最新更新日:2019/01/17
本日:count up17
昨日:76
総数:65583
校是【 志 かがやく 】 − 心を一つに 未来を創る −

1月ランチメニュー

画像1 画像1
1月後半のランチメニューです。
寒い日が続きます。温かいランチは好評です。

平成31年度 消防出初式

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
 1月13日(日)の小雨降る中、本校グラウンドにおいて、平成31年度 春日・大野城・那珂川消防出初式が行われました。
 本校からは、校長先生が来賓として出席され、2年生の伊藤恵来さんと高島優気くんがアナウンス係として参加しました。2人は、厳粛な進行の中、会場に響き渡る澄んだ声で、消防隊員・団員の方々の勇壮な振る舞いを引き立てる素晴らしいアナウンスを務めてくれました。
 主催された方からは、「堂々としていて素晴らしかった。」「アナウンスを中学生に頼んでよかった。」と、お褒めの言葉をいただきました。
 日夜、私たち市民の安全と財産を守るためにご活躍いただいている消防隊員・団員の皆様にも世路君でいただいたようです。
 伊藤さん・高島くん、お疲れ様でした。

伊藤えこさんの「こ」、高島優気くんの「たか」は、変換の都合上、「来」「高」を使用しています。

3学期 始業式

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
 平成31年が始まりました。今年もよろしくお願いします。
 本日、3学期始業式が行われました。インフルエンザ等の影響もなく、元気に登校してきてくれたことを嬉しく思いました。担任の先生から、全校生徒が揃って校歌を歌う最後の機会という働きかけがあったこともあり、始業式前の校歌練習も、素晴らしい歌声でした。
 始業式では、校長先生から「年の初めに目標を持つことは大切なこと」と、心構えについて述べられた後、正月に行われた箱根駅伝に触れられ、学校生活を12区間の駅伝に例えて、ラストスパートの時期であると諭されました。最後に、「3年生は、実質、残り2ヶ月、最後まで、かっこいい先輩でいてほしい。1・2年生は、学校の顔として、さらに、成長してほしい。」と、結ばれました。

 その後、生徒会からの話があり、保体委員委員長の伊藤恵来さんから「体調管理に気をつけて生活しましょう。」、美化委員長の金光柊介くんから「校内の環境整えて、3年生の受験をサポートしましょう。」、学級委員の高島優気くんから「気を引き締めて、次年度に向けての準備をしましょう。」と、最後に、生徒会長の古賀太一くんから「3学期は、まとめの時期。次の学年に向けて、それぞれが悔いのないように、みんなで取り組んでいきましょう。」と、話がありました。

 式後に行われた表彰の内容は、以下の通りです。
・ソフトテニス部(代表 上薄 帆湖さん) 筑紫野市近郊中学校研修大会 第3位
 ・剣道部 土谷 仁誉さん 筑紫区共栄剣道大会 優勝
 ・男子ハンドボール部 西田 幸之助くん JOCジュニアオリンピック出場(紹介)
今年も、大利中学校はがんばります。応援、よろしくお願いします。 

伊藤さんの「こ」、たかしまくんの「たか」は、変換の都合上、「来」「高」を使用しています。

1月前半 ランチメニュー

画像1 画像1
1月前半のランチメニューです。
3年生は、残すところ2ヶ月となりました。
しっかり、栄養を蓄えましょう!

生徒会リーダー研修会

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
 12月25日(火)・26日(水)の2日間、生徒会リーダー研修会が行われます。体調不良で全員参加とはなりませんでしたが、参加した執行部の皆さんは、朝から緊張した面持ちで研修会に参加しました。
初日は、まず、校長先生から「生徒会執行部に期待すること」と題し、御講話いただきました。初めに、「生徒会は学校を変える力を持っている」として、執行部として大利中を「よりよく」していために、全校生徒で取り組むことが大切であり、そこに導くのがリーダーの役割であると話されました。続いて、生徒活動・リーダーの資質について触れられ、最後に、『経験を積むこと。失敗もあると思うがあきらめずに、どうしたらよいか考え続けることが大事。全校生徒から「さすがだな。」と思われる存在になってほしい。』 と期待を込めた激励を伝えられました。
 その後、参加者は、次年度の生徒会方針について各委員会毎に協議を進めていきます。
 慣れない中、見通しを持てない中での研修になりますが、多くの先生方にも見守られながら、2日間の成果を見せてくれることでしょう。

