教育の概要

1 学校・地域の特色

 本校は、地域・家庭とともに和泉の教育を推進し、子どもたち一人一人が、人にやさしい・自分につよい子として育つ教育を目指している。地域は、子どもたちの先生として、教材・教室として、また家族として、学校への全面的な協力を惜しまない。本校は、明るく・元気な和泉の子が育つ地域密着型の学校として機能していくことを地域から期待されている。

2 教育目標

『 人にやさしく 自分につよく 明るく 元気な 和泉の子 』

3 平成29年度 学校経営方針

教育理念

 子供たちには、変化の激しいこれからの社会を生きるために、確かな学力、豊かな人間性、 健康・体力という知・徳・体の力をバランスよく育てることが重要です。 そして、子供たちの「生きる力」を育むためには、学校、家庭、地域の協力関係のもと、基礎的な知識・技能を習得させ、それらを活用して次のことを実現できるよう、以下の4点について育成していきます。
○他者を思いやり、自己を律する心をもち、生命や人権を尊重する豊かな心
○自ら学ぶ意欲をもち、主体的に課題を解決する資質や能力
○たくましく生きるための健康と体力を身に付け、何事にも積極的に取り組む意欲
○郷土に対する愛着や誇りをもち、伝統的な文化の継承と発展に努めるとともに、社会の変化に対応できる力

学校経営の柱

 子供たち一人一人が、毎日学校に通うことが楽しみにできるよう、日々充実感にあふれ、安定した状態で教育を推進していく必要があります。
 そのために、校長が示す学校経営計画のもと、教職員が組織的に質の高い教育の推進に力を発揮する必要があるとともに、学校の教育目標を達成するためには、学校だけではなく、家庭、地域の連携や協働が必要です。
 学校経営の柱として、「教育の質の向上」「組織の充実」「家庭・地域との連携・協働」の3つを 経営の柱とします。
(1)第1の柱 教育の質の向上 : 知・徳・体の調和
 ・法令や学習指導要領等に基づいた地域や学校の実態、児童の心身の発達段階や特性に応じた教育。
 ・生きる力を育むことを目指し、基礎学力の定着・向上、家庭や地域と協力できる基本的な生活習慣や社会性の育成。
 ・子供のよさや可能性を引き出し伸ばす教育を推進するとともに、東京都教育委員会指定のオリンピックパラリンピック教育推進校・千代田区教育委員会研究奨励校としての研究を通して、素直で明るく、心身共に健やかな子供の育成。
(2)第2の柱 組織の充実 :協働する組織
 ・法令を遵守し、公平・公正で服務に厳正な教職員
 ・組織人としての責任感、協調性を有し、教育に対する熱意と使命感をもった教職員
 ・心身共に健康で、豊かな人間性と思いやりを身に付けた教職員
 ・校長が示す「学校経営計画」の具現化に向け、目標の達成に向かう組織
 ・学校に関わる各種の調査、評価を基に改善・工夫に努め、高い志をもち目標にチャレンジする組織
 ・保護者、地域と連携・協働する組織
(3)第3の柱 家庭・地域との連携・協働:学校運営協議会の活用
 ・学校が地域の学校として信頼される学校経営。
 ・家庭や地域の教育力を活用するとともに、地域の活性化にも力を発揮し、連携・協働する学校運営。
 ・保護者、地域の期待に応え、「子供たちや学校が地域の大切な財産である」ように「和泉小学校の教職員も地域の財産である」との評価の獲得。

学校経営方針の具現化に向けて

(1)教育の質の向上
●学力向上
 ・学力調査等の調査結果を活用して学習内容の定着状況を把握し、児童一人一 人の学びを支援するとともに、いずみこども園と連携してこども園と小学校の連続した学び を考慮に入れた教育を推進する。
 ・習熟度別指導による算数指導の充実、家庭学習の定着に向けて取組を推進する
 ・児童一人一人に基礎的・基本的な学習内容の定着と主体的に学ぶ意欲を育む。
●人間力向上
 ・規範意識の向上に向け、生活指導の重点事項を定め、家庭での教育と連携した組織的な対応を行う。
 ・全学年を通じて、社会のきまりを守ろうとする意識を高めるため、信頼関係 に基づいた児童に寄り添う生活指導を目指すとともに、新しい教科「道徳」の実施に向けて、道徳教育の一層の充実を図る。
 ・全ての児童が、自分に良いところがあり、自分のことが好きだと思えるよう自己肯定感を高める指導を行う。
 ・児童の体力向上を図るため、オリパラ教育等の充実を図る。
●一人一人に向き合う教育
 ・児童一人一人の学校生活に関わる調査を定期的に実施し、スクールカウンセ ラーと連携して、いじめや不登校、心の悩みについての相談にていねいに対応する。
 ・いじめ、不登校などの健全育成上の課題に対し、学校いじめ防止対策委員会を核としたケース会議の実施、町会・保護司・民生児童委員の方々との連携により、未然防止や早期解 決に向けた取組を充実する。
 ・異学年交流の充実に向けて校内の指導体制を強化する。
 ・国際理解教育の充実に学校をあげて取り組み、異なる文化的背景に対する理解を深めるとともに、日々の学習指導、生活指導に生かす。
 ・特別支援教室(  )に関して、通常の学級に通う特別な支援が必要な 児童に対する教育の充実のため校内研修等で教職員の知識や意識の向上を図る。
(2)組織の充実
●教員の指導力向上
 ・積極的に授業公開を行う中で、授業の流れやポイントを示した資料を提供し、主任教諭、主幹・指導教諭、管理職からの助言を受け、授業改善及び自己評価の基礎資料とする。
 ・主任教諭、主幹教諭が中心となった授業づくりの相談・支援など、年次研修の充実などの校内OJTの活性化を図る。
●事務の効率化
 ・経営支援部等による業務の効率化を目指す
 ・会議の精選および時間短縮、ペーパーレス化に努める。
(3)家庭・地域との連携・協働
●地域とともに歩む学校づくり
 ・地域町会やPTAの活動と積極的に連携し、学校・家庭・地域で 共に子供を育てるという意識を高める。
 ・コミュニティスクールとして、地域運営学校としての取組を推進する。
 ・教育目標や学校経営方針の保護者・地域への周知はもとより、ホームページや学校だよりにより定期的に学校の教育活動、情報を公開する。
 ・児童の登校時以降から下校時まで、児童の安全管理を徹底する。
 ・児童虐待、子供の問題行動等については、児童家庭支援センター、児童相談所、万世橋警察などの関係機関との情報・行動連携を図る。