最新更新日:2020/08/05
本日:count up25
昨日:378
総数:598389

管弦楽部 全国大会 1

画像1 画像1
画像2 画像2
 管弦楽部は、東京で行われた「第25回全国高等学校選抜オーケストラフェスタ」に、1,2年生73名で出場しました。
 この大会は高校オーケストラの大会の中では最も大規模な大会で、今回は全国から約4,300名が参加しました。本校管弦楽部は8年ぶりの選抜出場で、九州からは一校だけだったので、本番直前まで全国の場で通用する演奏ができるか心配でしたが、練習の成果を出し切ることができました。演奏したのは、オッフェンバック作曲:喜歌劇『天国と地獄』より序曲です。
 10名の講師の先生方から講評をいただいたので紹介します。

「すばらしい演奏でした!!丁寧に、全員で一体となり、この曲を演奏している姿に感動しました。大好きな音楽を真摯に純粋に表現している演奏は聴衆をひきつけていました。高校オケの模範となる演奏です!来年も期待しています!ブラボー!」

「演奏は全員が音楽の流れ、響きの美しさ、スコアをしっかりと理解して伸びやかに表現していました。チェロとヴァイオリンのソロは瑞々しくすばらしい!支えるメンバーもただ合わせるだけでなく、ソロを音楽でつつんでいて一体感がありました。管のサウンドも柔らかく、オーケストラとしてすばらしい演奏です。」

「西日本の有名な高校オーケストラを聴くことができて大変嬉しく思いました。全体のバランスは弦の響鳴が増すとさらに良くなります。」

「素晴らしい演奏をありがとう!!全体のバランスも大変素晴らしく各楽器群の高い技術力、音質、音色、リズム感、すべてが申し分のない演奏です。先生のしっかりした音楽観、また指導力によって最高の演奏です。今後益々の発展と活躍を祈っています。」

「オーケストラとして全体の響きが一つに溶け合っていて大変良いですね。音程がしっかり合っている事、管と弦のバランスが良いこと、これがよく守られていて美しい響きを作り出しています。曲の表現もしっかりとしていて、ヴァイオリン等各ソロパートも良く弾かれていました。」

「全体的に透明感のある音色がとても美しかったです。色々な楽器にソロが出てきますが、皆さん自由にのびのびと演奏して好感が持てました。欲を言えばもう少しボリュームがあると良かったと思います。ソロが楽器にスポットライトが当たったようになるとすてきです。」

「クラリネットソロ、ヴァイオリンソロ、ブラボー!このオケの実力がフルに発揮された満足のいく演奏でした。」

「冒頭の響きから調和が感じられ、その後に続くソロはすばらしい音楽を奏でました。金管楽器のハーモニーに感動し、曲全体に行き届いた表現に聞き手を引き込む力を感じました。」

「クラリネットのソロ、落ち着きのあるいい演奏でした。ピアノのサウンドが優しく西陵の特徴を感じました。打楽器をはじめ冷静に音を聴き合って合奏をしている様子がよく分かり、とても涼しい風が吹き抜けるようでした。」

「2日目のオープニングにふさわしいすばらしい演奏でした。ヴァイオリン、チェロの独奏ブラボー!弦楽器と管楽器のバランスが良く、大変良くブレンドしていました。全体に流れがあり安心して聴けました。弦全体が柔らかく相当な練習のあとがみられます。すばらしい演奏をありがとう。」

 講師の先生方の講評とご助言を大切に、これからのより良い音楽づくりに活かしていきます。
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
福岡市立福岡西陵高等学校
〒819-0041
福岡市西区大字拾六町字広石
TEL:092-881-8175
FAX:092-882-8079