最新更新日:2019/11/14
本日:count up164
昨日:267
総数:472665
令和2年度福岡市立福岡西陵高等学校推薦入学者選抜の要項等をUPしております。ご確認よろしくお願いいたします。

韓国姉妹校交流3日目 涙の別れ

画像1 画像1 画像2 画像2
ホストファミリーと別れは涙、涙となりました。この3日間の交流がいかに素晴らしかったかを物語っていました。来年、会えることを楽しみにしています。
今から、ソウル観光に向かいます。

韓国姉妹校交流のシンボルマーク

画像1 画像1
1991年に福岡西陵高校と国立江原大学高校との姉妹校交流を記念して植樹された桜の木の成長が、飾ってありました。まさに姉妹校交流のシンボルマークです。

韓国姉妹校交流2日目 ナミ島へ

画像1 画像1 画像2 画像2
2日目の午後は、船でナミ島に渡りました。ナミ島では、「冬のソナタ」のロケ地です。西陵生は江原生と共に、B級グルメやショッピングやサイクリングを堪能しました。今夜は韓国最後の夜です。楽しい夜になることでしょう。

韓国姉妹校交流2日目 昼食を学食で

画像1 画像1 画像2 画像2
韓国の高校は、学食での昼食が今年から無料になったそうです。何と羨ましい。キムチは毎日出るそうです。これまた美味しく頂きました!

韓国姉妹校交流2日目 美術の授業に参加しました!

画像1 画像1
美術の授業に参加しました。タイルを加工して鍋敷きを作製し、箸置きも作製しました!

韓国姉妹校交流2日目 交流式典

画像1 画像1 画像2 画像2
韓国側から、ダンス、伝統音楽、サイエンス研究発表が披露され、日本側から、学校紹介、ダンス、クイズを披露しました。大盛況でした。

韓国姉妹校交流1日目 ホストファミリーとの対面と歓迎式典

画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3
江原大学高校に到着すると、大歓迎が待っていました。そしてホストファミリーの熱烈歓迎。歓迎式典のあとは、各ホストファミリーとの夕食と活動。明朝の報告を楽しみにしています。

韓国姉妹校校交流1日目 サービスエリアにてB級グルメを堪能

画像1 画像1
名物のくるみ饅頭、栗パン、チーズホットドッグを、シェアしながら堪能しました!

韓国姉妹校交流1日目 空港に到着

画像1 画像1
本校は韓国の江原大学校師範大学附設高等学校と姉妹校交流を30年以上行っています。
今日から3日間の姉妹校交流が始まります。引率教師3人、PTA役員3人、生徒29人が無事に韓国仁川空港に到着しました。バスで春川に向かっています!

男子テニス部、県大会出場

画像1 画像1
先日、インターハイ予選及び九州大会予選会中部ブロック大会が春日公園で行われました。
個人戦ではシングルスで3年生の岡田佳大(西福岡中出身)がベスト8に入賞し、個人戦では西陵初の県大会に出場しました!
また、団体戦でも中部ブロックで5位入賞を果たし、2年振りに県大会に出場しました。
県大会では折尾愛真高校に敗れましたが、3年生中心に感動的な試合を行うことができました。
代交代を行い、次は43期が中心となって、新人戦でも県大会に出場できるように頑張ります。応援の程、よろしくお願いします!

水無月20. お客様いらっしゃいませ!

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
1年生の探究「アイデア屋」は「屋」ですから、お客様がいらっしゃいます。課題解決を依頼していただいた「クライアント様」です。でも、お代はいただきません。高校生はアイデアを無料で提供する代わりに、「世の中」を学ぶ機会を頂いています。
クライアント様はもちろん社会人。お忙しい仕事の合間に教室へやってきてくださいました。そして、アイデア屋の生徒たちに課題を御提示くださいました。
例えば、木の葉モール橋本様は「木の葉モールにより多くの人が集まるよう、大人も子どもも楽しく過ごせるガーデンコートのイベントや活用案を提案してください。」
徳正寺様は「もっと多くの人にお寺が親しまれるようにするために、お寺はどんなことができるかを提案してください。」
福岡市市民局生活安全部消費生活センター様は「若者の消費者トラブルを防ぐためには、どのような取組をしたらよいか提案してください。」
という課題と、これまでの取組やこの課題を解決するべき理由などを語ってくださいました。
生徒にとっては珍しい、先生でも親でもなく、社会人と向き合って仕事をする経験です。中学校時代の「職場体験」とは一味違い、仕事を教えてもらうのではありません。はじめてのビジネスパートナー経験。拙いながら西陵生は真剣にクライアント様に向き合い、お話を伺いました。

高校生ですから勿論、ビジネスと呼べるものではありません。クライアント様のご厚意でこのような学習機会を得られ、生徒が成長していきす。
本年度の「アイデア屋」は14の企業・機関・団体にご協力頂いております。クライアントの皆様、ご協力誠にありがとうございます。

