縦横無尽

 明日、後期中間テストがあります。今、テストに向けて放課後の学習支援が行われています。ホームベースはもちろん、教科教室で学習する生徒。さらにはメディアセンターや共通教室前のテーブルを利用して学習する生徒もいました。それぞれが思い思いの方法や場所で集中して学習に取り組んでいました。まさに縦横無尽と言ったところでしょうか。一人で黙々とがんばる生徒。友達と問題を出し合って取り組んでいる生徒。先生に教えてもらっている生徒。どんなやり方でも一所懸命に取り組んでいるみなさんの様子をみると心から応援したくなります。
 みんさんのがんばりが、明日の成果となってあらわれるよう祈っています。
画像1
画像2
画像3

気づく

画像1
 昨日、豊富っ子サミットが行われ、生徒会役員が参加し、町内各学校との交流を行いました。三年間、あいさつ運動とスマホやゲームの利用についてのルールについて取り組み、今回の交流で一度、節目をむかえます。
 各校での取り組みの交流から、現状を理解し合い、これまでのまとめを行いました。あいさつ運動は継続して取り組むこと。自分から積極的にすることが大切なこと。スマホやゲームについては、もっと自分たちで考えて、使用しなければならないこと。そして、いろいろな人と交流することはとても大切なことを確認してサミットを終了しました。
 さっそく、今朝、自分から大きな声であいさつする生徒会の役員。まずは気がついた人が、積極的に取り組む。そんな取り組みがまわりに影響を与え、大きな取り組みにつながっていくと思います。
 きっと、私たちのまわりには「気づき」の素材がたくさんあると思います。気づいた人は、何か行動してみて下さい。

冬到来

 初雪が遅かった今年。今朝、起きて外を見ると一面の雪。太陽の光もあり、空気も澄んで、さわやかな朝でした。ついに本格的な冬の季節がやって来ました。
 毎年のことではありますが、雪の降り始めで、まだまだ慣れていません。通学時など充分に気をつけて欲しいと思います。また、寒さも本格的になってきます。体調面での備えもしっかりとしましょう。
画像1
画像2
画像3

N君式勉強法

 月曜日に文協テストが終了し、結果が生徒に返っています。満足した生徒もいれば、思い通りに行かなかった生徒も・・・。
 その中で大きく点数を伸ばした2年生N君。担任の先生から話を聞いて、朝のあいさつの時に本人に直接、確かめました。どんな勉強法なのと聞くと、「友達と一緒に勉強しました。」との返事。では、友達も点数は上がったのと聞くと、「友達も上がりました。」と即答。
 勉強の仕方にはいろいろな方法があります。どんな方法が自分にあっているかはわかりません。困っている人は、N君式勉強法を試してみてください。新しい展開が見えるかもしれません。

自立のために

 週末、部活動の対外試合でバレー部、バドミントン部の選手達のがんばりがありました。日曜日には猿払村で管内PTA研究大会があり、保護者のみなさんと勉強をしてきました。
 講演では仲谷通恵先生のお話を聴かせていただきました。スマホやゲームが子ども達に与える影響について、わかりやすくお話しをしてくれました。依存症などの話を聞くと、自分はスマホやゲームがない時代に小・中学生を過ごして「よかった」と感じました。一方で今は、スマホやゲームがないということが、ほとんど考えることができない小・中学生。 子どもの自立のために、どのようにスマホやゲームと向き合うか。やはり、ここは大人の出番だそうです。保護者がしっかりと管理する。時間を決める(できるだけ1時間以内)。勉強しているときには近くに置かせない。できることから少しずつ取り組むことが必要だと感じました。
 仲谷先生いわく、自立とは「人を愛する」、「仕事を愛する」力だと考えているそうです。子どもたちがたくさんの人とのコミュニケーションの中で、自己実現をできる力が育つよう大人の力合わせお願いします。