2学期終業式

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
 12月21日(金)午後から、終業式を行いました。校長先生の話では、日本漢字検定協会が出す今年の漢字「災」に触れて話されました。生徒には、友達との関係がこじれたとき、互いに関係を修復しようとして「ごめん」という言葉で互いが納得できる。「相手を許す行動ができるのは人間だけで、人を許す行為は尊い。そのことは、災いではない。」と、多感な時期を過ごしているからこそ味わう不安に正面から向き合い、人の力を借りてでも解決することに価値があることを伝えられました。最後に、「どの学年にとっても冬休みは正念場である。」と、締められました。
 続いての生徒会からの話は、副会長 欄所くんから「2学期の頑張りが3学期にも生かせるようにしましょう」と2学期の総括と3学期に向けての話がありました。続いて、保体委員長 小川くんから「2学期終盤にインフルエンザが流行し始めたので、体調管理に気をつけましょう。」と、学習委員長 末吉さんから「冬休みの学習は、計画的に進めましょう。」と、生活委員長 堤さんからは、「3学期初日は、全員が身だしなみを整えて登校しましょう。」と、話がありました。
 最後に、生徒指導主事 藤井先生から「娯楽施設には、保護者同伴で行くこと」「友人宅への外泊は禁止」「不審者への注意」が話されました。
 娯楽施設に行ったから、友達に家に泊まったからトラブルに巻き込まれるとは限りませんが、トラブルに巻き込まれたり、問題行動を起こしたりするときは娯楽施設や外泊に起因することが多いための注意喚起ですので、御家庭でも十分に御理解いただき、御協力いただくようにお願いします。
 1学期に続き、2学期も生徒の頑張りに支えられ、充実した時間を過ごすことができました。
 3学期も、さらに、成長できる時間を過ごせることを願っています。

2年生 デートDV講話

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
 12月18日(火)5・6校時、2年生は体育館でデートDV研修講話を受講しました。
 講師にNPO法人博多ウイメンズカウンセリングの椹木京子先生 佐矢野洋子先生をお迎えし、心身ともに成長期にある中学生に友人や恋人との正しい人間関係を築いていくための知識やスキルを身につけさせ、若年化するDV被害を防止することを目的に行われました。
 生徒は、講師の先生の話を約60分の間、真剣に聴く事ができ、デートDVに関する正しい知識、デートDVの見抜く方法、デートDVの防止方法など、普段とは違う貴重な学習することができました。
 講師の先生からも子どもたちの研修を受ける姿にお褒めの言葉を頂きました。

パンメニュー 12月後半から1月前半

画像1 画像1
遅くなりましたが、
12月後半から1月前半のパンメニューをお知らせします。

規範意識講演会

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
 12月11日(火)5・6校時に、全校生徒及び保護者を対象に規範意識講演会を行いました。講師にNPO法人 子どもとメディア 南里 門子 様をお招きし、「スマホ・ネットのリスクと中学生活 〜リズムとバランス〜」と題し、スマートフォンやインターネットの便利さや楽しさを理解しつつ、そこに潜む危険や落とし穴について詳しくお話しいただきました。冗談でネット上に挙げた作り話が、何の責任もない人を傷つける可能性があることや、何気にネット上に載せた写真から自分の住所や名前、趣味などが特定され、犯罪に巻き込まれる可能性があること等、実際に起こった出来事を耳にした生徒は、決して、他人事には思えなかったようです。
また、この日は、講演会に合わせて学校運営協議会を開催しました。15分程度の短い時間でしたが、委員の皆様に講演会の様子を参観していただきました。半数近くの方が「何のことか分かりません。」という感想をお持ちでしたが、「ネット社会であり、スマホや携帯の所持年齢が低くなっている以上、こういう講演会は必要ですね。」と、感想を述べられた方もいました。
 知識は持っていても、自分事として捉えきれない(いざ、行動に移せない)のは、決して、スマホやゲームに限ったことではありません。便利な世の中だからこそ、その便利さを扱う側がモラルを育んでいく必要があります。そのことを、子どもに伝えるのは大人の責任であることも痛感しました。
 最後になりましたが、寒い中、また、足元の悪い中、御参加いただいた保護者の皆様、ありがとうございました。

女子ハンドボール部 新人県大会 3位!

