最新更新日:2019/08/10
本日:count up33
昨日:180
総数:440796

第6学区 公立高校説明会(中学生進路相談事業)

 8月2日(金)第6学区公立高校説明会がももちパレスで行われます。
福岡西陵高校の学校紹介と進路相談の時間と場所は以下の通りです。

 [学校紹介] 
       時間 14:40 〜 14:48 (予定) 
       場所 大ホール

 [進路相談] 
       時間 13:15 〜 16:00 
       場所 3階 第1研修室

福岡西陵高校に関すること、進路選択に関する悩み等、何でも構いません。
中学生や保護者の方々のご参加をお待ちしています。




西陵女テニが、Rose Cupで準優勝しました!

画像1 画像1
画像2 画像2
 令和元年7月27日(土)、第42回 Rose Cup(高校女子ソフトテニス福岡大会)で西陵Aチーム(馬場にじあ、平田ひより、吉田春陽、水口なな、藤岡萌々香、野田若奈)が準優勝しました。決勝で、誠修高校Aチームに敗れましたが、対戦するまで勝ち上がり、何度も対戦することで、勝つ可能性が高まってくると思います。「ドアを叩き続け」ます。
 これからも西陵女テニは、暑い夏を、自らの熱で熱くしていきます。これからも応援よろしくお願いいたします。

☆祝 全国高等学校サッカー選手権大会 37年ぶり県大会出場☆

7月20日(土)、22日(月)、24日(水)で全国高等学校サッカー選手権大会の一次予選が行われました。結果は下記の通りです。

7月20日(土)一回戦
福岡西陵 VS 福岡常葉
前半 1−0 得点者:オウンゴール
後半 3−0 得点者:原内2、居石
合計 4−0

7月22日(月)二回戦
福岡西陵 VS 城南
前半 1−0 得点者:吉松
後半 1−0 得点者:居石
合計 2−0

7月24日(水)三回戦
福岡西陵 VS 久留米筑水
前半 3−0 得点者:柴田、吉松、木村
後半 4−1 得点者:居石、木村、柴田、林田
合計 7−1

以上の結果により、新人戦、インターハイに続き、3大会連続での県大会出場を決めました。また選手権大会における県大会出場は37年ぶりの出場になります。過去の先輩方が築き上げてきたものを受け継いで、努力したものが結果に繋がったと感じております。このような素晴らしい結果を出すことができたのは、保護者や関係者の皆様のサポートがあってのものだと感じております。本当にありがとうございました。県大会は10月の中旬になりますので、これからは受験勉強と部活動の両立をしながら、頑張っていきたいと思います。引き続き、福岡西陵高校サッカー部の応援をよろしくお願いいたします。
画像1 画像1
画像2 画像2

ビブリオバトル大会

7月19日(金)に本校図書館でビブリオバトル大会が開催されました。
ビブリオバトルとは、本の紹介コミュニケーションゲームのことで、ルールは、以下のようになっています。
1.発表参加者(バトラー)がお気に入りの本を持ち寄って、順番に一人5分間で紹介する。
2.それぞれの発表の後に参加者全員でその発表に関するディスカッションを2〜3分行う。
3.すべての発表が終了したのちに、「どの本が一番読みたくなったか?」を基準とした投票を行い、最多票を集めたものをチャンプ本とする。

今回は6人のバトラーが参加し、2年の浦田真央さんの紹介した『十二人の死にたい子どもたち』がチャンプ本に選ばれました。
ビブリオバトルに参加することでいろいろな本に出会ったり、バトラーの新たな一面を知ることが出来たりして、楽しい世界が広がること間違いなし!
是非、みなさんもチャレンジしてみてください。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

生松交流(七夕交流)が開催されました。

7月5日(金)に生松交流が生の松原特別支援学校で開催されました。
今回の交流は、中学部と高等部との七夕交流でした。
昨年度は悪天候で中止となったため、今年度からは予備日を設けた上での開催でした。
交流のはじめに、体育館で両校の校長挨拶があり、次にそれぞれの学校の実行委員による学校紹介がありました。
生松の中学部、高等部、そして本校の順に、それぞれの学校の特色が紹介されました。
その後、両校の校歌がそれぞれの生徒によって披露されました。
七夕交流の全体会が高等部と中等部、そして本校合同で開催されたのは、今回が初めてのことでした。
生松の先生方、事前の準備ありがとうございました。
体育館での行事の後、中学部と高等部がそれぞれの教室において、本校のボランティアが準備した短冊に願い事を書きました。
各教室前には笹の葉が準備され、願い事を書いた短冊や七夕飾りを笹の葉に結びました。
その後、昼食を一緒にとり、楽しく、そして充実した交流を持つことができました。
2学期には小学部交流(2回)や、中学部とのクリスマス交流を開催する予定です。
生の松原特別支援学校の生徒のみなさん、そして先生方。これからもよろしくお願いします。

