最新更新日:2020/10/23
本日:count up1
昨日:6
総数:17802

令和3年度堺市予算に対する要望書提出

10月23日午前、堺市役所で辻会長及び3副会長が隅野健康福祉局長に「令和3年度堺市予算に対する要望書」を手渡しました。
(要望内容)
1.堺市老人クラブ活動補助金について
 30人未満の老人クラブに対する補助金の交付
 補助金申請書及び実績報告書の提出時期等の検討
  
2.堺市老人クラブ連合会補助金について
 堺市老人クラブ連合会活動補助金要求資料による補助金の交付

画像1

北区老連女性部講演会開催

10月20日(火)サンスクエア堺ホールで、北区老連女性部講演会が開催され、160人が参加しました。
「災害備蓄の必要性」と「ネパールの子どもへの支援」についての講演と三味線と太鼓による「赤とんぼ」と黒田節の演奏が披露されました。参加者は演奏に合わせて歌詞を口ずさんでいましたました。
画像1
画像2
画像3

北区老連グラウンドゴルフ大会

10月15日(木)、金岡公園野球場で北区老連グラウンドゴ大会が開催され、約200人が参加しました。
画像1
画像2
画像3

北区老人クラブ連合会ディスコン大会

10月11日(日)北区光竜寺小学校で、北区老人クラブ連合会ディスコン大会が開かれ、20チーム、160人が参加しました。
優勝  光竜寺校区 3&3
準優勝 金岡南校区 金岡南ディスコンクラブ
3位  光竜寺校区 さわやか会

令和2年度高齢者福祉大会を開催しました

10月6日午後、堺市堺区の堺市民芸術文化ホールで「令和2年度堺市高齢者福祉大会」を開催しました。大会では老人クラブ活動の推進と発展にご尽力いただいた方々に表彰状及び感謝状が贈呈されました。

画像1
画像2

「老人集会所の活動再開に向けたガイドライン」が11月末まで延長されました

堺市長寿支援課から、令和2年9月末までの期限を設定していた「老人集会所の活動再開に向けたガイドライン」を令和2年11月30日まで延長すると連絡がありました。なお、ガイドラインの内容は変更せず、期限を延長するということです。
老人クラブ活動の参考にしてください。

南区老連広報紙令和2年10月号を発行しました

東区老連グラウンドゴルフ大会開催

9月29日(火)、日置荘北町東池グラウンドで、「東区老連グラウンドゴルフ大会」を開催しました。
秋晴れの好天の下、40人が日頃の練習の成果を発揮しました。
画像1
画像2

熱中症に気をつけよう

心の健康を保つために(日本赤十字社の資料の紹介)

「新型コロナウイルス」の感染拡大がなかなか収まらないなか、心の健康を保つために日本赤十字社が作成、公開している2つのYouTubeと4つのPDFを紹介します。
現在、堺市老人クラブ連合会の会員様の中で、新型コロナウイルスに感染された方の報告は受けていません。これは、ひとえに会員の皆様の長年の人生経験と知恵、忍耐力に基づく冷静な行動によるものと思っています。ただただ尊敬するばかりです。
一方、テレビやネットに目を向けると、残念ながら煽情的な報道や事実に基づかないSNSの情報に振り回されている人たちがいることも事実です。
こういった人たちは、自らも感染の危険に晒されながらも最前線で治療や看護にあたり続けている医療関係者に対して、また感染者、感染者が住む地域に対して差別的な発言や行動をしたり、閉塞感から解放されたいため開き直って自分勝手な行動に走ったりしてしまうことがあります。
「新しい生活様式」を守って生活することで感染のリスクはかなり減ると言われています。
そして、世界中で新型コロナウイルスの研究が進められ、予防や治療についても遠くない将来に確立されることでしょう。私たち一人一人が何をするべきかをよく考えて行動することが今一番、大切なことではないでしょうか。
ぜひ、日本赤十字社が公開しているこれらの動画、資料をご覧になり、ご自身が心身ともにすこやかな毎日を過ごされるとともに、地域の方々と「正しい」情報を共有していただけるようお願いいたします。

日本赤十字社「ウイルスの次に来るもの」

日本赤十字社「新型コロナウイルスの 3つの顔を知ろう! 〜負のスパイラルを断ち切るために〜」

日本赤十字社「新型コロナウイルスが引き起こす"3つの感染症"」

日本赤十字社「感染症流行期にこころの健康を保つために」シリーズ




市長からのメッセージ

人や社会とのつながりを大切に

新型コロナウイルス感染症の拡大によって、感染するかもしれないという緊張感と生活に対する不安感によって、感染者や医療関係者等への誹謗中傷や偏見、デマなどが起きています。こんな時こそ、ウイルスのことを正しく理解し、正しく恐れながら生活することが必要です。「闘う相手は人ではなく、ウイルスです。」

(堺市ホームページ 感染予防を日常に―堺スタイルの実践―  より抜粋)

周りの人と物理的な距離を取ることや、オンライン・非接触型の行動が主流になっても、お互いに助け合い、思いやる心は大切です。
日常生活の中で、みんなが感染予防を取り入れながら気持ちよく過ごせるように、想像力を働かせて、一人ひとりができる配慮をしましょう。
• 日頃のコミュニケーションを大切にすることは、フレイルの予防、介護予防、認知症予防のほか、便乗商法や詐欺被害を防ぐことにもつながります。
• 電話やオンラインも活用しながら、感染予防の基本を守って会話を楽しみましょう。
• 日用品など、必要以上の買いだめはしないようにしましょう。必要な人に必要なものがいきわたるように、国や府・市からの正確な情報をもとに冷静に行動しましょう。
• 感染した人やその家族に対する誹謗(ひぼう)中傷、差別も絶対に許されません。思いやりある行動で、ウイルスから心も守りましょう。


老人集会所の新型コロナウイルス感染症の拡大予防ガイドライン

堺市立の老人集会所の新型コロナウイルス感染症の拡大予防ガイドラインを掲載します。
老人クラブ活動を行う際の参考にしてください。


通いの場に参加するための留意点

厚生労働省から新型コロナウイルス感染症に気をつけて通いの場に参加するための留意点が示されています。

運営者・リーダー向け

参加者向け

新型コロナウイルス感染症の「感染経路不明」が増加しています

緊急 新型コロナウイルス感染症「感染経路不明」の堺市民が3人となりました。

ほがらか堺令和2年7月号を発行しました

新型コロナウイルス感染症の拡大を防止するために

新型コロナウイルス感染症の拡大を防止するために堺スタイルを実践しましょう。

新型コロナウイルス感染症防止に向けた堺市の取り組み

東区老連広報紙令和2年6月号を発行しました

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
一般社団法人
 堺市老人クラブ連合会
〒590-0078
大阪府堺市堺区南瓦町2−1
 堺市総合福祉会館4階
TEL:072-223-0220
FAX:072-232-6217