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
 12月8・9日に、福岡市アイランドシティにある福岡市総合体育館で、福岡県新人ハンドボール大会が行われました。この体育館は、12月1日に開館したばかりでとてもきれいで設備の充実した体育館です。
 女子は、初戦、西南学院中と対戦し、終始、競り合った試合展開でした。緊張のせいか、普段通りのプレイがなかなかできずに苦戦しましたが勝利を収め、続く2回戦、日新館中戦は有利に試合を進め、見事、勝利を収め、ベスト4に進出しました。
 2日目の準決勝は、春吉中と対戦し、この試合も接戦となりました。僅差の結果、敗れはしたものの、その舞台を経験したことは、次のウインターカップや夏の大会に繋がることでしょう。
 日新館中戦の後、試合を終えたばかりにもかかわらず、したたり落ちる汗も拭わずにあいさつに来てくれた一人一人の表情は満足感と笑顔に満ちあふれており、爽やかで、次なる飛躍を期待させてくれるものでした。 

男子ハンドボール部 夏に期待!

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
 12月8・9日に、福岡市アイランドシティにある福岡市総合体育館で、福岡県新人ハンドボール大会が行われました。この体育館は、12月1日に開館したばかりでとてもきれいで設備の充実した体育館です。
 男子は、初戦、多々良中央中と対戦し、残念ながら敗れてしまいました。敗れはしたものの、筑前地区大会の時とは見違える素晴らしい動きを見せてくれました。特に、室内での正規の大きさのコートでの試合は初めてであったにもかかわらず、走り負けしない試合展開には点差を感じさせない高揚感を感じることができました。
 夏に向けて解決すべき課題は数え切れないほどあります。この冬、その克服に努力してくれることを期待しています。

2年生 高校1日体験学習

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
 12月6日(木)に、2年生は高校1日体験学習を行いました。今年度は、九州産業大学付属九州産業高校と筑紫台高校にお世話になりました。当日は、自宅から直接、高校に出向き、電車通学も体験しました。授業では、両校の特色ある学科で中学校よりも専門的な学習内容を体験しました。また、中学校にはない学食で昼食をとったり、大利中学校の卒業生に質問したりと充実した1日となりました。
 多くの中学校は3年生で高校1日体験学習を行いますが、2年生のこの時期に行う意味を生徒は感じ取ることができたのではないでしょうか。
 進路・就職指導でお忙しい中に、快く、本校2年生を受け入れていただいた両校の先生方には、心より感謝いたします。ありがとうございました。

1年生 社会歴史体験学習

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
 12月6日(木)に、1年生は歴史体験学習を行いました。当初の予定では、大野城跡や水城跡を散策したり大宰府政庁跡を見学し、午後から九州歴史博物館を訪れる予定でしたが、天候に恵まれず、生徒の体調を考慮し、九州歴史博物館のみの見学となりました。
 この行事は、市の「ふるさと創生学校じまん」事業の一環として行われています。
内容が短縮されたものの、博物館での生徒は、熱心にメモを取りながら館内を見学していました。中でも、古代の衣装や外国の遊びを体験できるコーナーに興味を示していました。
 歴史的価値の高い地元大野城・大宰府(太宰府)について学んだ今回の経験が、生徒にとって知識とともに誇りとして根づくことを願っています。

3年生 人権講話

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
 12月6日(木)に3年生は、あすなろ学級で活躍されている方を講師にお招きして、人権講話を行いました。講話の際、講師の方はお孫さんを背負ってこられ、「この子は、ここにはいなかったかもしれません。」と語り始められました。お孫さんが生まれるまでの娘さんの想いを中心に、家族のエピソードを語られました。そこには、差別の現実があり、聞く者全員、胸の痛む想いで聞き入りました。そして、最後に「差別は、人の命を奪うこともあるのです。自ら命を絶つこともあれば、生まれてくる命を奪うこともあります。」と結ばれました。
 生徒からは、講師の方が歩んで来られた生い立ちについての質問や、あすなろ学級についての質問、人権学習の授業でロールプレイを行った生徒から練習から本番にかけて演じているときの感想などが、たくさん発表されました。
「差別をなくしたい!」その一心を生徒に語りかけていただいた講師の先生。その思いを真剣に受け止めてくれた生徒、ともに、貴重な時間を過ごすことができました。
 「差別をしない・させない・見逃さない」この言葉が、生徒の心に深く刻み込まれた1時間となりました。

12月 ランチメニュー

画像1 画像1
画像2 画像2
今年最後のランチメニューになります。
20日(木)には、クリスマス限定スペシャルグリル
が、準備されています。
お楽しみに!

