最新更新日:2017/11/21
本日:count up116
昨日:269
総数:263866
11月24日(金)〜11月29日(水)2学期期末考査!自己ベストを目指そう!!

サイエンス通信7号刊行!

 みなさん、こんにちは。サイエンス通信編集部です。
 夏休みにサイエンス部で活動した「緑色蛍光タンパク質」を合成する、先端の科学実験の内容を掲載した第7号が完成しました。オワンクラゲがもつ、緑色の蛍光タンパク質GFPを試験管の中で合成しました。実験の様子や流れを詳しく載せていますので、是非ご覧ください。校内にも掲示しています。

サイエンス通信7号

1DAY SEMINAR〜英語で化学実験〜

 8月16日(水)全文英語による実験書を使用して、「英語で化学実験」を実施しました。午前は「Air」、午後は「Water」という単純なテーマで、それぞれの特異的な性質を体感しながら考察していく実験を行いました。実験自体は単純なものばかりですが、実験書を翻訳していきながら進めていくところに、普段の理科実験以上の難しさがあったようです。理系大学等(特に理科専門)へ進学した際は、もちろん先行研究の英語論文などを読み解く勉強もしていくことになります。そのため、高校生のうちから少しでも科学的な表現方法や物質名が英語で表現できることがプラスになります。次回のみなさんの積極的な参加を待っています。
画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3

純真学園大学 サイエンスキャンプ2017参加

 8月5日(土)南区の純真学園大学で開催されたサイエンスキャンプ2017に、本校サイエンス部と一般生徒5名が参加をしてきました。「生命を科学する〜消化器を旅してみよう〜」というテーマのもと、消化器のしくみとはたらきを学習し体験するというプログラムに参加をしました。午前中は、消化のしくみに関する詳しい講義を受け、午後から医療系の器具や機械を使用しながら、多くの臨床体験をさせてもらいました。かなり専門的に内視鏡や腹腔鏡手術の体験、腸内の常在菌を観察、便の病理検査やCTによる断片画像の観察など、普段では体験できないことばかりでした。来年度もあるそうです。看護医療系への進路を考えている人は良い経験になりますので、是非参加して下さい。
画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3

GFP合成実験

 8月1日(火)終日かけて、サイエンス部と理科教員による緑色蛍光タンパク質(GFP)を合成する実験を行いました。−80度状態で、実験用のキッドが午前中に届き、試薬を混合して37度条件下で4時間反応させた後、その溶液とコムギ胚芽の抽出液、アミノ酸溶液を混合して、翌日まで反応させました。普段使用しないマイクロピペットを使用しての細かな操作の実験だったため、かなり集中して実験をする姿が見れました。内容に関しては、サイエンス通信の方で詳しく触れたいと思います。
画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3

3年生理系 大学出前講義 その2

 7月13日(木)3年生理系対象に行われた出前講義の内容を一部紹介します。近畿大学産業理工学部生命環境科学科の菅野憲一先生にお越しいただき、「科学捜査『ルミノール反応』」という講義テーマで行っていただきました。事前調査でも希望者が多く、テレビドラマ等で見る警察の鑑識官がしているようなことができるのではないかと、わくわくしながら講義に臨んでいました。
 内容は、動物の血液を使い、どこまで薄めた血液までルミノール反応で検出できるかという実験をメインに行いました。10倍、1000倍、そして10000倍まで薄めた血液までルミノール反応で蛍光を観察することができ、本当に微量の血液でも検出が可能なことに驚きました。ルミノール反応は、科学捜査以外にも健康診断や遺伝子診断など、幅広い分野で使用されているそうです。
 今回の実験講義を希望した3年生が、これまで以上に科学に対する関心が高まり、今後の進路に少しでも役立つことを期待しています。

