最新更新日:2016/06/30
本日:count up17
昨日:362
総数:68286
西陵ホームページは毎日更新中!毎日check it out!

オープンスクールのご案内

 オープンスクールの案内・実施要項・申込書を作成しました。
参加を希望される中学校の方は9月12日(月)までに本書式申込書のデータをメールで送付してください。

書式ダウンロードはこちら
 ↓  ↓  ↓
ご案内
実施要項
参加申込書
画像1 画像1

異文化の風を感じて

 去る5月24日(水)〜27(金)に、研修旅行の下見としてシンガポール、マレーシアに行ってきました。蒸し暑さには驚きましたが、シンガポールの経済の中心部は、超高層ビルが立ち並び壮観です。街は清潔で、ガムの国外からの持ち込みや、つば吐き、たばこのポイ捨て、立ち小便、ゴミの投げ捨てなどには罰金刑が科されるそうです。(外国旅行者でも、容赦なく罰せられるそうなので要注意!!)また、異国情緒あふれる、「リトルインディア」、「チャイナタウン」、「アラブストリート」も見て回り、多くの民族が当たり前のように共存共生している姿が、とても新鮮でした。食べ物も中華料理、インド料理を始め、様々なものがあり、中でも南国ならではのフルーツは格別においしかったです。
 「マレーシア」は、シンガポールとはまたちょっと違った雰囲気。こちらも良い経験になることでしょう。
 日常に追われていると、ついつい自分の生活空間だけがこの世の全てだという”錯覚”に陥りがちですが、世界には様々な民族と多様な文化があることを改めて知り、彼(彼女)らとの触れあいを通じて、同じ人間としての親近感を味わえる貴重な体験を久しぶりに味わうことができました。
 シンガポールは1965年に、「マレーシア」から半ば追放される形で分離独立したそうですが、わずか50年の間に、よくぞここまで豊かな社会を創り上げたものだと感心します。面積は四国の淡路島ほどで、人口550万人の都市国家でありながら、今や「国民1人あたりのGDP」は日本を大きく上回り世界トップクラス。多様な民族、文化を懐深く受け入れ、みんなが持つエネルギーをまとめあげることなしに、今日の発展はあり得なかったことでしょう。よほど国の舵取り(=政治)が良かったのでしょうか。日本同様、課題も多々あるそうですが、今も力強く発展し続けるこの国の歴史を改めて調べてみたくなりました。
 君たちが、高校生という若い時期に、この国に行き、何を感じるだろうか?最終日の夜、君たちの胸によぎるものは・・・・?今から楽しみです。
 『井の中の蛙、大海を知らず』という諺(ことわざ)がありますが、今回の研修旅行が、”井の中”からヒョイ!と飛び出て、“大海(世界)”を知ろうとする、大きなきっかけになってくれれば嬉しいです。それができる!という手応えを、確実に掴んできた下見でした。
 11月に備えて、どうか英語の学習を加速してください!
                     2学年 研修旅行担当



画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

金武中学校3年生から一日体験のお礼をいただきました!

 6月15日に一日体験で来校された金武中学校3年生からお礼の手紙をいただきました。一日体験を通して学んだことや、今後の決意について、一生懸命に書いてありました。そんな一生懸命な金武中学校3年生にまたお会いできることを楽しみに待っています!手紙の中にあったキーワードは以下の通りです。

 体験授業(山月記)、国際交流、在校生(先輩)からの話、管弦楽部演奏、グランの広さ、ガンバ廊下、周りの自然、図書室、体育祭(集団行動)、西陵祭、チャーメン、ミックス丼、チキンカレー、ジャンボカレー、、、
画像1 画像1

友泉中PTA来校する!

