最新更新日:2018/10/17
本日:count up21
昨日:488
総数:441274
☆  「ABCを大事にして、あいさつ・はきもの・はいへんじ・にっこり笑顔」です。大府一あいさつできる学校を目指しましょう  ホームページは、毎日更新します。ぜひご覧ください。  ☆

7/20 ツバメの巣

画像1 画像1
ふと気がつくと、ツバメの巣がもう一つできていました。
もうじき、巣立ちそうなツバメたちです。

ツバメが巣を作るといいことがあるそうです。
今年は、共長小学校に、いいことがありそうでうれしいです。



ツバメ      藤川幸之助

今年こそはと
毎年のように思って
春になると
土間の戸を開け放して寝る
寒い夜にはストーブまで用意して
ツバメは
優しい人の住むところに
巣を作ると小さい頃聞いてから

一度だけ
私の家に巣を作ったことがあった
でも白い糞で家が汚れるからと
母が土間に新聞しきつめて
おまけに巣の中にまで新聞をしいた
それからツバメは帰ってこなかった
私は優しくはなれない
一生もう私は
優しい人にはなれないと
母をにらみつけた

今年も
土間の戸を開け放して眠る
寒い夜のためにストーブまで用意して
私は今年こそ優しい人に
なっているのかと
そんな私のそばを
白い腹と赤いあごを見せて
スーッチとツバメが横切ってゆく
優しさが私にスーッチと近づいては
スーッチと遠ざかってゆく

7/20 初めての通知表(1年生)

1年生にとっては、初めてもらう通知表でした。
1年生の子に「通知表を、もうもらいましたか。」と聞くと、何のことか分かりませんでした。
まだ見たこともないので、きっと分からなかったのですね。
先生から、言葉をかけてもらいながら、手渡してもらいました。

今日、通知表を手にしたすべての子どもたちにとって、この通知表が子どもたちの今後の成長に役立つものであることを願っています。
苦手なことは克服し、得意なことをさらに伸ばしていってほしいと思います。
おうちでも、子どもたちの励みとなるような言葉がけをお願いします。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

7/20 交通死亡事故死0の日

1学期の最後の日の今日は、交通死亡事故死0の日でした。
多くの保護者や地域の方に立哨していただきました。
4月から大きな事故やけがもなく、1学期を終えることができます。
これも、子どもたちを日々、見守っていただいたおかげです。
ありがとうございました。
画像1 画像1
画像2 画像2

7月19日(水) 蝉時雨(せみしぐれ)

おはようございます。
3年1組の教室に入ったら、蝉の大合唱でした。
「蝉はどこにいるかな」と外を見ると、子どもたちが「蝉の死骸ならあったよ」と教えてくれました。
7日しか生きられない蝉です。
この夏、もうその命を終えたものもいるのだと、何だかしんみりしました。

1学期も、いよいよ今日と明日の2日となりました。
給食は、1学期最後です。
今日も一日、全力でいきましょう。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

7/18 日野原重明さんご逝去

画像1 画像1
本ホームページの「心に響く言葉」で何度も紹介させていただいている日野原重明さんが、本日ご逝去されました。
105才でした。

日野原重明さんは、聖路加国際病院名誉院長で、高齢者がいつまでも活躍できる社会づくりを提唱しました。

現役医師としての勤務は70年余り。最期は延命措置を望まず、東京都内の自宅で家族らに見守られながら静かに人生の幕を閉じられたそうです。

日野原さんの次男直明さんは、「延命はしないという本人の強い意志だった。無理に命を残す治療に反対していた」と明かしたそうです。

ご冥福をお祈りいたします。

(画像は中日新聞より引用しました)

7/17 あいさつ

画像1 画像1
多くの学校が「あいさつができる」ことを目標としています。
共長小学校でも、もちろん「あいさつ・はきもの・はいへんじ」のキーワードで示されるように、「あいさつ」を重点目標にあげています。
学校での子どもたちの様子は分かるものの、地域での子どもたちの実態はつかみにくいです。
「見守りボランティアの会」「ネットワークの会」などで、地域における子どもたちの様子を伝えていただきます。
最近は、「共長小の子どもたちは元気で、あいさつがよくできる」と言っていただいて、よかったと思っているところです。
先日の「ネットワークの会」では、横断歩道で止まってくれた車に「ありがとう」と共に、お辞儀もしている子がいた、という話も教えていただきました。
子どもたちのことをよく見ていただいて、ありがたい限りです。
7月21日からは、夏休みが始まります。
地域で過ごす時間が長くなります。
これまで同様、子どもたちを見ていただいて、声を掛けていただけたらと思います。
よろしくお願いいたします。

