茶道部合宿3日目

画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3
今日は、大徳寺の塔頭である瑞峯院に行き、住職の方の法話を聞いたり、茶室を見学したりしました。ここにある茶室は、利休が建てたといわれる国宝の茶室(京都の妙喜庵にある待庵)を平成になってから移して作ったものです。しかしながら若干の違いはあるようで、様々なお話を伺いながらその特徴を学ぶことができました。
次に、大徳寺の本坊の特別拝観に行きました。ここでは、絢爛豪華な装飾がなされた国宝の唐門、狩野探幽が描いた障壁画が残る国宝の方丈、狩野探幽が描いた法堂の天井龍、豊臣秀吉の肖像画などを見学しました。
午後は、京都駅で買い物を楽しみ三日間の充実した合宿を終えました。
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31