 
画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3

3年生理系 大学出前講義 その1

 7月13日(木)3・4限目において、3年生理系全クラスを対象とした大学出前講義を実施しました。今回は4校の大学の先生方にお越しいただきました。生徒たちには事前に、自分の希望する大学、将来の職に関するテーマや興味のあるテーマを選択させ、希望の講義を受講させました。
 理数教育の普及活動として始めた出前講義も3年目になり、最先端の情報・物理・化学・生物・地学分野における研究内容をはじめ、看護や栄養系の職に関する現場での具体的な話まで、様々なテーマで講義をしていただきました。
 今回は、実験室で生徒による実験を取り入れた出前講義もしていただきました。校内において大学の先生の指導を受けながら実験をする機会はないため、生徒たちは楽しみながらも真剣に取り組んでいました。その他の講義の内容もあわせて、本日来ていただいた大学と講義テーマを以下に紹介します。

1.九州工業大学 「技術者ってかっこよくって、わるくない
          〜アニメや映画にみる技術者の姿〜」
2.純真学園大学 「看護を知っていますか?」
3.近畿大学   「科学捜査『ルミノール反応』」
4.福岡大学   「原子の時計で究極の時間をはかる」

 次回は、12月に2年生理系クラスの生徒を対象に大学出前講義を予定しています。
画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3

サイエンス通信5号!6号!刊行☆

 みなさんこんにちは。サイエンス通信編集部です!遅くなりましたが、通信の5号と6号が出来上がりました。5号は、昨年度末に本校に来た究極のエコカーと言われるトヨタの「MIRAI」を紹介しております。6号では、西陵高校に生息する生物の一部を紹介しております。もちろん、サイエンス部の活動も載せています。本年度も継続してサイエンス通信を発行していきますので、是非ご覧ください。

サイエンス通信 第5号

サイエンス通信 第6号

西陵祭サイエンス部☆

 6月10日(土)の西陵祭において、サイエンス部では、科学実験をメインとした科学の世界を講義室において公開しました。展示物としては、実際に触れて、考えてもらう科学おもちゃをはじめ、昆虫標本や昨年度実施した課題研究の成果ポスターを展示しました。科学実験では、ミニ実験を8テーマ用意し、常に見ることが出来る実験を公開しました。メインとなった液体窒素の実験ショーは、演示時間を設定し4回実施しました。昨年度の西陵祭と比較すると、とても内容の濃いものとなりました。来年度はさらに科学を身近に感じてもらえるような企画を考えていきたいと思います。
 限られた時間ではありましたが、多くの方々にお越しいただきました。大変ありがとうございました。
画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3

九州大学筑紫キャンパス開放

 5月13日(土)春日市にある九州大学筑紫キャンパスで行われた「キャンパス開放2017」に参加しました。サイエンス部では、毎年恒例の行事で、今回で3回目になります。今回は、女子バレー部と2年生の理系の生徒の参加も含めて30人の参加となりました。もちろん毎年、研究は進んでいるため、先端の研究をはじめ、新しいイベントも追加されるなど見どころたくさんのキャンパス開放となっています。
 今回注目したのは、ロケットの打ち上げでした。広い運動場の中心から空高く、手作りのロケットを真上に打ち上げ高度を測定するイベントが開催されていました。たくさんの観客がいる中で3回の打ち上げが行われましたが大成功となりました。その他、様々な研究分野、研究内容等をわかりやすく説明して頂き、大変充実した1日となりました。
画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3

福岡県青少年科学館訪問

 4月29日(土)サイエンス部で、毎年恒例となりました新入生歓迎科学館訪問を行いました。久留米市にある福岡県青少年科学館において、科学体験ができる展示物に触れ、サイエンスマジックショーを見学し、科学の楽しさを改めて実感してきました。ショーの後には、実演していただいた先生の特別講習を受けました。
 今年度、まずは6月の西陵祭を成功させるべく、昨年度以上の演示実験とプチサイエンスショーを練習し、たくさんの方にお越しいただけるよう部員一同で取り組んでいきたいと思います。
画像1 画像1 画像2 画像2
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

年間行事予定

西陵の風

学校評価・学校サポーター会議

学校教育目標・経営方針

学校紹介パンフレット

感染症による出席停止願い

理数教育活動紹介

部活動関係

福岡市立福岡西陵高等学校
〒819-0041
住所:福岡県福岡市西区大字拾六町字広石
TEL:092-881-8175
FAX:092-882-8079