7/16 水は方円の器に随う

画像1 画像1
ある学級の先生が、黒板に書いていた言葉です。
「みずは、ほうえんのうつわにしたがう」と読みます。

意味は「人は環境や友人によって、良くも悪くも変わるという」ことです。

「方」とは四角のことで、「円」とは円形のことで、「四角い器に水を入れれば水も四角い形になり、丸い器に水を入れれば水も円形になる。 転じて、人も環境や付き合う人物いかんで良くも悪くもなるということ。」
孔子の言葉で、『韓非子』に「人君為る者は猶盂のごときなり。民は猶水のごときなり。盂方なれば水方に、盂圜なれば水圜なり(君主たる者は水をいれる鉢のようなものである。人民は、その鉢の中の水のようなもの。鉢が四角なら水も四角い形となり、鉢が丸ければ水も丸い形を作る)」とあるのに基づいています。
「随う」は「従う」とも書きます。

「朱に交われば赤くなる」とにているかも知れません。

若い先生が、書いた言葉でしたが、勉強になりました。

7/15 食について考える

個人懇談会の折に6年生の保護者の方が、「モバネ毛虫」をもってきてくださいました。
アフリカで、食べられているそうです。
日本でも、「イナゴ」「蜂の子」「バッタ」を食べる文化があります。
今は、「蜂の子」は高級食材となっていますが、タンパク質をとるために、その土地にあった食があるのだと思います。
食物は「命をいただいている」ことを根底にもって、食品ロスをなくすように考えたいですね。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

7/14 懇談会ありがとうございました

暑い中、懇談会に時間をとっていただきありがとうございました。
担任の先生方にとっても、保護者の方と親しく話をする時間は貴重です。
これからも、学校と家庭と協力して、共に子どもたちを育てていきたいと思います。
懇談会以外の時間でも、お気軽にご相談ください。
関わる時間があることが、理解を深めることになります。
よろしくお願いいたします。
また、鉢の持ち帰りにもご協力いただき、ありがとうございました。
画像1 画像1

7月14日(金) 個人懇談会 最終日

画像1 画像1
おはようございます。
今日が、個人懇談会の最終日です。
登校する個人懇談会が終わった子どもたちにおうちの人からどんなことを言われたか尋ねたところ、「凡ミスが多いから、気をつけよう」「最近やる気がないから、がんばってほしい」「勉強は完璧と言われた」等々を教えてくれました。
担任の先生の話を子どもたちに上手く伝えてくださったようで、安心しました。
これからの子どもたちの成長を願っての個人懇談会です。
今日から、子どもたちが気をつけて生活できるといいです。

7/13 雷から身を守るには

画像1 画像1 画像2 画像2
今朝の中日新聞の一面に「落雷 犬山城しゃちほこ破損」という記事がありました。
運動場やプールにいるときは、遠くの雷鳴でも危険であるといわれています。
雷から身を守るにはどうしたらいいか、気象庁のホームページで調べてみました。

知っていることで、被害を避けることができます。

雷から身を守るには → クリック

(画像は中日新聞・左、気象庁ホームページ・右から引用しました)

7/13 個人懇談会2日目

暑い中ですが、本日も個人懇談会をよろしくお願いいたします。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

7/12 大府市学校給食懇談会

画像1 画像1
今日、大府中学校で行われた「大府市学校給食懇談会」に給食担当の校長として参加させていただきました。
共長小学校の代表として、副会長さんが参加されました。
学校給食の話を、大府市の栄養教諭さんがしてくださいました。
題は「食べる教科書としての学校給食」です。
まず世界の食事情から、「世界人口は74億人で、そのうちの7億9500万人が、飢えに苦しんでいる。10人に1人という割合である。」という話がありました。
また、「給食は1年の食事数1095食のうちの180食である。義務教育9年間では、1620回食べることになる。影響が大きいということを考えて、給食の内容を考えている。」ということでした。
多くの人が考えて、かかわって出来上がる給食です。
そして、小学校では1食240円です。
改めて、給食のありがたさをかみしめました。
夏休みに、給食がないのが残念です。