皐月22.1年生、探究チーム発足

「アイデア屋」では、生徒が少人数のチームをつくり、協働して課題解決に取り組みます。そしてその成果を他チームと競い合います。これは「世の中の働き方」そのものです。
1人で出来る仕事はほとんどありません。チーム内で自分の役割を見つけ、役割を果たし、チームメートと協力して成果を上げる。そのためには、「言われたことだけやっていればいい」は通用しません。自分のチームを成功させるために何ができるのかを考えながら、しかも互いの良いところを出し合いながら行動する必要があります。
チーム発足にあたり、1年生は「新聞紙タワー」のActivityに取り組みました。独創的なアイデアのある人、丁寧な作業ができる人、指示が上手な人、計画の変更を提案できる人、それぞれの特性が見えていました。
協働し、試行錯誤し、挑戦する。それが本校の「総合的な探究の時間」の勉強です。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

令和のFukuokaを創造。 新プログラム「アイデア屋」

本年度の第1学年(44期生)から「総合的な探究の時間」をスタートさせました。1年生では「福岡西陵高校アイデア屋」というプログラムに取り組みます。
この授業には教科書がありません。何を学ぶのか決まっていません。だから、ワクワクして、ためになり、やりがいとチャレンジンのある、福岡西陵らしい授業を始めることにしました。
福岡西陵は「市立」の高校として、成長都市「Fukuoka」の未来を育てています。本校の生徒は福岡市の未来、この街の宝です。「福岡西陵高校アイデア屋」は生徒たちを逞しくする授業です。
地元福岡の企業や、市役所、区役所が抱える「課題」、この街に実在している「課題」の解決に西陵生がチャレンジします。
高校生の豊かで斬新なアイデアが街の課題解決につなげられれば、福岡の未来は明るい!(と思います)

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

福岡西陵高校剣道交流会

6月29日(土)に福岡西陵高校で「福岡西陵高校剣道交流会」が行われました。近隣の中学校から男女合わせて12チーム80名程の生徒が集まりました。これからも地域の中学校との交流が続くと嬉しいです。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

悪天候時の対応について

「悪天候時の対応について」を掲載しております。ご確認よろしくお願いいたします。
悪天候時の対応について

西陵祭 2

管弦楽部のコンサート、サイエンス部の実験など、文化部の生徒たちは

お客様を楽しませるためにとてもよく頑張っていました。

今年の西陵祭はみんなの笑顔がとても印象的でした。

ご来場頂いた保護者や地域の方々、ありがとうございました。

今後とも福岡西陵高校をよろしくお願いいたします。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

西陵祭 1

1年生全員で取り組んだモザイクアートは素晴らしい完成度でした。

体育館や中庭のステージ企画もとても盛り上がっていました。

各クラスの出し物も行列ができるほど大盛況でした。

お忙しい中西陵祭にご来場いただいた皆様、

本当にありがとうございました。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

第21回西陵杯(小・中学女子ソフトテニス福岡大会)を実施!

 6月15日(土)、今津運動公園12面に36チーム、西部運動公園10面に30チームを招いて西陵杯を開催します。中学生の大会ですが、今回は初めて小学生も招きました。西陵女テニの宣伝もですが、年代を超えたソフトテニス交流ができると嬉しいです。

画像1 画像1
画像2 画像2

男子テニス部2018年度活動報告(春季学年別大会)

画像1 画像1
男子硬式テニス部の2018年度の活動を報告いたします。
3月末に九州国際テニスクラブで行われました第66回春季学年別大会に出場しました。
夏・冬・春と年に3回行われています。春の大会は、新3年生にとっては最後の学年別大会であり、非常に思いの込もった大会となりました。
3年生の岡田佳大(西福岡中出身)がシングルスでベスト4。またダブルスでは2年生の岩野勇大(原北中出身)と組んで準優勝という結果を残しました!
年度の締めくくりとして、非常に良い結果が出て、チームとしても活気づきました!

男子テニス部2018年度活動報告(全国選抜大会)

画像1 画像1
男子硬式テニス部の2018年度の活動を報告いたします。
3月末にありました第41回全国選抜高校テニス大会では、毎年各都道府県から勝ち上がった全国の高校生たちが、一同に福岡に集結します。その全国大会の運営並びに審判員を、福岡の高校生たちが行うことになっています。
全国レベルの高校生たちの球のスピードは、まるでプロかと思うほど速く、全国優勝を争うとあって、1ポイント1ポイントの緊張感が違います。
その中で審判員をすることで、生徒たちも大きく成長することができました。
福岡西陵高校は団体戦の準決勝・決勝、そして個人戦の準決勝・決勝の審判をしました。
写真は決勝戦のあとに、審判員で撮った写真です。
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
行事予定
10/7 中間考査
10/8 中間考査
生徒会新旧挨拶
10/9 生松小学部交流
10/10 国際集会
10/11 生松小学部交流
2学年PTA進路研修会
研修旅行説明会
福岡市立福岡西陵高等学校
〒819-0041
福岡市西区大字拾六町字広石
TEL:092-881-8175
FAX:092-882-8079