Knockin' On Heaven's Door (加藤奨基)

画像1
 こんにちは、四期の加藤奨基です。ゼミに入ってから半年ほど経ちましたが、初めての四方山話記事になります。教育実習への二つの「期待と不安」の記事です。千文字くらいあります。

 一つ目は先月の25日に、実習のために自分専用のパソコンを買いました。パソコンがこんなに高価な物だとは思っていませんでした。その日は丁度お店で「パソコン祭」というのが行われていて若干お安くなっていたり、丁度店員のお兄さんと仲良くなって若干お安くしていただいたのですが、それでも大学生にとって十何万という数字は馬鹿になりません。その分実習にしてはかなりオーバースペックな、大学卒業後も十分使っていけるレベルの凄まじくイイお買い物をすることができました。実習でこの愛機を駆使してバリバリ指導案作ってやるぞ!という期待と、自習中は持ち運びが多いと思うので万が一のことがあったらどうしよう・・・という不安です。

 もう一つは教育実習のその後についてです。自分が一、二年生の時、実習に行くことで教員志望をやめられた先輩方のお話をいくつか聞きました。自分は中学生の時から(小中高大の変化はあれど)教師になりたいなと考えてきました。しかしそういった先輩方のお話を聞いているうちにふと思ったことがあります。それは、なぜ教師になりたいのかです。「こういう教育をしたい」とか「子どもの人生のちょっとしたきっかけになれたらいいな」など理由はあるにはありますが、自分的には何とも心もとないフワフワした感じのものなのです。「〜だから絶対教師になりたいんだ〜!!」というのがないような気がします。それでも今まで教師になるために高校を選び、大学を選び、ゼミを選び、パソコンを買ったのですが、もし教育実習で「もう教師になんかなるもんか!」と思ってしまったらと、ふと不安になります。教師への未熟な志望動機や「教師はブラック」という情報(場合によるというのはあります)、結構な頻度で報道される教員の不祥事など色々なものが自分を不安にさせます。もちろん実習で授業うまくできるかな、とかもあります。

 しかし教師がブラックというのは分かっていたことだし、気合入れてパソコンもいいやつ買ったので、ひとまずは実習で志望動機が固まるといいなと期待しています。なぜ教員がこうも不祥事で捕まるのかは分かりませんが・・・。

 今回だいぶ長い記事を書いてみて、「文字に書き出す」というのはやはり良いことだなと改めて感じました。このゼミの特権ですね!ちょっとスッキリしました。実習がんばります。(加藤)

☆タイトルはロックの精霊、ボブ・ディランからです!実習への期待と不安を込めて! たまには英語もおしゃれですよね!(笑)
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30