生松高等部の生徒たちに窓を磨いていただきました。

6月3・4日の2日間、生松高等部のサービス課の生徒達、のべ10人が来校され、本校の窓を磨いていただきました。
生松の高等部の生徒たちによる窓磨きは、一昨年から始まり、今年度で3年目になりました。
生松の生徒たちは、様々な道具を使い分けて、丁寧に約2時間、窓を磨きました。
6月3日は本校の玄関とセミナーハウスの窓、6月4日は生徒昇降口の窓を磨いていただいています。
おかげで見違えるようにピカピカになりました。
ありがとうございました。

生松交流(小学部交流)が始まりました。

5月31日から、今年度の生松交流が始まりました。今年度は生の松原特別支援学校の小学部交流からスタートです。今回は小学部の3年生との交流でした。本校から12名の生徒が交流に参加しました。
あいにくの雨天でしたが、各クラスで自己紹介やゲーム、レクなどを通して交流を深めることができました。
小学部交流は6月にも実施されます。

生松交流(七夕交流)のボランティア、ありがとうございました。

画像1 画像1 画像2 画像2
7月2日火曜日、期末考査が終わりました。
その後、実行委員は生の松原特別支援学校での打ち合わせに出かけました。
それと同じころ、学校のセミナーハウスでは、本校のボランティアによって七夕交流で使用する短冊や七夕飾りが作られてました。
考査終了直後にもかかわらず、多くの生徒がボランティアに参加してくれました。
そのお陰で、交流に必要な短冊や七夕飾りの準備が間に合いました。
ありがとうございました。

特に、ソフトテニス部の生徒達は精力的にボランティア活動を頑張ってくれました。
掲載している写真は、ボランティア活動を終えたばかりのソフトテニス部の部員たちです。

生松交流(七夕交流)で両校の実行委員の打ち合わせがありました。

画像1 画像1
1学期期末考査の最終日の7月2日、生の松原特別支援学校で生松の高等部の実行委員と本校の実行委員による事前の打ち合わせがありました。
七夕交流は7月5日金曜日、朝から生松の体育館で全体会が開催され、その後、各クラスにおいて短冊に願い事を書き、七夕飾りと一緒に笹の葉に飾ります。
実行委員の打ち合わせは、その全体会についてでした。
両校の実行委員で、円滑に会が進行するように、役割分担を決めました。
掲載している写真は、打ち合わせ終了後の実行委員(2・3年生)です。

1学期終業式

 7月19日(金)、終業式が行われました。1学期のまとめである終業式では校長先生の話を聞き、今学期を振り返り、これからすべきことについて考えるいいきっかけになったことと思います。また終業式のあとの全校集会では、多くの部活動が表彰されました。その中でも女子ソフトテニス部は団体戦で県大会第3位、囲碁部の1年生の中島さんも県大会第3位、ソフトボール3年生の鬼海さんは国体の福岡県代表選手となるなど各部活動の頑張りが光った1学期だったと思います。
 これから夏休みに入りますが、夏期補習や部活動、体育祭の準備などやることが目白押しですが、一つ一つのことに全力で取り組む西陵生の姿を見せて下さい。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

☆オークランドからの留学生☆

 7月9日(火)〜11日(木)の3日間、オークランドNZJP協会俳句書道コンテストでの優秀者であるユジンパクさんが来校し、交流活動を行いました。交流内容は、基本的に本校の担当バディ生徒と一緒に過ごす中で、授業体験や体験プログラムに参加してもらう形での交流を行いました。全学年で授業体験を行ってもらい、体験プログラムとしては、書道をはじめ茶道や武道を体験してもらいました。ユジンさんは、2年半日本語を学習されてきたそうですが、西陵生と交流するに困らない程に日本語が堪能で、生徒たちともすぐに打ち解けていました。3日間、全ての体験活動に意欲的で、何よりも本当に楽しそうに過ごされていました。ありがとうございました。これからもユジンさんのご活躍を応援しています。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

