端午の節句の行事食

画像1画像2画像3
4月30日(金)給食こんだて
【ちまき風中華おこわ、小松菜スープ、手作りかしわもち、牛乳】

5月5日は、端午の節句です。「こどもの日」とも言います。
「端午」とは、「月の初めの5日目」という意味です。

端午の節句は、男の子の節句として、鯉のぼりや兜を飾ったり、しょうぶが入ったお風呂に入ったり、子どもたちが元気に育ってきたお礼や、これからも健やかに成長してほしいと願いをこめてお祝いします。

端午の節句のごちそうは、若葉が使われた「ちまき」や「かしわもち」です。
給食では、ちまき風の中華おこわと手作りのかしわもちを作りました。

柏は昔から神聖な木とされ、その葉で巻いたかしわもちは縁起の良い食べ物とされています。

調理員さん達は今日だけ和菓子職人に変身!
麹町小学校の子どもたちの元気な成長を願って、650個のかしわもちを一つずつ丁寧に作りました。


子どもたちは、給食室で一から作ったかしわもちに「すごーい!」「大変だ!!」と驚いていました。
味わって食べていた様子に嬉しく思います。

ご家庭でもぜひ話題にしてみてください。
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

学校だより

月行事予定

その他配布文書

幼稚園評価