6月14日 8期生ゼミでの学び(柴山)

画像1
 こんにちは!8期生の柴山です。芝田くんの「芝」の字が「柴」によく間違えられているのは私の柴が原因なんじゃないかと最近思っています(笑)。

 今回のゼミも、引き続き先輩の指導案を基に模擬授業を行いました。授業者は伊藤くん、新谷さんでした。
 
 伊藤くんの授業は小2算数「形をしらべよう」でした。
 授業中の机間巡視で、「点に着目して考えてくれたんだね」のように子どもの思考を価値づけ、オープンカンニングをしていた点、授業のゴールが明確でわかりやすかった点、緊張を感じさせることなく、授業者が楽しい雰囲気で授業をしていた点などがとても素晴らしかったです。

 検討会からの学びとしては、
・「よし」などのように先生が正誤判定をしてしまう言葉を用いないこと
・指導案を持って授業行わないこと
・一番大事な発問は真ん中の教壇で行うこと
が挙げられました。指導案を持って授業をしていると、「そこに何が書いてあるの?」と平気で子どもは突っ込んでくると聞き、少し血の気が引きました。
 
 新谷さんの授業は、小2国語「ことばあそび」でした。
「列ごとに音読するけど、どこが一番元気かな?」と発問し、子どもの意欲を引き出していた点、身振り手振りをつけて音読を飽きさせないよう工夫していた点、なにより、子どもへの言葉がけが授業内で多かった点が流石だなと思いました。
 
 検討会からの学びとしては、・「〜な気分で読みましょう」などのように指示すると、「強く」「弱く」より子どもは感情を載せやすくなること
・本筋から逸れた意味で捉えられてしまう発問にならないよう、言葉選びを気をつけること
・ なんのためにこの活動をするのか説明することも大切であること
が挙げられました。授業の脱線や混乱を避けるために、言葉の用い方は気をつけなければならいないと強く思いました。

 二人とも、これまでのゼミでの学びが大いに活かされており、授業の流れもスムーズであったので、児童役として参加していても授業の世界に引き込まれました。

 模擬授業終了後に授業風景のビデオを見ましたので、そこでの学びについても記録させていただきます。

 寺尾さん、前野さんの言葉を借りるなら、「先生は正誤判定者ではなく学びのコーディネーター」であるということが、全体を通じての大きな学びです。ついつい「よし、いいね」「言い間違えをしてくれました」などと正誤判定ととれる言葉を言ってしまいたくなる場面があります。しかし、その言葉がけは、子どもの思考を止めてしまうことに繋がってしまいます。そのため、子どもの発言から次の思考に繋げることができる言葉がけをして心がけていきたいと思いました。

 回を追うごとに、全員今までの学びを還元していてすごいなと感じさせられています。実習という本番の機会も近づき、今のうちに少しでも多くのことを吸収しなければという思いがどんどん強くなっています。みんなで良い先生になれるよう、みんなでこれからも学び続けていきたいです。伊藤くん、新谷さん、模擬授業お疲れ様でした!(柴山)
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31