管弦楽部 「福岡市博物館トワイライトコンサート」のお知らせ

画像1 画像1
 管弦楽部は、7月27日(土)19時から、福岡市博物館エントランスでコンサートを行います。鑑賞は無料で、どなたでもご覧いただけます。景観美しい福岡市博物館の建物をバッグに、オーケストラの奏でる音楽を、ゆっくりと芝生の上に座って聞いていただける野外コンサートです。クラシックのほか、リトル・マーメイドなども演奏します。演奏は20時くらいまでを予定しています。ご来場をお待ちしています。

福岡西陵高校管弦楽部 第34回定期演奏会のお知らせ

画像1 画像1
画像2 画像2
 福岡西陵高校管弦楽部は、福岡市内唯一の高校生フルオーケストラです。現在1年生から3年生まで部員103名で明るく元気に活動しています。2018年には、九州から唯一の選抜校として「第25回全国高等学校選抜オーケストラフェスタ」(東京)に出場しました。
 このたび、管弦楽部は、8月9日(金)に「第34回定期演奏会」を、アクロス福岡シンフォニーホールで行います。イタリアの作曲家レスピーギによる大規模で華麗な管弦楽曲、交響詩『ローマの祭』を演奏します。部員の若さと情熱で、感動を生む演奏をお届けしたいと思います。
 またこの演奏会では、ソリストとしてヴァイオリニストの中村太地氏をお迎えいたします。中村氏はブラームス国際音楽コンクールで日本人初となる優勝を果たした音楽界期待の若手音楽家です。ヴァイオリンの超絶技巧曲として知られる、サラサーテ作曲:カルメン幻想曲を、部員との共演でお届けいたします。
 3年生部員にとっては、これが最後の演奏会となります。感動のステージへ、ぜひご来場ください。

2019.8.9(金)福岡シンフォニーホール(アクロス福岡)
開場 18:00   開演 18:30
指揮 松田 和宏   ヴァイオリン 中村 太地
演奏曲目 レスピーギ:交響詩『ローマの祭』
サラサーテ:カルメン幻想曲
オッフェンバック:喜歌劇『天国と地獄』より序曲 ほか

チケット 大人:1000円(当日1500円) 
     高校生以下:500円(当日800円)

チケット取り扱い アクロス福岡チケットセンター(092-725-9112)
         イズタ・バイオリン(092-713-7536)
※予約メールでチケット予約可能です。
         E-mail fsh-orch@bun.bbiq.jp

お問い合わせ  福岡西陵高校管弦楽部専用番号 080(1786)8900

主催:福岡西陵高等学校管弦楽部 福岡西陵高等学校管弦楽部保護者会 
共催:福岡県オーケストラ連盟
協賛:公益財団法人アクロス福岡
後援:福岡市 (公財)福岡市文化芸術振興財団 福岡ロータリークラブ 
全日本高等学校オーケストラ連盟 西陵会(福岡西陵高等学校同窓会)

THE 34TH REGULAR CONCERT BY THE FUKUOKA       SEIRYO HIGH SCHOOL ORCHESTRA

THE 34TH REGULAR CONCERT BY
THE FUKUOKA SEIRYO HIGH SCHOOL ORCHESTRA

Fukuoka Seiryo High School is a municipal high school administered
by Fukuoka City. It is the only high school in Fukuoka City with
a full orchestra. Presently, the high school has 103 students who
actively participate in the school orchestra.
The orchestra is directed by its conductor, Mr. Kazuhiro Matsuda.
In 2018, the orchestra was the only high school to represent
Kyushu in the “25th All Japan High School Orchestra Festa”, held
in Tokyo.
On August 9 (Fri.), the Fukuoka Seiryo High School Orchestra will
present its “34th Regular Concert” at the Acros Fukuoka Symphony
Hall. We will perform “Feste Romane”, the magnificent,
large-scalesymphonic poem written by Italy’s Ottorino Respighi.
With a spiritof youth and passion, members of the orchestra will
strive to put ona moving performance.
The concert will also welcome Mr. Daichi Nakamura as a solo
violinist.
Mr. Nakamura is a rising star in the music world, having become
the very first Japanese to win the top prize at the International
Johannes Brahms Competition. Please look forward to a joint
performance by Mr. Nakamura and our orchestra as we present
“Carmen Fantasy”, written by Pablo de Sarasante, a classical
piece known for its masterly violin section.
So, we invite you to come attend this moving high school
orchestral performance at the great Acros Fukuoka Symphony Hall.

