研究スタッフ紹介

フェロー

・玉置 崇
Tamaoki Takashi
小学校教諭、中学校教諭、教頭、指導主事、教育事務所長、校長を経て、2015年より岐阜聖徳学園大学教授ならびに「授業と学び研究所」フェローに就任。著書には、「玉置流・学校が元気になるICT活用術―ICTは学校力向上ツール 」(プラネクサス)「学校を応援する人のための学校がよくわかる本(1)(2)」(プラネクサス)「スペシャリスト直伝!中学校数学授業成功の極意」(明治図書)「主任から校長まで 学校を元気にするチームリーダーの仕事術」(明治図書)など多数。
・神戸 和敏
Kambe Kazutoshi
中学校教諭(数学)→教頭→市教委指導主事→校長を経て、2015年4月より「授業と学び研究所」フェローに就任。高校時代に自動制御を学び、大学で「計算数学」を専攻し、ミニコンピュータによるプログラミングを学んだ。1986年度より、市内コンピュータ活用等に関わる委員や代表を2014年度まで行った。
・和田 裕枝
Wada Hiroe
小学校教諭、指導主事、教頭、小学校校長を経て2017年より「授業と学び研究所」フェローに就任。「学級づくり」「子どもの考えを引き出す算数授業」などについて模擬授業をとおして指導してほしいとの要請を受け、各市町主催の研修会や学校の現職教育の講師として訪問した回数は70回を超えた。
・大西 貞憲
Onishi Sadanori
東京大学卒業後、愛知県公立中学校・高等学校教諭として約10年間教壇に立つ。その後、ベネッセコーポレーションにて教育用ソフトウェアの開発等に従事した後、教育コンサルタントとして独立。現在は、主に小中高の学校教育現場で、授業技術向上、管理職のための学校の活性化、学校のIT活用等に関する指導・講演等を行っている。著書には、「授業アドバイザーが教える「授業改善」30の秘訣」(明治図書)」「大西流・授業の見方−授業を見る目を高めるノウハウ25」(共著)(プラネクサス)「学校を応援する人のための学校がよくわかる本(3)」(プラネクサス)などがある。
・下村 聡
Shimomura Satoshi
京都大学を卒業後、ベネッセコーポレーションに勤務。同ニューメディア研究所においてマサチュセッツ工科大学メディア研究所と共同で教育用ソフトウェアを開発。その後、約10年間米国にて教育用ソフトウェアの開発、経営コンサルティング等に従事する。帰国後は学校経営コンサルタントとして多数の私学の教育改革/学校評価等のプロジェクト、文部科学省の第三者評価に関する調査研究、江戸川区、西宮市、広島市、大阪市などの校務の情報化プロジェクトなどを担当し、現在に至る。
・後藤 真一
Goto Shinichi
大阪大学を卒業後、株式会社福武書店(現ベネッセコーポレーション)に勤務。中学校図書教材の企画開発・編集者として、多くのヒアリング調査を実施。その後、岡山に後藤教育研究所を設立。通知表全国調査や定期テスト作成に関する聞き取り調査など「実践レベルの学力観」に関する継続研究に参加。また、校内研究やICT活用をテーマとするプロジェクトで学校ヒアリング・レポートを担当し、現在に至る。後藤教育研究所代表。
RITL
授業と学び研究所
The Research Institute for Teaching and Learning