最新更新日:2019/08/30
本日:count up56
昨日:57
総数:553522

11/17 本能寺の変

画像1 画像1
織田信長の重臣、柴田勝家が、明智光秀に信長が討たれた「本能寺の変」の8日後に、織田方の武将に宛てた直筆の書状が、新潟県新発田市で見つかりました。
勝家は光秀の動向を把握しておらず、調査した三重大の藤田達生教授は「勝家が討伐で後れを取った理由の解明につながる貴重な発見」としています。

書状は本能寺の変の8日後の天正10年6月10日、現在の福井市の居城にいた勝家が織田方の溝口半左衛門宛てに書いたものです。
新発田市の溝口家に伝わる資料から発見されました。

書状は光秀が拠点の近江(現在の滋賀県)にいるとみて、丹羽長秀と連携して討伐する計画を記しているそうです。

新たな発見によって、歴史の真実が分かるのはおもしろいですね。

(画像は中日新聞より引用しました)

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
大府市立共長小学校
〒474-0061
住所:愛知県大府市共和町六丁目140番地
校長:二村圭史
TEL:0562-46-5161
FAX:0562-44-0026