教師力アップセミナー(赤坂真二先生)に参加して(高橋、小谷川)

画像1
 こんにちは!4月28日に教師力アップセミナーに参加させていただきました。今回は4期生の高橋と、準ゼミ生として参加してくれた小谷川さんで学んだことについて書いていきたいと思います。

 私が1番印象に残っているのは授業づくりにおける学級経営の大切さです。私は、国語や算数に専門があるのと同じように、授業づくりや学級経営も別々のものだと考えていました。しかし、それらは隣り合った関係であり、子どもたちの関わり合いが大切だということが分かりました。

 わたしはこのお話を聞いて、教師にとってこの学級経営が1番難しいことなのではないかと思いました。それは決まった正解がないからです。先輩から教わったことをそのまま試して上手くいくとは限らないし、学級の分だけ違う学級経営の方法があると思います。だからこそ赤坂先生のお話の中にあった、「ずっと子どもたちの行動を見る」ことや、「子どもたちに合わせた技法を探していく」ということが重要になっていくのだと思いました。

 そして、「TEAM」という言葉も大切だなあと思いました。自分1人では解決できない課題を、仲間と良い関係を築きながら解決していく、とあり、学級経営の目指す姿がこの「TEAM」という言葉に詰まっていると思いました。その集団になるためには、子ども同士が繋がることが大切で、その場その場で教師が関わり方に対する意味づけを行うことに手を抜いてはならないことも学びました。

 関わり方を評価しようと思うと、子どもたちの行動に常に目を向けなければなりません。わたしは子どもに目を向け、仲間との繋がりを大切にする学級を将来築いていける教師になりたいと思いました。(高橋)



 こんにちは、今回特別に参加をさせていただきました、3年生の小谷川です。今回の赤坂真二先生の教師力アップセミナーで学んだことを書かせていただきます。

 今回のセミナーでは様々な学び・発見をすることができましたが、特に驚いたのが赤坂先生のトーク力です。少人数とは言えない人数、ほぼ全ての人が初めましての環境、短い時間という状況でありながら、笑いが絶えず、対話がしやすく、また自然と頷きや反応をしてしまうような環境を作ってしまう話術に圧倒されてしまいました。セミナーでの雰囲気そのものが赤坂先生のいう理想の学級の雰囲気になっていると感じました。

 また内容もこれからの力になりそうなものが多く、アクティブ・ラーニングや主体的・対話的で深い学びなどの新たな教育方法というのは、思考力・判断力・表現力を深め、またそれらをより深めるために知識を得て、協同的問題解決力によって学びに向かう力(社会貢献の力)を育てるというのが本当の意味であり、生徒に学習する意味を見出すことが重要であることがわかりました。

 ただ単にこれからはアクティブ・ラーニングだ、自主的・対話的な深い学びをさせなさい、プログラミング学習を時代に合わせて導入した、一斉授業だけではなくペアワークやグループワークも取り入れるべきなどだけで終わらせては意味がなく、それらを行うことによって子どもにどのような力を養うことができるのかと子どもの熟達を一番に考えて授業を展開して行くことによって効果を成すものだということに気付くことができました。

 また今回のセミナーのキーワードである協同的問題解決力、学級経営の大切さからどのようなクラスを築きあげたいのか、そのために教師ができることはなにかなど漠然としていたものが、少し枠組みができたような自分の考えに明確さを得ることができました。
教師がいなくても成り立つクラス、協同的問題解決力を育み、子どもたち同士で助けあい、学び合い、貢献し合うというクラスにしていくことが重要なのだと感じ、自身の理想的な学級像がしっかりとイメージができればそのために必要な子どもたちへの教師の援助とはどのようなものなのかが自ずと見えてきました。

 今回のセミナーを通して不明瞭だった部分が形作られ、自分自身の教育に対する考えが前よりも確立できたように思えますし、より学びへの意欲を増すことができました。今後も様々な方の話、意見または本などを通してより深く学び自身の力にしていきたいと思います。(小谷川)

 今回のセミナーでも多くのことを学ぶことができました。ありがとうございました。
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31