最新更新日:2018/10/18
本日:count up386
昨日:488
総数:441639
☆  「ABCを大事にして、あいさつ・はきもの・はいへんじ・にっこり笑顔」です。大府一あいさつできる学校を目指しましょう  ホームページは、毎日更新します。ぜひご覧ください。  ☆

1/8 心に響く言葉821 土台づくり

画像1 画像1
佐藤 天彦(さとう あまひこ1988年〜)
将棋棋士。中田功七段門下。第74期・第75期名人。幼少期から将棋を開始。18歳でプロ入り。その後、数々のタイトルを獲得。

今日は「成人の日」です。
大人になるその日に向けて、子どものうちから、毎日の生活の中で、しっかり土台作りをしましょう。

1/8 明日、学校でね

12月22日に、地域の方や先生方に送られて下校した共長っ子のみなさん。
明日から3学期です。
登校の準備はできていますか。
明日、みんなに会えることを先生方は楽しみにしています。
元気な顔を見せてください。
学校で待っています。
画像1 画像1
画像2 画像2

1/8 綿菓子のような雲

画像1 画像1
ウエザーニュースによると、今日、富士山の風下には、まるで空飛ぶ円盤のような滑らかな形状の雲が出ました。
このような雲は「つるし雲」と呼ばれるそうです。
富士山に「笠雲」「つるし雲」が出現するのは、天候悪化の予兆だそうです。

富士山周辺には西から低気圧が接近中で、南西から湿った空気が入っており、今日の午後は、雨が降り、一時的に強まる可能性があり、連休明けの明日にかけては低気圧の発達に伴い風がさらに強まる予想だそうです。

自然の不思議ですね。
ウエザーニュースには、その雲のでき方について説明があります。
ぜひ読んでみてください。

ウェザーニュース → クリック

(画像はウエザーニュースより引用しました。)

1/8 思い出の一こま(12月)

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
12月は「持久走の会」がありました。
雨のため延期になりましたが、寒さの中、これまで練習してきた成果を出せるように、力を尽くしました。
通学団会では、登校の様子を反省しました。

冬休み中は、家族に「ありがとう」を伝えたり、「ありがとう」を言われるように過ごしましたか。

明日は3学期の始業式です。
明日からも、立哨してくださる方にあいさつを明るくして登校しましょう。
3学期は次の学年への0学期です。
心新に、学校生活を送りましょう。

12/21 2学期最後の給食 → クリック
12/22 2学期終業式 → クリック

1月8日(祝・月) 成人の日

画像1 画像1
おはようございます。
三連休最後の日は、「成人の日」です。

現在は、1月の第2月曜日が当てられますが、1999年までは「1月15日」でした。

この「成人の日」は、「国民の祝日に関する法律」によれば「おとなになったことを自覚し、みずから生き抜こうとする青年を祝いはげます」ことを趣旨としています。
この日には、各市町村で新成人を招いて成人式が行われます。
ただし、帰郷する新成人が参加しやすいようにするために、前日の日曜日に行われることが多く、大府市も昨日行われました。

成人の日の今日は全国的に雨となります。
この雨は、次第に強い冬型の気圧とともに、厳しい寒さを伴ってきます。
どうぞ温かくして、いい一日をお過ごしください。

1/7 心に響く言葉820 やらなかった後悔

画像1 画像1
林真理子(はやし まりこ 1954〜)
小説家、エッセイスト。コピーライターとして活動の後、1982年(昭和57年)に出版したエッセイ集『ルンルンを買っておうちに帰ろう』が、処女作にしてベストセラーとなった。さらに1986年(昭和61年)には、直木賞を受賞し、小説家としての地位を確立した。
現在、直木賞の選考委員のほか、講談社エッセイ賞、吉川英治文学賞、中央公論文芸賞、毎日出版文化賞選考委員を務めている。今年のNHK大河ドラマ「西郷どん」の作者である。

明後日から3学期です。
3学期は別名「次の学年への0学期」です。
後悔しないように過ごしましょう。

1/6 プラスはマイナスから書き始める

朝日新聞社主催の「私の折々の言葉コンテスト」があります。
このコンテストは、中高生のとっておきの言葉の中から優れたものが選ばれます。

「私の折々の言葉コンテスト」 → クリック

中高生が自分の体験の中から感じた折々の言葉が選ばれていますが、私は栄光ゼミナール賞の「プラスはマイナスから書き始める」が心に落ちました。

人は生きている以上は、いいこと続きの毎日とは行かず、つらいことも、悲しいことも、悔しいこともいろいろあるけれど、でもそんなマイナスな状況も、必ずプラスに転じることができる、そんな元気が出る言葉です。

ぜひ一度、「私の折々の言葉コンテスト」の珠玉の言葉を読んでみてください。

1/7 思い出の一こま(11月)

