5月10日(木)小牧市立味岡小学校研究会に参加して(松田)

画像1
 こんにちは!今回、特別に参加させていただいた、四年生の松田です。今回の小牧市立味岡小学校の研究会を通して学んだことをこれから述べていきます。

 「百聞は一見に如かず」という言葉があるように、実際に生で見てみないとわからないことが多くありました。今回、参加させていただいた味岡小学校は、「学び合う学び」の学校ということもあり、私は「学び合い」について少しは理解できたと思います。

 「学び合い」で大切なことは、「学び合いの価値を児童に語らせること」だと思いました。児童が学び合いの価値を理解できているかどうかは、授業の様子を見ることで判断できると思います。

 公開授業の他の授業も含めて、見させていただいた授業では、特にグループ学習で児童が前のめりになって食い入るように仲間の説明を聞いていました。この姿は、「学びたい!」「理解したい!」といった児童の気持ちの表れだと思います。また、「えっ!」「あ!そうなんだ!!」といった声が自然と聞こえてくると思います。本日の授業でも、ある児童からそのような声が聞こえてきました。

 学び合いとは、授業内容をあまり理解できていない児童が理解できている児童に聞くことだと、私は思います。同時に、教師や理解できている児童から教えてしまうことは、「教え込み」だと感じました。そのためにも、「わからない」と言える学級づくりが大切なのではないでしょうか。

 そして、児童が学び合いの価値を理解しているからこそ、理解している児童が仲間にアウトプットすることで、習得できているということを確かめることができると思います。
このような児童の様子が見受けられる授業にするために、「学び合い」について今後も学んでいきたいです。

 新学習指導要領の「見方・考え方」についても私はより深い理解をすることができました。これまでは、公開された「見方・考え方」の文言を覚えようとしました。しかし、書かれた意味を理解することができず、自分の中でもやもやしていました。今回の研究会では、「見方・考え方」の話を聞くことができ、文言では理解できなかったことを自分の中にうまく解釈することができました。先ほどの「学び合い」同様、今後もより深い理解をしていく必要があると感じました。

 今回、多くの先生方の話を聞くことができ、学ぶことが多かったです。今回の参加で終わるのではなく、これを発端に引き続き参加していきたいと思いました。ありがとうございました。(松田)

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31