中学生「税に関する作文」 市長賞 石橋さん

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
 12月4日(火)に、大野城市役所3階で『平成30年度 中学生「税についての作文」表彰式』が、行われました。本校から、3年生 石橋優花さんが、見事、市長賞を受賞し、井本市長から表彰状を手渡されました。石橋さんは、作文を3〜4日かけて書き上げたそうです。行きの車の中では「緊張します。」、帰りの車の中でも「緊張しました。」と言っていましたが、式の中で、呼名されてからの返事・井本市長からの表彰状の受け取る所作、いずれも堂々としており、大変、好感を持つことができました。石橋さん、おめでとうございます。
また、大利中学校に対し、主催者である筑紫税務署管内納税貯蓄組合連合会より納税道義の高揚に寄与したということでも表彰していただきました。

「大利の日」 新旧引き継ぎの日

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
 12月4日(火)は、「大利の日」でした。11月の認証式を受けて、新生徒会役員にとって初めてのあいさつ運動になりました。今回は、引き継ぎを兼ねて、旧役員も手伝ってくれました。普段より多めの人数でのあいさつ運動に、いつもより大きく心地よいあいさつができていました。
 また、早朝より、多くの保護者の方にご協力いただき、新生徒会役員も心強かったと思います。
 生徒会役員の交代とともに、「大利の日」も新しく動き始めました。まだまだ、慣れないところの多い新生徒会役員を励ましていただく意味でも、気持ちのよいあいさつが飛び交う地域に近づけるようご協力ください。

1年生 郷土の歴史を学ぶ 社会歴史講話

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
 11月28日(水)の1校時に、歴史体験事前学習(講話)を行いました。講師に、大野城市ふるさと文化財課の鮫島様をお招きして、大野城跡や水城跡ができた経緯や構造などを、歴史を交えながら分かりやすく説明していただきました。中には、水城跡の一部となっている広場を訪れたことのある生徒もいたようで、興味をもって話を聞いていました。私たちの住むこの町にとても素晴らしい文化があることを知り、貴重な学びの場となりました。
今回の事前学習を受けて、1年生は、12月6日(木)に、歴史体験学習として水城跡や大野城跡、大宰府政庁跡などを実際に訪れて、さらに、郷土について、学びを深めます。

第43代 生徒会役員 退任式

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
 11月22日(木)6校時に第43代生徒会役員退任式が行われました。
 校長あいさつでは、旧生徒会役員に向けて、この1年の労をねぎらわれました。特に、「大利の日」を中心としたあいさつ運動・いじめ根絶運動の取組がもたらした功績を称えられ、感謝を述べられました。
 退任した生徒会役員のコメントは以下の通りです。

保健体育委員会 副委員長 漆谷くん
「達成感を味わうことができた。第44代の皆さんには、自分たちの積み上げの上にさらなる積み上げをしてほしい。」

保健体育 委員長 原田さん
「体育祭では責任感を強く感じたが、皆さんの支えのおかげで成功することができた。また、委員活動を通して相手意識を持てるようになった。

給食委員会 副委員長 栗原くん
「牛乳を急いで持ってくる姿を見られなくなるのは寂しい。この1年間で、みんなの給食に対する意識が高まったことがうれしい。食事には多くの人の支えがある。感謝の気持ちを忘れないでほしい。

給食委員会 委員長 椎原さん
「1年間、あっという間だった。小さな仕事の積み重ねだったが、みんながその小さな積み重ねに反応してくれたことがうれしかった。」

美化委員会 副委員長 西田くん
「学校の美化を自分のこととして考えられるようになった。各教室の棚がきれいになった。ここで終わらせず、これからに繋げて欲しい。」

美化委員会 委員長 柗村さん
「この経験を通して、人に伝えることの難しさを感じた。みんなが美化意識を持ってくれたことがうれしい。そのことは、自分1人ではできないことだった。

学習委員会 副委員長 安部くん
「副委員長になって学校の課題に気づき、その課題を解決することは簡単ではなかったが、全力で取り組むことができた。残された課題は、1・2年生に期待する。