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
校外学習や、共長っ子フェスタ、キッズタイム、全校コミュニケーションタイムなどがあり、行事が充実した11月でした。
6年生は「あの空コンサート」でアルケミストさんと歌いました。
昨日の「教育表彰式」で市長さんからも、大府市の重大ニュースとしてお話がありました。
多くのことを経験し、子どもたちが力をつけた11月でした。

11/22 1年校外学習 → クリック
11/22 4年校外学習 → クリック
11/28 5年校外学習 → クリック
11/29 おもちゃで遊ぼう(1年生) → クリック

1/7 成人式が18才で・・・

画像1 画像1
午前中、大府市の成人式に参加させていただきました。
いい天気で、晴れ着の新成人のみなさんも、輝いていました。
晴れてよかったです。
大府市の成人式は、落ち着いて執り行われました。

ところで、法務省は民法の成人年齢を現行の20歳から18歳に引き下げるための改正案を来年の通常国会に提出する方針を固めました。
改正法が成立した場合、施行までに3年間の周知期間を想定しており、早ければ2020年にも成人年齢が18歳になります。
1876(明治9)年の「太政官布告」で満20歳になった成人の定義が変わることになります。

18才というと、高校3年生です。
この時期、受験を控えている人たちも多くいるでしょうし、今のように晴れ着を着て、成人式を祝う気持ちになるか少し心配なところです。

1月7日(日) 七草がゆ

画像1 画像1 画像2 画像2
おはようございます。

今日、1月7日の朝は、「七草がゆ」を食べる風習があります。

七草とは「芹(せり)、薺(なずな)、御形(ごぎょう)、繁縷(はこべら)、仏の座(ほとけのざ)、菘(すずな)、蘿蔔(すずしろ)」の7種をさしますが、現代の名で言えば、「菘(すずな)」は、「蕪(かぶ)」を指し、「蘿蔔(すずしろ)」は、「大根」を指します。
「せり なづな ごぎょう はくべら ほとけのざ すずな すずしろ これぞ七草」という短歌からも、覚えることができます。
「秋の七草」もありますが、一般的には「七草」と言えば「春の七草」を指します。

この7種の野菜を刻んで入れたかゆを「七草がゆ」と言い、「邪気を払い、無病息災、五穀豊穣を祈る」ものとして食べる風習があります。

しかし、実際には、正月のおせち料理などで疲れた胃を休め、野菜が乏しい冬場に不足しがちな栄養素を補うという効能もあると言われます。

正月以来、何となく調子が悪く、今朝は「七草がゆ」をいただいて、無病息災をお祈りしました。

1/6 心に響く言葉819 前へ

画像1 画像1
星野仙一(ほしの せんいち 1947〜2018)
元プロ野球選手・監督、野球解説者。1968〜1982の間は、中日ドラゴンズの投手として活躍。対巨人戦には35勝をあげ、「巨人キラー」と言われた。現役引退後は、中日、阪神、楽天の各球団の監督を歴任。北京オリンピックの日本代表監督も務めた。
1月4日にご逝去されました。ご冥福をお祈りいたします。

常に先を見て進みましょう。

1/6 インフルエンザに注意を

画像1 画像1
2017年第52週(1月5日更新)の、愛知県内における「保健所別・定点医療機関当たりのインフルエンザ報告数マップ」を見ると、濃い赤のエリアが、前週の「51週」よりさらに増加しています。
知多・半田保健所管内は、真っ赤です。
本格的な流行期に入ったことが分かります。

「体の調子がおかしいな」と思ったら、無理をして登校せず、医療機関で受診することをお勧めします。
登校後に早退をし、結果的に、インフルエンザだったということも過去にあり、そこから学級内で流行するというケースもありました。
ご理解・ご協力をよろしくお願いいたします。
なお、引き続き、手洗い・うがいで予防に努めましょう。

(画像は保健所別・定点医療機関当たりのインフルエンザ報告数マップより引用しました)

1/6 教育表彰式

多くの子どもたちが表彰されました。
おめでとうございます。
これからも精進してください。
画像1 画像1
画像2 画像2

1/6 思い出の一こま(10月)

何をするにもいい季節になりました。
「食欲の秋」「スポーツの秋」「読書の秋」です。
放課も元気に遊ぶ子どもたちです。
ペア読書は、みんないいかをしています。
台風のため、簡易給食もあった10月でした。

10/4 6年校外学習 → クリック
10/13 3年校外学習 → クリック
10/20 2年校外学習 → クリック
10/24 簡易給食(1年生) → クリック
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

1月6日(土) 大府市の行事

画像1 画像1
おはようございます。
今日から三連休です。
大府市では、今日「教育表彰式」が行われます。
共長小学校も、多くの児童が表彰されます。
明日は、「大府市成人式」です。
新成人の人たちのためにも、いいお天気だといいです。
両方に参加させていただきます。
今日は、久しぶりに子どもたちの笑顔に会えそうでうれしいです。

