私の心洗われています。(中澤)

画像1
 こんにちは。四期生の中澤佑太です。現在教育実習が一週間と三日間が過ぎました。おそらく皆さん笑っていただける状況に私がいると思い、記事にします。

 私は今子ども達と担任の先生によって、私の心が洗われています。以下子どもや担任の先生の言葉。

 「先生どんな修羅の道を歩んできたの?」「(子どもが子どもに向かって)ちょっと!中澤先生純粋だから、からかわないで!」「先生はじめての授業で失敗したからってあの先生駄目だからって思わないからそんなに落ち込まないで!」「先生って本当に人を傷つける言葉を使わないね」「先生って冗談を流せたら最高なのにね。」「先生頑張って!」「先生の一生懸命な姿がなんか心に響く。」等子どもの発言。

 「先生、現場に行ったら死ぬよ(笑)。そんな一つ一つ向き合いすぎて抱え込んだら」「先生確かにいろんな人間がいるから不信や警戒することになってしまったのはわかるけど、本来信頼して良い人間を見逃すよ」「先生真面目で誠実で一生懸命で良い心を持っているんだから、幸せになることを考えないと、そのためには焦る必要ない、悪く考えすぎない。」「この一ヶ月でのんびりした気持ちを取り戻して、大学に戻ったら信頼できる場所の人達の言うことだけを耳傾けなさい。」等担任の先生の発言。

 「教育実習とはこういうものなのか?何かが違う。」と思うのは私だけでしょうか?誤解がないように申し上げますが、現時点で問題行為は起こしていません。子どもは大変良い子で担任の先生も教員30年を過ぎるベテランの受け止めるタイプの先生です。一回目の授業を大失敗しましたが、これから少しずつ慣らして良くしていこうという流れになっています。

 私は子ども達から教えていただきました。一生懸命な人は子どもに悪く映らないこと。善意を持っていても傷付きすぎると荒んで心が悪くなってしまうこと。ゼミで学んできたことがすぐには身に付かないこと。そして、実習校をはじめ、玉置ゼミに入った時に自分が誠実な人達に囲まれていること。

 私は今、落ち着きのない心配されるキャラから、ゼミのみんなの中心となる人の一人になりたいと考えています。玉置ゼミでは、真面目で一生懸命な分、将来教師力がつく種を持つことができると私は入った頃から考えていました。もっと胸を張れる条件が揃っているのにただ怯えていることに私は気付きました。私は今、教職を誰よりも愛し、子どもに誰よりも愛される人格を持ち、先輩や同級生の会話でも冗談を流しその姿を貫き、来る五期生に対して、実習についてや玉置先生の本棚のことなど、何でも相談や支援ができる『ゼミ長』になっていきたいと考えています。

 このような前向きな目標や可能性が浮かぶようになるほど、学級の子どもや配当校の先生方、実習仲間との関わりのなかで心が洗われています。先日も、純粋すぎる子どもの倫理的に優れた考え方に思わず号泣してしまい、担任の先生から、「泣くことは大人としてというより子どもが困惑するから、やめようというより泣かなくなるほどの心を取り戻そうか」と言われました(笑)。

 この機会に、兼ねてから申し上げたいと思っていたことがあります。二期生、三期生の皆さん、私のよさを見つけようとし、認めていただき、面倒を見ていただきありがとうございます。四期生の皆さん、本当に探り探り私と仲良くしようとしていただき、気を使っていただき、仲間として受け入れていただいていることに感謝の気持ちを抱いています。これからもよろしくお願いします。一期生のみなさん、全員と会ってみたいです笑最後に玉置先生、先生のおかけで、一生繋がっていく先輩や後輩と出会うことができました。ありがとうございます。

 以上、投稿して絶対恥ずかしい気持ちになるであろう記事を書き終わります。(中澤)

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30