DETAILS

Date: August 9, 2019 (Fri.)
Time: Doors open 18:00. Performance starts 18:30.
Venue: Fukuoka Symphony Hall (Acros Fukuoka)
1-1-1Tenjin, Chuo-ku, Fukuoka City, Fukuoka Prefecture
Performances: “Feste Romane” (Respighi)
“Carmen Fantasy” (Sarasate)
“Orpheus in the Underworld” Operetta Overture (Offenbach) and others.
Admission: Adults \1,000 (\1,500 at the door)
High school students and under \500 (\800 at the door)
No reserved seating.
Tickets: Acros Fukuoka Ticket Center (092-725-9112)
Izuta Violin (092-713-7536)
Information: Fukuoka Seiryo High School Orchestra
Tel: 080 (1786) 8900 (direct telephone number)

課題研究発表会〜西陵ゆめナビ2019☆〜

 7月11日(木)7時限目 42期3年生が進路実現へ向けて調査研究した進路先に関する情報、入試内容、今、取り組んでいること等を2年生へ向けて発表しました。テーマ毎にレジュメを作成し、それに沿って発表を聞く形式で行いました。発表した3年生は「相手が後輩でも緊張しました。自分の言葉で伝えることの難しさを感じたが、事前に調査していたお陰でスムーズに発表できた。」それに対して発表を聞いた2年生は「自分の進路実現に役立つ内容の話が聞けてとても参考になりました。」と話していました。
画像1 画像1 画像2 画像2

2年生キャンパスワークショップ

 「2年生キャンパスワークショップ」を実施しました。各大学から20名の先生方をお迎えし、19系統の学部・学科の中から、それぞれが希望する系統を選び、説明を受けました。「先生方の熱心な説明を聞いて、大学進学への意欲が増した!」という感想が多くみられました。ご協力いただいた大学の先生方、関係者の皆様、ありがとうございました。

(感想文より)

「福岡大学のスポーツの学部はどんなことを学ぶのか、今まで全く知らなかったのですが、今回の説明でよくわかりました。またスポーツと今自分が興味を持っている消防士は関係がないように思っていましたが、大学を卒業してから消防士になる方もいると聞いて、ますます興味がわきました。」

「福岡女子大学についての具体的な細かいことまで知ることができました。もともと受験大学として少し興味をもっていたので、その興味はより深まりました。一年間、寮で海外の方と一緒に過ごすことができると聞いて、とても貴重な体験ができるのだとびっくりしました。やはり、英語は大切だと思いました。」

「自分が希望している北九州市立大学の内容も含めて、主に経済や経営の話について知ることができました。経済や経営の学部は日本には少ない中で、福岡はその中の約40%を占めているというお話を聞いて、活躍できる可能性が高いのではと感じました。」

画像1 画像1
画像2 画像2

韓国姉妹校交流 記念品

画像1 画像1
画像2 画像2
韓国国立江原大学高校からの記念品の紹介です。
本校からは、博多曲げものを贈呈しました。

韓国姉妹校交流3日目 福岡空港に無事に到着

画像1 画像1
3日間の韓国姉妹校交流が無事に終わりました。参加した生徒29人は何物にも変えがたい素晴らしい経験をしたと思います。これは江原大学高校のホストファミリー、先生方、関係者、そして本校保護者、引率PTA、校長先生、担当の小野先生、旅行社の山崎さん、皆さんが知らない多くの方のおかげです。
感謝の気持ちを忘れず、近くて近い国の韓国との交流をこれからも続けて欲しいと願っています。

韓国姉妹校交流3日目 昼食のビビンバ

画像1 画像1
昼食にビビンバを美味しく頂きました!このあとは明洞でのショッピングです!

韓国姉妹校交流3日目 景福宮を観光

画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3
春川からソウルに移動し、景福宮(キョンボックン)を観光しました。幸運なことに、衛兵の交替を見ることができました!
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
行事予定
8/9 管弦楽部第34回定期演奏会
福岡市立福岡西陵高等学校
〒819-0041
福岡市西区大字拾六町字広石
TEL:092-881-8175
FAX:092-882-8079