しばれる

 朝、通勤しようと車の窓ガラスをみると、一面に凍っていました。豊富の気温はマイナス。「しばれる」という北海道弁がピッタリとあてはまる感じがしました。
 今年は例年になく、初雪の便りが遅く、記録がある中で最も遅い初雪になるのではないかとニュースで言っていました。記録と言われると何となく意識してしまいますが、冬は一歩ずつ近づいています。
 ところで、朝は身が引き締まるような気温でしたが、昼になって太陽に照らされると暖房がなくても校長室は30度近くあります。一時的に夏のようです。
 昼夜の寒暖差がとても大きくなっています。みなさん油断せずに冬の備えを忘れずに。

蓄える

 全校朝会があり、バドミントン部の表彰をしてから、お話をしました。みなさんにはこれから、ちょっと意識して欲しいことを言いました。それは、「蓄える」ということです。
 11月に入り、下校時間が早くなりました。それにともなって、様々な活動の時間も短くなります。このような時にどれだけ集中して、時間を意識した取り組みができるかで、その後の力の伸び具合が大きく違ってくると思っています。
 3年生は進路実現に向けて、どれだけの取り組みができたか。2年生・1年生は、進路の意識とともに、次年度の部活動や学校行事などを意識した取り組みができたか。実現するには少し長い見通しを持たなければならず、さらに地道な取り組みが続きますが、力を蓄えるにはとても大切な時期になります。
 私自身も経験し、教員になってからも生徒達をみてきて感じますが、この時期は本当に我慢の時期だといえます。この時期の我慢ができてこそ、みなさん方が蓄えた力を一気に爆発できるときが来るのです。

感謝

 3日(土)に吹奏楽部の定期演奏会が行われました。この演奏会は今年で16回目となる伝統あるものです。また、この活動で3年生が引退となり、今年のメンバーでの最後の演奏となります。
 当日は多くの保護者や地域の方々が来場されました。また、卒業生もかけつけてくれ、合同での演奏に協力してくれました。また、野球部員やその他の生徒も照明などで手伝いをしてくれました。また、たくさんの豊中生も吹奏楽部の応援に来てくれ、大きな拍手や手拍子をしてくれました。
 この演奏会にあたり、本当に多くの方々に感謝いたします。みんながつながる素敵な演奏会になりました。本当にありがとうございました。
 
画像1
画像2
画像3

自分たちで

 朝の打ち合わせで先生方から、うれしい交流がありました。それは委員会活動の取り組みが始まるとの話でした。生活専門委員会ではオンタイムや忘れ物などに関わる活動を始めるようです。また、文化専門委員会はクリスマスにむけて、メディアセンターの活用を増やす取り組みをすすめるようです。どちらの活動も、自分たちの生活を考え、よりよいものにしようとする自主的な活動です。忙しい中、準備などで大変だとは思いますが、委員のみなさんはよろしくお願いします。今からどのような活動になるのか楽しみにしています。
 
 ところで、明日、本校では吹奏楽部の定期演奏会が13:00より、体育館で行われます。ぜひ会場に足を運んでいただき、吹奏楽部にたくさんの声援をお願いいたします。

選択

 11月に入り、進路に関わる学習が本格的に行われます。3年生はもちろんのこと、2年生も大学訪問などの活動があり、自分の進路を考える学習を進めています。
 私もこれまで進路指導をしてきましたが、一番大切にしたことは自分で「選択」するということです。自分の人生、後悔しないように生きるためには自分で決めることが大切だと思います。
 でも、この「選択」ということが、とても難しいと感じます。選択肢は無限にあるのですが、ある程度、条件をつけてしぼらなければ、選択のしようがありません。つぎに、その選択肢の中から、どのように判断して、一つのものにしぼり込むのか。この判断力をつけるのは、日常の積み重ねしかないと思っています。
 私たちは、常に「選択」をして生きています。朝、玄関であいさつをするというのも、立派な「選択」です。あいさつをしないという選択肢もある中、豊中のみなさんはきちんとあいさつをしてくれます。ありがとうございます。他にも、朝食を食べる。勉強をする。部活動をする。遊ぶ。寝る。すべてがみなさんの「選択」です。
 まずは日常生活の中で、自分で「選択」する力をしっかりと身につけ、進路の実現をめざして欲しいと思います。
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
学校行事
12/13 フッ化物洗口
12/14 1年柔道授業
12/15 ウインターフェスティバル
12/17 校内授業研究
12/18 定例職員会議

学校だより