進路指導

 

6年を見通した進路指導

本校では、「確かな学力の向上」と「キャリア教育」の考え方から進路指導を行っています。本校における「キャリア教育」とは、自己の個性や適性を理解し、現在や将来について真剣に考え、主体的に進路を選択し、自己の在り方や生き方について考える力を身に付ける教育のことです。1年生から6年生まで発達段階に応じて様々な取組が用意されています。

 

キャリア教育講演会

1〜3年は、職業人としての資質や能力、人間性、社会の仕組を知ることをねらいとし、4〜6年は専門性の高い学問への興味・関心を高め、学問を希求する気持ちを醸成することをねらいとしています。

<講演していただいた講師の方々>

 氏名( 敬称略)   講演内容 
 飯沼 誠司( ライフセイバー、俳優)   ライフセービングとの出会い 
 佐藤 真海( パラリンピック 義足のロングジャンパー) 
 佐藤 敬広( 東京都障害者スポーツ協会) 
 障害からの解放 
 そしてパラリンピックへ 
 谷川 真理( マラソンランナー)   忍耐は苦しいけどその実は甘い 
 池上 彰 
 (東京工業大学 リベラルアーツセンター教授、ジャーナリスト) 
 僕はこんなことを考えてきた 
 玄田 有史( 東京大学社会科学研究所 教授)   希望のチカラ 

大学学部学科模擬講義(4年)

大学の先生に来校していただき、興味のある学科の講義を受けます。平成26年度は以下の16分野の講義が行われました。

  • 経済学
  • 国際関係
  • 日本文学
  • 心理学
  • 教育学
  • 情報工学
  • 食物学・栄養学
  • 医学
  • 法学
  • 経営学・商学
  • 社会学
  • 化学
  • 機械工学
  • 薬学
  • 農学
  • 美術

大学キャンパス体験(4・5年)

実際に大学を訪れ、大学の規模の大きさを感じ取る体験をします。大学によっては実際に構内で講義を受け、大学での学びを体験します。5年生から6年生にかけて、将来自分がどんな人生を歩みたいのか、その夢を実現するためにはどの大学で何を学ぶべきなのか、ということを考えていきます。


卒業生からのメッセージ

森本 苑子さん

東京大学 文科二類
目黒区立油面小学校卒業

九段中等教育学校では6年間を通じて多種多様な経験を積むことができます。例えば全学年が一緒に行う学校行事に励むことで、先輩や後輩の姿から刺激をうけ、自ら行動することで自身の成長を年々感じました。学習面では普段の学習でも九段自立プランでも多くの独自の課題があり、そういった課題を達成することで確実な基礎学力が身に付きました。多くの人がこの学び舎で自分だけの経験を積み、成長を実感できることを願っています。

小橋 優志さん

東京工業大学 第6類
世田谷区立船橋小学校卒業

6年間を通して様々な独自の行事を体験できるのが九段中等教育学校の魅力の一つです。例えば、オーストラリア海外研修旅行では自ら課題を解決していく能力を養うことができました。このように、自立意識をもって行動できることの重要さは大学生である自分が今、身をもって感じています。また、九段ではグループワークが多く、よりたくさんの人と触れ合えます。そこで深めた友情は卒業後も消え失せることはありません。ぜひ九段の仲間となって新たな歴史を築き上げてください。

松居 朱音さん

一橋大学 社会学部
板橋区立舟渡小学校卒業

6年間を見通した九段独自の学習カリキュラムで、日々の授業と課題や考査に継続して取り組み、確実な基礎力を身に付けていたことは、受験期の大きな強みになりました。また、6年間同じ仲間と過ごすので、お互いをよく知った仲間と全力で行事に取り組めるのも魅力の一つです。文化祭や体育祭に、6年の最後まで全力を尽くせたことは大きな財産です。授業や部活動や行事で自分の可能性を伸ばしていける九段中等教育学校で、自分の将来を切り拓いてください。