学習委員会 委員長 大浜さん
「1年間が充実していた。大変なこともあったが、全校生徒が真剣に取り組んでくれたことでよりよい取り組みができた。この経験は、財産になる。」

生活委員会 副委員長 渡邉くん
「身だしなみとあいさつに力をいれた。学校全体にあいさつが広がったと思う。また、体育祭副ブロック長として達成感を味わうことができた。この経験は、自分が成長する糧となる。」

生活委員会 委員長 反田さん
「緊張する性格だったが、今は頭の中で整理して話をすることができるようになった。この経験は自分を成長させてくれた。」

学級委員会 副委員長 安田さん
「最初は不安だったが、みんなの支えのおかげでやり切ることができた。チャイム席の徹底をめざしてきたが、2分前着席が浸透してうれしかった。」

学級委員会 委員長 池上くん
「先を見通して行動することの大切さを学んだ。部活動との両立が難しかったが、計画的に取り組むことで両方満足することができた。大利中に思いやりが溢れていることがうれしかった。」

執行委員 本田くん
「初めの頃は、先輩について行くだけだった。生徒会執行委員だからこそ味わえる達成感を味わうことができた。」

執行委員 千葉さん
「先輩を頼ってばかりだったが、”リーダーの仕事の大切さ”と”責任の重大さ”を学ぶことができた。取り組みの一つ一つが”大利の思いやり”に繋がっていることを実感した。」

書記 嶋田くん
「集会の進行を務めて、臨機応変に対応できるようになった。”磨心”を通して仲間とともに成長できた。」

書記 山中さん 
「”親しみのある新聞づくり”が公約だった。友達が生徒会新聞を読んでくれたり、全校生徒に発信できる仕事ができてうれしく思うとともに責任を感じた。真剣に取り組むことの素晴らしさ・大切さを学んだ。」

副会長 川村くん
「”磨心”というスローガンのもと、精一杯頑張ることができた。文化祭を成功できたことが何よりうれしかった。第44代のみんなには、継続・発展させていってほしい。」

副会長 鷲崎さん
「辞めたいと思うこともあったけど、周りの支えで1年間、やり切ることができた。ありがとうございます。」

生徒会長 坂井くん
「大利中を引き継ぎ、周りに支えられ、やりがいを感じながら会長を務めることができた。”磨心”は達成することができた。みんなが”自分磨き”をする姿がうれしかった。」

旧生徒会役員の皆さんの話の中で「できた。」「うれしかった。」の言葉が随所に聞こえてきました。このことは、一人一人が自分自身や学校全体の成長を実感し、また、感謝の心を根づかせることができたことを意味しているように感じました。
”磨心”この言葉は、この先も大利中学校に響き続ける言葉なんだろうな。と、思いました。
第44代生徒会役員の皆さん、本当にお疲れ様でした。そして、ありがとうございました。

※変換の都合上、名前の一部に常用漢字を使用しています。

第44代 生徒会役員認証式

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
 退任式に続き、新生徒会役員認証式が行われました。校長先生からは、「先輩達の築いてきたものの上に、第44代らしさを積み上げてほしい。」と激励され、代表で新生徒会長の古賀くんが「先輩方が一生懸命にあいさつをしてある姿に感動していました。これからの大利中学校の姿は、私たち1・2年生の責任です。笑顔あふれる大利中学校にしていきます。」と緊張しつつも、力強く抱負を述べてくれました。
 第43代生徒会に負けない第44代生徒会を築いてくれるものと信じています。そして、第45代も始動していきます。第44代生徒会役員は、以下の通りです。

生徒会長 古賀くん  副会長 欄所くん  副会長 中田さん     書記 前田くん  書記 矢野さん
執行委員 亀山くん  執行委員 反田さん
学級委員長 高島くん 千葉さん  生活委員長 貴島くん 堤さん   学習委員長 平山くん 末吉さん  美化委員長 金光くん 入江さん  給食委員長 大西くん 森木さん  保体委員長 小川くん 伊藤さん

※変換の都合上、名前の一部に常用漢字を使用しています。
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
学校行事
1/25 新入生説明会
大野城市立大利中学校
〒816-0955
住所:福岡県大野城市上大利1丁目
   6番1号
TEL:092-596-2911
FAX:092-596-9776