潮中生の課題  R03.03.23


1年を振り返って反省するとき
たいてい4月に決めた目標が大事になる
その目標が
「1日に1時間勉強する」といった努力目標なら
反省は「できた」か「できなかった」という
きわめてレベルの低いものになる
しかし
4月当初の目標が
「文協テストで8割取れるだけの学力をつける」といった達成目標なら
反省は自分の成長の変化を見取るものになり
反省のレベルとして高いものになっていく
ただ
ここではあえて
4月当初の目標とは違ったものさしで
潮中生に1年を振り返ってほしいと思う

人間としての成長で求められるのは
縦軸の成長と横軸の成長になる
縦軸とは
自分がどれぐらい自立できたか
そして自分がどれぐらい成長意欲をもっていたか
この2つ
勉強にしても部活動にしても
可能な限り先生方の力を借りないでがんばれたか
目標を明確にして自分を成長させたいと思っていたか
こうしたことが大事なポイント

横軸とは
人とつながる力であり
人と人をつなげる力になる
これがこの1年でどれぐらい伸びたかがポイント
学級や部活動等の場面において
まわりの人と協力できたり
クラスや部活動全体をまとめたり
そんな動きをどれぐらいがんばれたかが大事になる

さて
ここで自分を振り返ってごらん
自分は縦軸の方が伸びている?
それとも横軸の方が伸びている?
校長先生が見る限り
潮中生は圧倒的に横軸に力を入れている
そして縦軸の方に若干不十分さを抱えている

覚えておいてね
横軸にばかり力点を置くと
人間関係で挫折する人が増えるんだ
横軸重視は
同調圧力が生まれやすくなり
苦しい思いをする人を生み出してしまう

横軸を伸ばしたければ
縦軸をしっかり固めること
一人一人が依存心を捨てて
しっかり自立しようとするとき
横軸も強靭なものになっていく
横軸だけを追求しただけでは
表面的な人間関係になりやすいけど
みんなが縦軸を追求したとき
本物の仲間が生まれる確率が高くなり
強い横軸が築かれるようになっていく

これが
潮中生の課題だと
校長先生は考えています
この言葉の意味を
潮中生一人一人が理解できたとき
ただでさえステキな潮中生が
もっともっとステキになっていくと
校長先生は思います

これからも
潮見中を
ステキな学校にするために
みんなでがんばって下さいね!