節分の行事食

画像1画像2
2月2日(火)給食こんだて
【鰯のかば焼き丼、野菜のゆず昆布和え、吹雪汁、黒糖大豆、牛乳】

今年の節分は124年ぶりに2月2日です。
節分という言葉は「季節が分かれる時」という意味があり、厳しい冬が終わり、春に向かう節目の日です。

節分では、柊に刺した鰯の頭を戸口に飾り、「鬼は外、福は内」と豆まきをします。
鰯の頭を飾っておくと、鰯の臭いに弱い鬼は、家の中に入ってこれなくなると言われています。
給食では、鰯を使ってかば焼き丼を作りました。
骨まで食べられるように油でじっくり揚げるのがコツです。

豆には「魔(ま)を滅(め)する」力があるとされ、昔から大切にされてきました。
豆まきで鬼に豆をぶつけて悪いものを追い払い、豆を食べて一年間病気にならず健康に暮らせますようにと願います。

給食室では「子どもたちが元気に過ごせますように」と願いを込めて黒糖大豆を作りました。
黒砂糖を釜で煮詰めて大豆をコーティングしています。


甘い黒糖大豆が子どもたちに大人気でした。
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            

学校だより

【1年】

【2年】

【3年】

【4年】

【5年】

【6年】

月行事予定

学校経営

その他配布文書

HP掲載資料

園だより

すてきななかま

幼稚園評価

幼稚園 行事予定

幼稚園 その他の配布文書

申請文書