 悪天候の中、友泉中学校のPTA34名が、来校されました。あいにく、テスト期間中であったため、生徒の授業中の様子をお見せすることはできませんでしたが、「がんば廊下」で自習する生徒や分からない友達に模擬授業をしている生徒など、生の様子を見学することができたと思います。オープンスクールにもまた足をお運びください。お待ちしています。
(感想)
○子ども達のあいさつがとても感じが良く、学校の雰囲気も大変良かった。
○自然に囲まれた雰囲気の良い学校だと思った。近ければ絶対に西陵に行かせたい。
○国際交流に力を入れていることがよくわかった。
○友泉中出身生徒のメッセージが聴けて、とても良かった。
●学習指導への取り組みに関する説明が少なかった。→ 検討します。
○留学は、個人ではなかなか難しいので学校側で様々な指導をしていただけることは大変ありがたい。
●オーケストラ部の生演奏が聴きたかった。→ オープンスクールにぜひおいでください。 
○文武両道の学校の様子がとてもよくわかった。
●なんといっても交通の便さえ良ければと思う。 
○映像から伝わる生徒の皆さんのいきいきとした様子がよくわかった。
○公立普通科でこんなにたくさんの国際交流の機会があることに驚いた。
○市立高校は「ただ公立」と思っていたが、市立のよさもわかった。

画像1 画像1 画像2 画像2

また、暑い夏が始まる!!

画像1 画像1
 7月9日(土)北九州市民球場での開会式を皮切りに、第98回全国高等学校野球選手権福岡大会が開幕します。これに先立ち、6月24日(金)イイヅカ コスモスコモンにおいて組合せ抽選会が行われ、我が福岡西陵高校は7月10日(日)大牟田延命球場 第2試合(12:00開始予定)で、強豪柳川高校と対戦します。パートのシード校は九産大九州です。
 持ち味の全員野球とチャレンジャー精神で初戦突破!!を目指します。
 今年も熱い声援をお願いいたします。

6月28日 紫陽花

 福岡西陵高校の中庭に花壇があるのは知っていますか?園芸部の顧問の先生が毎日手入れをされています。特に今の時期6月から7月にかけて開花する紫陽花(学名・Hydrangea macrophyllaアジサイ科アジサイ属の落葉低木の一種)がとても見事に咲いています。雨に打たれ,咲いている紫陽花,花言葉は「移り気」「高慢」「辛抱強い愛情」何かもの悲しい切ない思いも感じます。
 ところで花の色に不思議さを感じませんか。
 紫陽花の花の色はアントシアニンという色素によるものでアジサイにはその一種のデルフィニジンが含まれています。これに補助色素(助色素)とアルミニウムのイオンが加わると青色の花となります。土壌のpHによって花の色が変わり,一般に「酸性ならば青色,アルカリ性なら赤色」になると言われています。同じ株なのに青だったり,赤だったり様々ですよね。それはアルミニウムが根から吸収されやすいイオンの形になるかどうかにpHが影響するためらしいです。すなわち,土壌が酸性だとアルミニウムがイオンになって土中に溶け出しアジサイが吸収されて花のアントシアニンと結合し,青色を呈します。
 逆に土壌が中性やアルカリ性であればアルミニウムは溶け出さず,アジサイは吸収されず花は赤色となります。  
 同じ株でも部分によっては花の色が違うのは根から送られてくるアルミニウム量の差があるようです。ただし,品種によっては遺伝的な要素で花が青色にならないものもあります。
 これは補助色素が原因であり,もともとその量が少ない品種や効果を阻害する成分をもつ品種はアルミニウムを吸収しても青色になりにくいと言うことのようです。
 今の時期にしか楽しめないので,休み時間に中庭に目を向けて紫陽花に癒されてはどうでしょうか。
画像1 画像1
画像2 画像2

福岡大学入試説明会

 6月24日(金)放課後、福岡大学区入試課から、桑野信哉先生、長谷川剛先生に来ていただき、受験希望の多い福岡大学の入試についての説明を文系、理系の2会場に分けてしていただきました。学期末考査の直前にもかかわらず、たくさんの生徒が集まり、7ヶ月後に迫った入試に向けて、みんな熱心に先生の説明に聞き入っていました。講師の先生方どうもありがとうございました。また、6月27日(日)には中村学園大学・短期大学部の説明会があります。3年生の皆さん、夢に向かって頑張りましょう。

