事業

本日7月19日(金)は、2020年東京オリンピック競技大会・東京パラリンピック競技大会のオリンピアンであるサッカー元日本代表の中澤佑二さんが来校しました。
2学年生徒はオリンピックに関する講話や、サッカーの実技指導を通じてスポーツの持つ素晴らしさや、スポーツマンシップ等についての理解を深めました。
他にも幼少期の話や、現役時代のプレッシャーのエピソードなどの話を聞くことができました。
生徒は中澤選手の暖かい雰囲気に包まれ、一言一句聞き逃さないように集中して話を聞いていました。

吹奏楽部 千代田区戦没者追悼式式典演奏

画像1 画像1
吹奏楽部は、7月13日(土)千鳥ヶ淵戦没者墓苑で行われた千代田区戦没者追悼式に出演し、演奏を披露しました。この式典は、先の大戦で亡くなった方々の冥福を祈るとともに、世界の恒久平和への誓いをあらたにするために実施されるものです。3〜5年生が吹奏楽を、1・2年生が吹奏楽を伴奏に合唱を担い、平和を願う『祈り』や『ふるさと』などの楽曲を演奏しました。10年前から継続して出演させていただいており、部員は、平和な世の中だからこそ安心して楽しく活動ができる、その感謝の気持ちを学びます。

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31