6月4日ゼミでの学び(7期生丹羽)

画像1
 こんにちは!!7期生の丹羽です!もう6月なんてとっても早く感じます。今は紫陽花がとっても綺麗な時期ですよね。最近綺麗だなって思ってとった一枚を載せさせていただきました!!

 本日は、6/4に行ったゼミでの学びの振り返りをしたいと思います。

 私たちは、現在、一回のゼミに2人ずつ、道徳の模擬授業を行っています。
この日の先生役は池戸さん、田中くんでした。2人ともお疲れ様でした*

 池戸さんは、堂々と立っていて明るい先生で、授業のテンポ感がとっても良かったのが印象的です。また、1人ひとりの発言する回数が多く、みんなの活躍の場が創られていてとってもいいなと感じました。低学年がわかりやすい、はっきりとした発問で、考えやすかったです。

 田中くんは、とっても緊張していましたが、面白くて男らしい先生でした。なかなか子供から引き出し意見が出ず、苦戦している様子もありましたが、動いてる時間の中でもどうしていったらいいのか考えていた中で、自分の生活と結びつけていた点が、子供たちにとっても考えやすくてとってもいいなと思いました。

 2人の授業をみて、とっても学びになりました。私も次が授業の担当なので頑張っていきたいと思います。そんな中でも今回の授業を通して、大切にしていきたいと思ったことが4つあります。

 1つ目は、間をとることです。一方的に話すのではなく、間を取り、子供たちが受け入れる時間や反応を見る時間を大切にしていきたいと思います。

 2つ目は、気持ちばかりではなく、なぜ?って聞いていくことです。そうやって聞いていくことで、子供たちに感じてもらいたい高い価値に出逢わせることができるからです。

 3つ目は、価値がある意見が出たとき、どんどんほかのこに向けて「これどう思う?」って重ねていくことで深めていきたいです。

 4つ目は、大事な時は止まって、みんなをながめること、大事なことは静止していうことです。緊張していると、落ち着きがなくなってしまうかもしれませんが、届けたいものを届けるための時間、大切にしていきたいと思います。

 今回で、6人の生徒の模擬授業が終わりましたが、初期の頃の授業からどんどん積み重なっていっており、みんなが授業の中で使えるように技も増えていったように感じます。みんなでやった学びの大切さ、積み重ねていく大切さを感じます。そしてそれが形になって見えること、本当に素敵ですよね。

 残りのみんなの授業もとっても楽しみです!*ゼミ生のみんなと玉置先生と沢山学び続けていきたいと思います◎ (7期生丹羽)
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31