6月27日 図書館より

 図書委員会は、毎日の図書貸出・整理の仕事に携わるとともに、本に関するいろいろなイベントを企画し、図書館の利用につながるように頑張っています。
 西陵祭では、POP展示と古本市を開催しました。学年ごとに集まっての準備作業から当番、片付けまで、クラブやクラスの作業と平行しながらでしたが、みんなで協力して、来館された皆さんに楽しんでいただける展示・催しができました。
 次回のイベントとしては、7月7日に抽選会を予定しています。

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

いじめ防止基本方針

いじめ防止基本方針は、こちらをクリックしてください
  ↓ ↓ ↓
いじめ防止基本方針

熊本に義援金を送りました。

 5月当初から6月の西陵祭の日まで生徒会役員が中心となって集めた義援金12,945円を、熊本県に送りました。被災者の方々に心を寄せながら、少しでもお役に立てればという思いで一杯です。

学校評価

学校評価はこちらをクリックしてください
↓ ↓ 
学校評価

6月23日 3年6組のクラス紹介

 3年6組は私立文系コースの特別進学クラスです。難関私立大学を目指す人が集まったクラスで、勉強への意識も高く、現在はもうすぐ始まる期末考査に向けての学習に取り組んでいます。また勉強だけではなく、学校行事や部活動にも頑張っている人が多くいます。
 先日の西陵祭では、お化け屋敷を成功させました。3年生の特進クラスとして学習面ではもちろん、行事面でも学校を引っ張っていけるよう、これからも頑張ります。
画像1 画像1
画像2 画像2

アジアユース教育フォーラムに向けて

 7月25日〜7月28日に韓国、釜山市で行われるアジアユース教育フォーラム2016の打ち合わせが、6月17日に福岡女子高校で行われました。写真は、その時の様子です。プレゼンテーションとして、福岡女子高校からひとつ、福岡西陵高校と福翔高校の合作でひとつ、計二つの発表をする予定です。カルチャーナイト、タレントショーなどがあり、写真はソーラン節の練習風景です。韓国、中国、ロシア、フィリッピン、インドネシア、マレーシア、そして日本から、総勢100名余りが集まるフォーラムです。今年のテーマは、Acting Locally,Think Globallyです。応援、よろしくお願いします。
画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3

福岡女子高等学校生による選挙啓発運動がありました

 6月22日の放課後、西区役所でのインターンシップに参加している、福岡女子高校生活情報科3年生の10名が本校において選挙啓発運動を行いました。本校3年生に声をかけながら自分たちで手作りしたチラシを配っていました。本校の生徒たちも興味深そうにチラシに目を向けていました。18歳に選挙権が与えられて初の投票に行くことになる3年生(18歳)のみなさん、日本国中が皆さんに注目しています。選挙のしくみをしっかりと学んで投票に行きましょう!
画像1 画像1 画像2 画像2

壱岐丘中PTA49名が来校されました!

 大雨警報が出されている悪天候の中、壱岐丘中学校のPTA49名が、高校見学に訪れてくださいました。校内見学をした時間帯がちょうど昼休みということもあり、生の本校の昼休みの状態が見れて良かったという声もありました!また、あちらこちらで元気がよいあいさつの声も聞こえていたようです。ぜひ、オープンスクールにも足をお運びください。お待ちしています。

○あいさつがとても良かった。(多数)
●授業中の様子も見たかった。
 →ぜひ見ていただきたかったです。
○学食のメニュー、校納金の説明、卒業生の様子などうれしかった。
○部活動のビデオが見れてわかりやすかった。
○壱岐丘中卒業生の話が参考になった。
●自転車のマナーが悪い。
 →申し訳ありません。一層の厳しい指導を行います。
○海外との交流が活発であることがよく分かった。
○子ども達が生き生きとした様子がよく分かった。
○絵画や書道の作品が多数飾ってあり、良かった。
○1年生で体験入学があればいいと思った。子どももそれを目標に勉強するから。
 →今後、検討します。

6月22日 西南学院大学の大学説明会を行いました!

画像1 画像1
 3年生の進路選択に際し、受験希望の多い西南学院大学の入学センター入試課長である三苫生淳講師に来校いただき、大学説明会を開催しました。西南学院大学の入試に関するあんなことやこんなこと、様々な情報を生徒が熱心に聴講している様子がとても印象的でした。
大学受験に向けて身が引き締まる思いがしたのではないでしょうか。
 6月24日には福岡大学、6月27日には中村学園大学・短期大学部の大学説明会がありますので、進路について多くの情報をゲットしていきましょう。

西陵 ENGLISH BOOT CAMP を行いました!