それでは、今日もいい一日をお過ごしください。

1/5 心に響く言葉818 元気があれば

画像1 画像1
アントニオ猪木(アントニオ いのき 1943〜)
元プロレスラー、実業家、政治家。本名は、猪木寛至(いのき かんじ)。1960年にプロレスデビューを果たすと、1998年の引退試合まで、2000試合を超える公式戦をこなした、日本プロレス界のスターの一人。現在は政界で活躍している。

寒い日が続きます。
でも、体の元気が心の元気。
風邪などひかず元気に過ごしましょう。

1/5 なりたい職業ランキング

画像1 画像1
毎年、第一生命保険が行っている「大人になったらなりたい職業」の調査結果が発表されました。
男の子は「学者・博士」が15年ぶりに1位となりました。近年、日本人のノーベル賞受賞が続いたことが人気を集めたようです。
女の子のトップは21年連続で「食べ物屋さん」でした。

(以下産経ニュースより引用)
学者・博士になりたい男の子では「がんを完璧に治したい」「遊んでくれるロボットをつくりたい」と理系の科学者が注目を集めた。女の子には菓子店が人気で「パティシエになっていろんな人を笑顔にしたい」「病気の人でも喜んで食べてもらえるスイーツを作りたい」との声が目立った。

男の子の2位は「野球選手」、3位は「サッカー選手」となり、8年ぶりに野球選手がサッカー選手を上回った。女の子は2位が「看護師さん」、3位は「保育園・幼稚園の先生」だった。

調査は平成元年から毎年公表している。今回は29年7〜9月に全国の幼児や小学生1100人を対象に行った。
(引用終わり)

これからの時代、AIの進歩で今ある職業がなくなり、新しい職業ができるといわれていますが、子どもたちには時代の変化に適応して、自分のつきたい職業について、力を発揮してほしいです。

(画像は産経ニュースより引用しました)

1/5 思い出の一こま(9月)

2学期が始まりました。
まだまだ残暑きびしい日が続く中、市内球技大会がありました。
運動会の練習が始まりました。
運動会が、今年は雨にあわず、無事一日でできました。

9/5 球技大会バスケ部 → クリック
9/5 球技大会サッカー部 → クリック
9/7 消防署見学(4年生) → クリック
9/7 応援練習(1年生と6年生) → クリック
9/9 球技大会決勝リーグ → クリック

運動会は、右上の検索で「運動会」でご覧ください。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

1/5 出初め式

画像1 画像1
午前中に、横根グランドで行われた出初め式に参加させていただきました。

出初め式とは、日本の消防関係者により1月初旬に行われる、仕事始めの行事です。
新春恒例行事の一つであり、「出初め式」は新年の季語となっています。

武家火消しによる出初め式(ウイキペディアより)
江戸時代の江戸では火事が頻発したため(江戸の火事)、江戸幕府によって消防組織である火消が制度化されていった。まず制度化されたのは武士による火消(武家火消)であり寛永20年(1643年)、大名に課役として消防を命じた大名火消が制度化された。しかし明暦3年(1657年)に発生した明暦の大火では火勢を食い止めることが出来ず江戸城天守閣を含む江戸の大半が焼失、3万人から10万人と推計される犠牲者を出し江戸の歴史上最大の被害となった。

そのため明暦の大火翌年の万治元年(1658年)、幕府直轄の新たな消防組織として定火消が制度化された。4000石以上の旗本から4名(秋山正房・近藤用将・内藤政吉・町野幸宣)が選ばれ、臥煙(がえん)と呼ばれる火消人足とともに火消屋敷(消防署の原型)に居住し消防活動を担当することとなった。翌万治2年1月4日(1659年2月25日)、老中・稲葉正則に率いられた定火消4組が上野東照宮に集結し気勢をあげた。この行動は出初と呼ばれ、明暦の大火後の復興作業に苦しんでいた江戸の住人に対し大きな希望と信頼を与えた。
(引用終わり)

冷たい中参加されていた消防署員、消防団のみなさんへの感謝の気持ちをもちました。
こういう方たちに市民生活や財産が守られているのだと思いました。
ありがとうございます。
東山小学校の先生も、消防団員でした。

1月5日(金) 小寒

画像1 画像1
おはようございます。
寒の入りの時期は、毎年1月5日ごろです。
冬至から数えて15日目、冬至と大寒のちょうど真ん中あたりになります。
二十四節気では、「小寒」とも言われます。
そして、今日から2週間後の「大寒」までが一年のうちで、最も寒くなると言われています。
インフルエンザにかかったという話を、身近な人の中にも聞くようになりました。
これからますます寒さが厳しくなります。
どうぞ温かくして、お過ごしください。

今日は、大府市の「出初め式」に出かけます。
厚着をしていきたいと思います。
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
学校行事
1/8 成人の日
1/9 3学期始業式
1/10 B週・給食開始
1/14 きらきらチャレンジウィーク
大府市立共長小学校
〒474-0061
住所:愛知県大府市共和町六丁目140番地
校長:小竹紀代子
TEL:0562-46-5161
FAX:0562-44-0026