息抜きとして(岡田)

 こんにちは。3期生の岡田です。専ら今は、すぐそこまで迫ってきている教員採用試験に向けての努力の日々です。仲間と共に互いに知恵を出し合い、学び合うことで、とても濃い毎日を過ごすことができています。ただその分、1日が経つのがとても早いです。それも濃い日々を送っている証拠だとプラスに捉えたいと思います。(笑)

 そんな中で、私が息抜きがてら見ている番組があります。それは、NHK「チコちゃんに叱られる!」という番組です。これは、みんなが当たり前のようにスルーしているようなことをチコちゃんが尋ね、それを答えられなければ叱られてしまう、という内容です。

 ここでは、
・こんにゃくの黒いつぶつぶは何なのか。
・なぜ1月で年は変わるのに、年度は4月で変わるのか。
・なぜ北海道だけ「道」なのか。
などといった、ジャンル問わず幅広い疑問がたくさん出てきます。

 どれもこれも、小学生が抱きそうな疑問ばかりであり、また、私自身「なぜだろう?」といった知的好奇心を非常にくすぐられます。息抜き感覚で見始めた番組ですが、その中でも一つの学びができ、また、この感覚こそが子どもたちの「知りたい」という感覚、そしてそこから分かったときの喜びなのかとも実感できる番組となっているため、私にとっては非常にためになっています。

 教員採用試験まで、あとわずか。子どもたちに感じてほしいこの感覚を私自身がまず大切にして、今の自分にできることを「やりきった!」と言えるようになりたいと思います。(岡田)

※ 写真はNHKサイトより
画像1
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30