余談ですが、今日の中学校の給食には「冷凍ミカン」がつきませんでした。
それも残念でした。

7/11 明日から個人懇談会です

明日から3日間、個人懇談会が始まります。
担任から、1学期の子どもたちのがんばりをお伝えします。
短い時間ですが、有意義な時間となりますよう、よろしくお願いいたします。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

7/11 市役所で会いました

画像1 画像1 画像2 画像2
今日の午前中は、市役所で校長会議がありました。
休憩の時間に、「共長小学校のかわいい子どもたちがいるよ。」と、ある校長先生が教えてくれました。
3階に上がると、いました、いました、共長のかわいい子どもたちが。
メモをとりながら、しっかり話を聞いて、勉強していました。

7/10 交通死亡事故死0の日

今日は「交通死亡事故死0の日」です。
校区内の至る所で、保護者や地域の方に立哨していただきました。
子どもたちは、暑い中ですが、多くの大人に見守られながら元気に登校しました。
1学期も残すところあと8日です。
安全・安心に子どもたちが学校生活を送ることができるのも、こうした保護者や地域の方たちのおかげだと、感謝しております。
画像1 画像1
画像2 画像2

7/9 赤ちゃんパンダ 名前募集

画像1 画像1
北九州の集中豪雨の被害といい、つらいニュースの多い中、明るい話題がありました。

上野動物園のジャイアントパンダの雌シンシン(12歳)が6月に産んだ雌の赤ちゃんの名前を、28日から募集すると発表しました。
インターネットや動物園に応募箱を設置するなどして募り、9月ごろに命名する予定といわれています。

家族や友達と、赤ちゃんパンダの名前を考えて、元気な気持ちになりましょう。

上野動物園ホームページ → クリック

(画像は中日新聞より引用しました)

7/8 外来生物

画像1 画像1
「ヒアリ」という外来種のアリが、日本にいたるところで見つかったと話題になっています。
ヒアリは、漢字で書くと「火蟻」と書きます。
ヒアリにさされるとやけどのような痛みを覚えますので、ヒアリと言われるのだそうです。
名古屋港では先月27日、鍋田ふ頭コンテナターミナルで7匹のヒアリが見つかっています。
いずれも繁殖能力のない働きアリで、アリ塚は見つかっておらず、環境省は「周辺に定着している可能性は低い」としていますが、油断はできません。
世界各国から、流通できるようになり、便利なことも多いですが、一方で、これまで日本にいなかった動植物が入ってくる危険も同時にあるのだと、改めて思います。
外来種が、日本の生態系に及ぼす危険性を考えると、やはり水際で止めなければならないです。
小さな虫も、素手でさわる危険を子どもたちに伝えなければならない時代になりました。

気をつけて 危険な外来種 → クリック

(画像は朝日新聞デジタルより引用しました)

7月7日(金) 七夕

おはようございます。
今日は、七夕です。
短冊に願いごとが書いてある学級がありました。
また、算数教室の窓から、短冊が張られ、風にゆれていました。
きっと、算数に関する願いごとが書いてあるのでしょう。

ところで、七夕は、ひな祭りや端午の節句と並んで日本の五節句のうちの一つですが、ひな祭りの桜餅やひなあられ、端午の節句はちまきや柏餅が行事食のように、七夕にも行事食があるのです。

七夕の行事食は、そうめんです。

そうめんが天の川に似ているから。そうめんが織姫の織り糸に似ているから等という説もありますが、1年間の無病息災を祈願して、索餅が食べられるようになり、七夕に索餅をお供えしていたという説もあります。
やがて、この索餅がそうめんに変わり、現在に至っているそうです。

何だかそうめんが食べたくなりました。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

7/6 食品ロス

ある先生が、中日新聞にあった「食品ロス」について、教えてくれていました。
食品ロスとは、「食べられる状態であるにもかかわらず、捨てられている食品。」のことを言います。
地球規模で見ると、食べられないでなくなっていく子どもたちがいます。
好き嫌いで、食べ残しをしないようにしたいですね。
まずは、給食の食べ残しをしないようにしましょう。

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
学校行事
7/20 終業式
7/24 算数教室 皆泳教室
7/25 算数教室 皆泳教室 プール開放
7/26 算数教室 皆泳教室 プール開放
大府市立共長小学校
〒474-0061
住所:愛知県大府市共和町六丁目140番地
校長:小竹紀代子
TEL:0562-46-5161
FAX:0562-44-0026