 6月18日(土)19日(日)に「西陵イングリッシュBOOT CAMP」と題して2日間みっちり英語研修を行いました。32名の生徒が参加しました。
 第1日目は、ネイティブEnglishスピーカーの講師2人を招聘し、スピーキングアクティビティーだけを行いました。ウォームアップゲームからスキットやミニディベートまで、英語を使って相手と話し、人前で話す活動を丸1日行いました。 
 第2日目は英検のための対策トレーニングを丸1日行いました。
 参加者たちは英語を話すことにも、机上の学習そして検定への合格にもより一層意欲が高まっていました。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

緊急 台風等による対応について

台風等による対応については、こちらをクリックしてください
    ↓ ↓ ↓
台風等による対応について

書道部 九州大会出場!

 6月17日〜19日に、長崎にて書道部門の九州大会が開催され、本校は2年生の松田瑞希さん(梅林中出身)が出場しました。2日目に行われた揮毫大会では、その場で出された課題を2時間で書き上げました。残念ながら上位入賞することはできませんでしたが、九州各県から選抜された人たちの作品を鑑賞し、学ぶことが多くありました。交流会では他県の生徒と共にハタ(凧)を制作しました。来年度も九州以上の大会に出場できるように、皆で頑張っていきたいと思います。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

下山門中生38名が1日体験を行いました!

 6月21日(火)下山門中生38名が1日体験を行いました。 
 学校説明を受けた後、楽しい高校英語のガイダンス授業を体験でき、中学生は大喜びでした。校舎内巡りでは、約束通り、一切無駄話もしないで静かに見学ができていました。
4限目は、お楽しみの学食体験です。数名が噂のジャンボカレーに挑戦をしていました。やっぱり一番人気はチャー麺かな?
 昼食後は、先輩方との懇談が行われ、在校生の本音が聞けたようです。最後のお楽しみは、オーケストラ部のバイオリン演奏でした。感動・・・!以下は感想です。

○高校の楽しいところやきついところがわかって良かった。西陵を受検するには学力が足りないので頑張っていきたい。 
○部活の成績も良くて、勉強もできてすごいと思った。
○礼儀正しいことに驚いた。勉強頑張ろうと思う。
○受験生としての自覚ができた。 
○楽しさ、厳しさがあるという話が興味深かった。
○高校の厳しさがよく分かり、良かった。
○グラウンドの広く、自然に囲まれ良いなと思った。
○中学校に比べて校舎もグラウンドも何倍も大きくて驚いた。他の中学校同士が集まる高校には、不安があったけど、先輩方の話をを聞いて安心した。4月にあの長い坂を登れるように頑張る。
○集団行動の映像を見て迫力のある演技には感動した。

<質問・要望など> 
●学校の校則 
→ 他校と変わらないと思いますが、校則を破る人はほとんどいません。
●入学するには成績はどれくらい? 
→ 中学校の先生に伺ってください。
●体育の集団行動を体験してみたい。
→ ぜひ入学後に体験してください。達成感抜群!
●西陵祭って何するの? 
→ 文化部の発表、ステージ発表、クラス企画が中心です。 
●海外には英語がわからなくても行けますか? 
→ 長期留学にはテストに合格しないと行けませんが、短期だとテストがないものもあります。
●生徒会活動の内容が知りたい。 
→ 文化祭・体育祭などは生徒会が中心となり進めています。
●クラス編成について知りたい。 
→ 希望コース・成績・選択した教科で編成します。 
●1日の時制について 
→ 学校案内に詳しく載せています。
●土曜日の授業について 
→ 特進クラス生と希望者でハイレベルな内容の講義を行っています。
●部活動の様子が見たかった。 
→ オープンスクールの部活動体験にぜひ参加を!

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
福岡市立福岡西陵高等学校
〒819-0041
住所:福岡県福岡市西区大字拾六町字広石
TEL:092-881-8175
FAX:092-882-8079